2020年10月11日【京都大賞典】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、リッジマンの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

リッジマンの距離適性

リッジマンはこれまでに芝1400m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-3)
  • 芝1500m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-4)
  • 芝2400m(0-0-0-3)
  • 芝2500m(0-0-0-3)
  • 芝2600m(3-1-0-1)
  • 芝3000m(0-1-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)
  • 芝3400m(0-1-0-1)
  • 芝3600m(1-0-0-1)

OPクラスで勝負になるのは3000m以上。

洋芝なら2600mから。

リッジマンの脚質

前目にポジションを取ってからの好位差しが勝ちパターン。

緩いペースからの粘り込み。

締まった流れでは苦戦。

パワー、スタミナはあるが、SP持続力に欠ける。

リッジマンのコース適正

リッジマンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(2-2-0-1)
  • 函館(2-0-0-1)
  • 東京(0-1-0-4)
  • 中山(1-0-0-4)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(0-1-0-4)
  • 阪神(0-0-0-4)

洋芝巧者。

リッジマンの持ち時計(ベストタイム)

リッジマンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.8 5着(中京)
  • 芝1500m:1.29.5 2着(札幌)
  • 芝1600m:1.35.7 4着(中京)
  • 芝1800m:1.49.7 1着(函館)
  • 芝2000m:2.01.2 6着(京都)
  • 芝2400m:2.25.4 8着(東京)
  • 芝2500m:2.31.0 14着(東京)
  • 芝2600m:2.38.0 4着(函館)
  • 芝3000m:3.07.1 2着(京都)
  • 芝3200m:3.17.4 8着(京都)
  • 芝3400m:3.31.9 2着(東京)
  • 芝3600m:3.45.2 1着(中山)

リッジマンの重馬場適正

リッジマンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-7)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪の戦績自体は良くないが、これは適正条件以外だったり、上のクラスだったりしたため。

基本的にパワーのある馬なので、道悪は大丈夫なはずだが。

リッジマンの鉄砲実績(休み明け)

リッジマンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-8)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-5)
  • 3戦目(0-2-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

リッジマンの枠順適正

リッジマンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-3-0-4)
  • 5~9番(1-1-0-8)
  • 10~14番(3-0-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-3)

リッジマンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-6)
  • 3~5月(春):(0-0-0-7)
  • 6~8月(夏):(3-2-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-6)

リッジマンの斤量別着度数

  • 52キロ(1-2-0-1)
  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-5)
  • 56キロ(1-0-0-5)
  • 57キロ(1-1-0-7)
  • 58キロ(0-0-0-1)

リッジマンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 426~452キロ

リッジマンの血統背景

父はスウェプトオーヴァーボード(ミスプロ系フォーティーナイナー)。

母の父はカーリアン(ND系ニジンスキー)。

リッジマンの近走

19/11/30 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m(内)良

着順:11着(3.48.0・1.9差)

騎手:蛯名正義(57キロ)

道中は中団あたりにポジションを取るが、ラスト3角過ぎたあたりからついて行けない感じ。

直線も見せ場なく11着。

レースのペースが後半からグンと上がったことが失速の原因だと思う。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良

着順:13着(3.35.1・3.9差)

騎手:フォーリー(57キロ)

道中は中団の後ろ10番手あたり。

レースは後半からもの凄いペースアップ。

この馬は、こういう流れにはついて行けない。

2020年 ダイヤモンドSのラップ分析&回顧

20/10/11 京都大賞典(G2)

京都 芝2400m 稍重

着順:11着(2.26.7・1.1差)

騎手:古川吉洋(56キロ)

約8か月ぶりの競馬で、位置取りも後方。

G2の2400mのペースもこの馬には合わない。

2020年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

リッジマンの次走

次走は12月5日、中山競馬場 芝3600mで行われる「ステイヤーズS(G2)」。

一昨年の覇者。

好位に取り付いて、ペースが落ち着くようなら、まだまだこの条件なら戦える。

 

その他、ステイヤーズSの出走馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】