2021年2月20日【京都牝馬S】終了時点までのデータをもとに、ギルデッドミラーの好走パターンを分析。

ギルデッドミラーの距離適性

ギルデッドミラーはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-1-0-1)
  • 芝1600m(1-2-2-2)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

1800mの1敗は2019年の「萩S」。出遅れた上に超スローで掛かり気味。まだ走れないと決めつけるのは早計。

この馬の場合、まずは折り合い。

適距離云々はそれから。

ギルデッドミラーの脚質

中団あたりで脚を溜めて、直線で差し切る競馬だが、飛び切り「切れる脚」を持っているのかと言えば、それはまだ分からない。

オルフェーブル産駒だけに、気性に難のある馬なので、道中しっかり折り合いさえつけば、終いの脚ももっとキレてもいいはず。

ギルデッドミラーのコース適正

ギルデッドミラーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(0-1-0-1)
  • 阪神(1-2-0-2)

現状ではコースよりもペース、折り合い。

スローになりやすいコース形態、メンバー構成は注意。

ギルデッドミラーの持ち時計(ベストタイム)

ギルデッドミラーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.3 (2着・阪神)
  • 芝1600m:1.32.8 (3着・東京)
  • 芝1800m:1.51.4 (5着・京都)

ギルデッドミラーの重馬場適正

ギルデッドミラーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(0-1-0-0)

道悪を苦にすることはなさそう。


ギルデッドミラーの鉄砲実績(休み明け)

ギルデッドミラーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(0-0-1-0)
  • 5戦目~(未)

ギルデッドミラーの枠順適正

ギルデッドミラーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(1-1-1-0)
  • 10~14番(0-1-0-1)
  • 15~18番(0-1-0-2)

ギルデッドミラーは、10番ゲートより内側(10番含む)では(2-2-2-1)。11番より外のゲートで(0-1-0-3)。

折り合うために、前に馬を置いて壁を作りたい同馬にとって、現状では外枠は鬼門となる。

逆に内枠ならそこそこ堅実。

ギルデッドミラーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-0-1)
  • 3~5月(春):(1-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-2)

ギルデッドミラーの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-3-1-1)
  • 55キロ(0-0-1-0)

ギルデッドミラーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 468~478キロ

ギルデッドミラーの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はティズナウ(マンノウォー系)。

ティズナウは米国で走り、ダートG1を4勝。主戦場はダートの8.5F~10F(約1700~2000m)。

半兄に2018年の「鳴尾記念(G3)」を勝ったストロングタイタン(父はリーガルランサム)。

ギルデッドミラーの評価

現状では「折り合い」が最大の課題だろう。

新馬戦から3レース続けて出遅れていたが、最近ではスタートはまずまず。

ギルデッドミラーの近走

19/7/13 2歳新馬 

中京 芝1600m 稍重 11頭

着順:1着(1.36.6・クビ差)

騎手:川田将雅(54キロ)

少し出遅れた感じだが、さほど影響はなく中団あたり。

道中は緩い流れで直線へ。

直線は内にもたれながらもジワジワ伸びて、ゴール前逃げ粘るステラドーロをクビ差交わしてゴール。

平均的な勝ち上がり。

19/9/29 サフラン賞(2歳・1勝) 

中山 芝1600m 良 9頭

着順:3着(1.34.6・0.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

ここでも出遅れ、最後方からの競馬になる。

3角過ぎて仕掛けて行ったが、ゴール前伸びきれずに3着。

同じく出遅れたマルターズディオサと序盤は似たような位置取りだが、そのマルターズディオサに0.3差つけられての3着。

出遅れをなんとかせねば・・・

19/10/26 萩S(2歳・L) 

京都 芝1800m(外)稍良 7頭

着順:5着(1.51.4・0.6差)

騎手:シュタルケ(54キロ)

ここでも出遅れて後方から競馬。

道中ではジョッキーが手綱を引いて行きたがるのをなだめるくらいの緩いペース。

4角最後方、直線に向いて追い出すが、伸びない。

3戦連続しての出遅れに、道中のひっかかり。

オルフェーブル産駒によく見られる気性面の課題。

20/2/16 こぶし賞(3歳・1勝) 

