2021年1月5日【中山金杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ショウナンバルディの好走パターンを分析。

ショウナンバルディの距離適性

ショウナンバルディはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-1-0)
  • 芝2000m(3-2-1-6)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは2000m。1800mも守備範囲だろう。

ショウナンバルディの脚質

先行力を生かした先行押し切り、または好位抜け出し。

締まったペースでもバテないスタミナ。SP持続力。

切れる脚はなさそうなので、ペースは緩いより締まった方が戦いやすい。

先手が取れないと脆い。

ショウナンバルディのコース適正

ショウナンバルディの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(2-0-0-1)
  • 京都(0-1-0-1)
  • 阪神(2-2-2-2)
  • 小倉(0-0-0-1)

阪神は内回りが(1-2-1-1)、外回りが(1-0-1-1)。

内回り、小回りの方が戦いやすそうな印象だが。

ショウナンバルディの持ち時計(ベストタイム)

ショウナンバルディの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.3 3着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.2 7着(小倉)
  • 芝2400m:2.27.0 9着(阪神)

自己ベストでの着順があまり良くないが、速い時計はダメだと決めつけるのはまだ早い。

ショウナンバルディの重馬場適正

ショウナンバルディの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

重馬場は1勝クラスで勝ってはいるが、基本的に緩い馬場、荒れた馬場は走りにくそう。

ショウナンバルディの鉄砲実績(休み明け)

ショウナンバルディの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-2-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

休み明けは狙い目。

ショウナンバルディの枠順適正

ショウナンバルディの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-3)
  • 5~9番(3-2-2-2)
  • 10~14番(1-1-0-2)
  • 15~18番(未)

先行脚質なので、内目の枠がちょうど良さそう。

ショウナンバルディの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-2)
  • 3~5月(春):(2-0-1-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-2)

ショウナンバルディの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-1-1-2)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(0-1-0-1)
  • 57キロ(2-1-1-0)

斤量の増減にはあまり動じない。

ショウナンバルディの好走体重

3着以内の体重は;

432~448キロ

ショウナンバルディの血統背景

父はキングズベスト(ミスプロ系キングマンボ)。

キングズベストは欧州で走り、G1を1勝。主戦場は芝の短距離~マイル戦。2010年のダービー馬・エイシンフラッシュはキングズベストの産駒。

母の父はリダウツチョイス(ND系デインヒル)。

リダウツチョイスは豪州で走り、G1を4勝。主要距離は芝1200m~1600m。

ショウナンバルディの次走

次走は2月21日(日)、小倉競馬場 芝1800mで行われる「小倉大賞典(G3)・ハンデ)」。

先手さえ取れれば、そんなに弱い馬ではないのだが・・・。

 

その他、小倉大賞典(G3)の出走馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】