2021年6月13日【エプソムC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヒュミドールの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ヒュミドールの距離適性

ヒュミドールはこれまでに芝1600m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(1-0-0-0)
  • 芝3400m(0-0-0-1)
  • 芝3600m(0-0-0-1)

好走レンジは広そう。

中距離から2500、2600m、3000m以上でもそこそこやれる。

ヒュミドールの脚質

中団あたりに控えて終いを生かす競馬。

以前は緩い流れでしか脚が溜まらなかったが、近走では締まった流れでもそこそこ脚を出せるようになってきている。

締まった流れで、上りが少しかかってくれれば、今後OPクラスでもチャンスは出て来るかもしれない。

ヒュミドールのコース適正

ヒュミドールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(1-0-0-3)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

ヒュミドールの持ち時計(ベストタイム)

ヒュミドールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.6 6着(東京)
  • 芝2000m:2.00.4 11着(新潟)
  • 芝2200m:2.13.0 4着(京都)
  • 芝2400m:2.14.5 6着(新潟)
  • 芝2500m:2.33.9 4着(中山)
  • 芝2600m:2.40.6 1着(福島)
  • 芝3400m:3.32.3 5着(東京)
  • 芝3600m:3.52.6 5着(中山)

もともとダートを走っていた馬だけに、あまりに速い時計は対応しきれないだろう。

ヒュミドールの重馬場適正

ヒュミドールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

元はダート馬、道悪は気にしないとは思うが。


ヒュミドールの鉄砲実績(休み明け)

ヒュミドールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(未)

ヒュミドールの枠順適正

ヒュミドールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-2)
  • 5~9番(1-0-0-4)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(未)

ヒュミドールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

ヒュミドールの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-0-4)
  • 57キロ(1-0-0-1)

ヒュミドールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462キロ

ヒュミドールの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、凱旋門賞2着、ジャパンカップ2着)。

母の父はチチカステナンゴ(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

チチカステナンゴは欧州で走り、芝のG1を2勝。距離は中距離。

母の母は2006年の桜花賞馬・キストゥヘヴン

ヒュミドールの近走

20/7/19 信夫山特別(2勝C・ハンデ)

福島 芝2600m 良

着順:1着(2.40.6・-0.3差)

騎手:吉田豊(54キロ)

道中は後方馬群の前目。

レースの流れは前を行く4頭が緩急の激しい競馬をしていたが、そこから離れた後方馬群の馬は終始緩いペースで追走していた感じ。

ヒュミドールは3角を過ぎて進出を開始。

4角は大外を回して直線も馬場の中ほどから追い込んで、ゴール前で先に抜け出していたエフェクトオンを差し切ってゴール。

レースの上りは37.2秒。

ヒュミドールの上りは36.2秒。

上りのかかる競馬で展開が嵌った。

消耗戦でハンデの54キロも大きく味方した。

20/8/22 日本海S(3勝C)

新潟 芝2200m(内)良

着順:6着(2.14.5・0.9差)

騎手:武藤雅(57キロ)

序盤は先団4~5番手内。

4角も5番手の内から直線に入ったが、直線入口で内がゴチャついて進路を遮られる不利。

それでも大きく順位を下げることなく0.9差の6着。

テンの3Fではかなりペースが上がっていて、前にいた組は直線でバテが、この馬はそれなりに回ってきた。

やはりこの馬、そこそこのスタミナはありそう。

20/11/7 ノベンバーS(3勝C)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.46.7・-0.3差)

騎手:吉田豊(57キロ)

道中は後方に控えるかたち。

4角は13番手で直線に向き、狭い間を割って出てくると、残り200mで完全に抜け出して快勝。

自身の上りは33.4秒。

中だるみのスローペースとは言え、決め手のあるところも示して見せた。

20/12/5 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 良

着順:5着(3.52.6・0.6差)

騎手:吉田豊(56キロ)

道中は中団7番手あたり。

3角過ぎて馬群の外目から進出して順位を上げ、4角は5番手の外で直線。

直線もバテずに伸びてはいるが、ペースがペースだっただけに前も止まらない。

重賞初挑戦としては及第点、良く走っている。

2020年 ステイヤーズS(G2)のラップ分析&回顧

21/2/20 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良

着順:5着(3.32.3・1.1差)

騎手:吉田豊(55キロ)

道中は先団3~4番手の内。

道中内ピッタリで4角は3番手の内で直線に向くが、坂の上りで脚色があやしくなる。

5着に入るが先頭とは大差。

2021年 ダイヤモンドS(G3)のラップ分析&回顧

21/3/27 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良

着順:4着(2.33.9・0.6差)

騎手:吉田豊(56キロ)

道中は中団の内。

4角は中団の前、7番手の内で直線。

直線は外を回して追い込みを計り、しぶとく伸びて4着を確保。

緩い流れで、この馬が終いを出しやすい展開でもあった。

3角で不利を受けた被害馬のあおりを食ったが、大したロスではない感じ。

G2のここでもそこそこ戦える力は示したが、展開はスロー。

2021年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

21/5/9 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:11着(2.00.4・1.1差)

騎手:吉田豊(55キロ)

道中は中団の後ろ、10番手あたり。

4角も10番手で直線に向くが、直線ではまったく伸びを欠いた。

今回のようなハイペースは初めての経験、これでは脚が溜まらない。

2021年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

21/6/13 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 良

着順:6着(1.45.6・0.5差)

騎手:吉田豊(56キロ)

道中は後方。

4角は16番手で直線に向き、直線は内を突いて伸びては来るが6着まで。

終いの脚はメンバー2位の34.4秒。

道中のペースは流れたが、今回は最後まで先頭集団に食らいつくことができた。

前走で息が慣れたのか?

2021年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

次走、小倉記念 (G3・ハンデ)に向けて

次走は8月15日(日)、小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

前走の走りでは成長の跡が窺えた。

開幕週の小倉の馬場がカギになるが、ハンデ55キロで挑めるここなら、上位に食い込めるチャンスはあるかも。

 

⇒その他、2021・小倉記念(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)