京都 芝1600m(内)重 7頭

着順:2着(1.38.9・クビ差)

騎手:福永祐一(54キロ)

スタート直後外に大きくふくれて後方からの競馬。

道中もかかりぎみで、ジョッキーが手綱を抑えてなだめる仕草。

3角あたりでは抑えきれずに2番手進出。

4角も2番手で直線を向き、馬場の外目から抜け出すが、ゴール前、外から来たサトノインプレッサの末脚にクビ差屈して2着。

潜在能力は高いかもしれないが、まずは気性面の改善が急務。

20/3/7 3歳1勝クラス

阪神 芝1400m 良 10頭

着順:1着(1.20.6・-0.4差)

騎手:福永祐一(54キロ)

今走はしっかりとスタートを決め、その後もかかることなく馬群の中団あたりを追走。

4角は外へ持ち出して残り200mで先頭に立ち、そのあとは楽な手応えで後続を突き放して快勝。

能力通りに走ればこんなもの。

1400mのペースならしっかりと折り合える。

20/4/18 アーリントンカップ(G3)

阪神 芝1600m 稍重 12頭

着順:2着(1.34.6・0.3差)

騎手:岩田望来(54キロ)

スタートはしっかり出て、道中は中団の外でしっかりと折り合う。

直線は外に出して追い上げるが、内をついて伸びたタイセイビジョンに2馬身離されての2着。

稍重ながら締まったペースになったことでしっかり折り合いがついた。

終始外目を回っていたとは言え、しっかり折り合ってなお、タイセイビジョンに2馬身離されたのはちょっと不満。

2020年 アーリントンカップ(G3)のラップ分析&回顧

20/5/10 NHKマイルカップ(G1)

東京 芝1600m 18頭

着順:3着(1.32.8・0.3差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中はしっかり前に馬を置いて折り合いに専念。

3角過ぎに最内にポジションを取り、4角も5番手の内。

直線も馬場の内目からしっかり伸びて3着を確保。

今回はベストに近い乗り方のように見えたが、それでも0.3差の3着。

適距離はもう少し短いところにあるのかも。

2020年 NHKマイルC(G1)のラップ分析&回顧

20/7/19 中京記念(G3・ハンデ)

阪神 芝1600m(外)

着順:6着(1.33.0・0.3差)

騎手:北村友一(51キロ)

5着にはクビ差。

先団で競馬をした馬の中では最上位。

51キロのハンデもあるが、3歳牝馬でこの走りなら上出来。

やはり力はある。

2020年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

20/10/18 信越S(L・ハンデ)

新潟 芝1400m(内)良

着順:12着(1.21.7・0.8差)

騎手:岩田望来(52キロ)

道中は中団のやや後ろ。

4角は中団8番手で直線に向くが、直線では良い脚は出せず。

休み明け、長距離輸送などが応えたか?

20/12/12 リゲルS(L)

阪神 芝1600m(外)

着順:14着(1.34.0・0.9差)

騎手:福永祐一(53キロ)

道中は中団だが、かなり掛かり気味。

4角5番手で直線に向くが、直線ではすでに余力なし。

依然として気性面が課題。

21/2/20 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.20.3・0.3差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は中団の後ろの方。前にしっかり2頭を置いて壁を作って折り合いに専念。

4角10番手で直線に向き、直線は馬群の外目を一気に追い上げて来たが、速い上りで逃げる勝ち馬には1馬身半届かず。

外枠からだったが、前に2頭馬を置けて、ペースもそこそこ流れたので折り合いを欠くことなく直線に向けた。

普通に走ればこれくらいの力はある馬。

2021年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

ギルデッドミラーの次走

次走は4月10日(土)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「阪神牝馬(G2)」。

前走はうまく走ったが、折り合いに関してはまだまだ全幅の信頼は置けない。

ただし、折り合えば強い馬。

 

その他、阪神牝馬S(G2)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)