レイパパレのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

レイパパレのここまでの走り

20/1/11 3歳新馬

京都 芝1600m(内)良

着順:1着(1.37.5・-0.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は2~3番手追走。

4角は2番手で直線に向き、直線は残り300mで逃げるシゲルフォボスを捉えると、あとはスッと抜け出して余裕のゴール。

時計は平凡だが、荒れた内側の馬場でも終いはしっかりと伸びた。

【期待できる能力】

  • 荒れた馬場OK

20/6/6 1勝クラス(牝馬限定)

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.33.9・-0.2差)

騎手:川田将雅(52キロ)

道中は中団の内。

4角は7番手の内で直線に向くが、直線入口から前、横が塞がり進路が取れない。

残り300mあたりから、間を割って抜け出してくると、あとはオーマイダーリンの外からの強襲をものともせずに快勝。

【期待できる能力】

  • 勝負根性

20/7/26 糸魚川特別(2勝C)

新潟 芝1800m(外)良

着順:1着(1.45.3・-0.3差)

騎手:川田将雅(52キロ)

道中は3番手、少し行きたがる素振りを見せている。

4角も3番手の内で直線に向くと、前2頭の間をこじ開けるように抜け出してきて、あとは気合を入れるとビュンと伸びてそのままゴール。

上りの脚は33.2秒。

【期待できる能力】

  • 瞬発力

20/10/18 大原S(3勝C・ハンデ)

京都 芝1800m(外)良

着順:1着(1.46.3・-0.3差)

騎手:川田将雅(52キロ)

スタートやや出遅れるが、二の脚でハナへ。

4角も先頭で回ってくると、直線は馬場の良い外側からノーステッキで余裕のゴール。

当日は重から稍重、比較的時計のかかる馬場状態だったが、レイパパレの刻んだ道中のラップはすべて11秒台。

直線も特に追うことなく、余裕のゴール。

「秋華賞」除外の鬱憤を晴らした格好。

【期待できる能力】

  • パワー
  • SP持続力

20/12/5 チャレンジカップ(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(1.59.9・-0.2差)

騎手:川田将雅(53キロ)

序盤は少し行きたがる面を見せたものの、うまくなだめて道中は2番手追走。

4角では早くも先頭に立ち、直線でも特に危なげなく押し切って快勝。

これで5連勝、重賞初勝利となったが、今回の勝利はメンバーレベルも低調で、走破時計も含めて、特に強調材料はなかった印象。

次を計る物差しにはあまりならない。

2020年 チャレンジカップ(G3)のラップ分析&回顧


レイパパレの脚質

ここまでの5戦を見る限りでは、どこからでも競馬ができる感じだが、前目につけた方が良さそう。


レイパパレの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母は2006年の「ローズS」2着のシェルズレイ

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント)。

全兄に2017年の「CBC賞(G3・芝1200m)」を勝ったシャイニングレイ。

レイパパレの次走

次走は4月4日、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「大阪杯(G1)」。

いきなりはどうかとも思うが、G3も勝っているので、まずは力試し。

420キロそこそこの馬だけに、斤量2キロ増の55キロもどうか?

 

その他、大阪杯(G1)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)