2022年4月3日【大阪杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ショウナンバルディの好走パターンを分析。

ショウナンバルディの距離適性

ショウナンバルディはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-1-1)
  • 芝2000m(4-3-3-12)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは2000m。1800mも守備範囲だろう。

ショウナンバルディの脚質

先行力を生かした逃げ、先行押し切り。

先行力はあるので、ペースが落ち着けばそのまま押し切ってしまう。

締まった流れでは苦戦だが、前傾ラップなどの極端な流れになって、上りが消耗戦になると粘り込んでくる。

切れる脚はないので、緩い流れのキレ味勝負になると苦戦。

先行できなくても脆いので、上のクラスで戦うときには、枠順は重要かも。

ショウナンバルディのコース適正

ショウナンバルディの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-1-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(3-1-0-4)
  • 京都(0-1-0-1)
  • 阪神(2-2-2-3)
  • 小倉(0-0-0-2)

直線急坂コースで(5-3-3-8)、直線平坦では(0-1-1-5)。

どちらかと言えばスローペース巧者なので、直線平坦でスローなら、最後は切れ負けしてしまうのだろう。

ショウナンバルディの持ち時計(ベストタイム)

ショウナンバルディの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.3 3着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.0 6着(中京)
  • 芝2200m:2.13.5 12着(中京)
  • 芝2400m:2.27.0 9着(阪神)

高速決着には不向き。

ショウナンバルディの重馬場適正

ショウナンバルディの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-3)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪も、流れが緩ければ苦にならない。


ショウナンバルディの鉄砲実績(休み明け)

ショウナンバルディの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-2-2-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-4)
  • 3戦目(0-0-0-4)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(0-1-2-3)

休み明けは狙い目。

ショウナンバルディのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-2-0-7)
  • 中3~5週(0-0-2-4)
  • 中6~8週(1-0-0-3)

詰めて使った方が反応は良さそう。

ショウナンバルディの枠順適正

ショウナンバルディの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-4)
  • 5~9番(3-3-3-3)
  • 10~14番(1-1-1-6)
  • 15~18番(未)

先行脚質なので、内目の枠がちょうど良さそう。

ショウナンバルディの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-4)
  • 3~5月(春):(2-0-2-4)
  • 6~8月(夏):(1-2-1-3)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-4)

ショウナンバルディの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-1-1-4)
  • 55キロ(2-0-1-5)
  • 56キロ(0-2-1-2)
  • 57キロ(2-1-1-2)

ショウナンバルディの好走体重

3着以内の体重は;

  • 432~452キロ

ショウナンバルディの血統背景

父はキングズベスト(ミスプロ系キングマンボ)。

キングズベストは欧州で走り、G1を1勝。主戦場は芝の短距離~マイル戦。2010年のダービー馬・エイシンフラッシュはキングズベストの産駒。

母の父はリダウツチョイス(ND系デインヒル)。

リダウツチョイスは豪州で走り、G1を4勝。主要距離は芝1200m~1600m。

ショウナンバルディの近走

21/6/5 鳴尾記念(G3)

中京 芝2000m 良

着順:2着(2.01.3・0.6差)

騎手:池添謙一(56キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線入口では先頭との差は3~4馬身に開いていた。

この馬も直線は馬場の外目から懸命に追うが、その差は詰まらなかった。

個人的にはこの馬が逃げると思っていたが・・・。

ちょっと簡単に逃がし過ぎたのでは?

2021年 鳴尾記念(G3)のラップ分析&回顧

21/7/11 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 稍重

着順:3着(2.02.4・0.2差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

道中は中団6番手の内。

4角は8番手で直線に向くと、直線は馬群の外目からしぶとく伸びて来て3着を確保。

中団からの競馬で3着に食い込めたのは意外。

消耗戦を粘り込める力はある馬なので、あとはハナ差4着のマウントゴールドとの2キロのハンデ差が効いたのだろう。

道悪もどうやら苦にしなさそう。

2021年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

21/8/15 小倉記念(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 稍重

着順:5着(2.00.6・0.9差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

道中2番手追走も、この馬は各馬が動いて行った3角手前ではその流れにはついていけずに3角は4番手、4角は5番手で直線。

しかし直線ではそのままズルズルとは行かず、バテず伸びずで5着は確保。

急な加速にはつき合えないが、一定のスピードをどこまでも保つと言う、この馬の持ち味は示せたレース。

2021年 小倉記念(G3)のラップ分析&回顧

21/9/5 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:14着(1.59.4・1.0差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

2枠3番からハナを切って行くが、馬場が荒れ馬場だけに、前に行く馬には不利な馬場。

4角も先頭で直線に向き、直線も残り200mあたりまでは粘っていたが、そのあとは外から来た馬に続々と交わされて行った。

完全な外差し馬場、仕方がない。

2021年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

21/9/18 ケフェウスS(ハンデ)

中京 芝2000m 重

着順:8着(2.01.7・0.5差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

道中は先団3~4番手の内。

4角も4番手の内で直線に向き、直線も坂を上りきるあたりまでは粘り込んでいたが、残り200mあたりで失速気味。

ペースも緩く、粘り込めてもおかしくない展開だが、連戦の疲れか?

21/12/11 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:1着(1.59.8・-0.1差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

1枠2番の絶好枠からハナへ。

道中はおおむねマイペースの逃げ。

4角も後続に約2馬身の差をつけて直線に入り、直線の脚も鈍ることなく内ラチ沿いを伸びて来た。

中京巧者で休み明けも動く馬。

1枠2番の絶好枠なら余裕の勝利といったところか。

2021年 中日新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

22/1/16 日経新春杯(G2・ハンデ)

中京 芝2200m 良

着順:12着(2.13.5・1.8差)

騎手:坂井瑠星(57キロ)

6枠11番から道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線入口では先頭に並びかけるくらいの勢いだったが、坂を上りきったあたりで失速、後続に呑み込まれた。

この馬にとっては、速くもなく、遅くもないペースだったが、残り200mで失速ということは、やはり距離か?

2022年 日経新春杯(G2)のラップ分析&回顧

22/3/13 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良

着順:6着(1.58.0・0.8差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

珍しく先行できず、道中は後方12番手の内。

向正面で順位を上げて行き、3角9番手、4角7番手の最内で直線。

直線は馬場の最内から追い上げてくるが、さほど伸びはなく7着まで。

テンは進んで行かなかったとのコメントが出ている。

ペースもこの馬にとっては速すぎたか。

2022年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

22/4/3 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)良

着順:12着(1.59.3・0.9差)

騎手:坂井瑠星(57キロ)

6枠12番から道中は中団の前、5番手を追走。

3~4角で手応えがかなり怪しくなり、4角は6番手で直線に向くが、直線では早々に失速。

外枠から先行できなかったのも痛かったが、このクラスではちょっと荷が重い。

2022年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

次走、鳴尾記念(G3)に向けて

次走は6月4日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「鳴尾記念(G3)」。

先行できて、ペースさえ落ち着いてくれれば、上位に食い込むチャンスはある。

 

⇒その他、鳴尾記念(G3)の出走馬を分析