2020年5月10日【NHKマイルカップ】終了時点までのデータをもとに、ギルデッドミラーの好走パターンを分析。

ギルデッドミラーの距離適性

ギルデッドミラーはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(1-2-2-0)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

1800mの1敗は2019年の「萩S」。出遅れた上に超スローで掛かり気味。まだ走れないと決めつけるのは早計。

ベストは現状では1600mだが、どうなのだろう・・・?

ギルデッドミラーの脚質

中団あたりで脚を溜めて、直線で差し切る競馬だが、飛び切り「切れる脚」を持っているのかと言えば、それはまだ分からない。

オルフェーブル産駒だけに、気性に難のある馬なので、道中しっかり折り合いさえつけば、終いの脚ももっとキレてもいいはず。

ギルデッドミラーのコース適正

ギルデッドミラーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-1-0)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(0-1-0-1)
  • 阪神(1-1-0-0)

現状ではコースよりもペース。

スローになりやすいコース形態、メンバー構成は注意。

ギルデッドミラーの持ち時計(ベストタイム)

ギルデッドミラーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.6 (1着・阪神)
  • 芝1600m:1.34.6 (2着・阪神)
  • 芝1800m:1.51.4 (5着・京都)

1400mの時計はそこそこ速い。

ギルデッドミラーの重馬場適正

ギルデッドミラーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(0-1-0-0)

道悪を苦にすることはなさそう。

ギルデッドミラーの鉄砲実績(休み明け)

ギルデッドミラーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-0)

ギルデッドミラーの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系)、母の父はティズナウ(マンノウォー系)。

5代血統内のクロスは;

  • ノーザンテースト  9.38% 4+5 (父方)
  • ノーザンダンサー  6.25% 5 x 5
  • バックパサー  6.25% 5+5 (母方)

ギルデッドミラーの評価

現状では「折り合い」が最大の課題だろう。

新馬戦から3レース続けて出遅れていたが、ここ2戦はスタートはまずまず。

折り合いに関してもこのまま競馬を覚えてくれば、まだまだ伸び代はある。

ギルデッドミラーの近走

19/7/13 2歳新馬 

中京 芝1600m 稍重 11頭

着順:1着(1.36.6・クビ差)

騎手:川田将雅(54キロ)

少し出遅れた感じだが、さほど影響はなく中団あたり。

道中は緩い流れで直線へ。

直線は内にもたれながらもジワジワ伸びて、ゴール前逃げ粘るステラドーロをクビ差交わしてゴール。

平均的な勝ち上がり。

19/9/29 サフラン賞(2歳・1勝) 

中山 芝1600m 良 9頭

着順:3着(1.34.6・0.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

ここでも出遅れ、最後方からの競馬になる。

3角過ぎて仕掛けて行ったが、ゴール前伸びきれずに3着。

同じく出遅れたマルターズディオサと序盤は似たような位置取りだが、そのマルターズディオサに0.3差つけられての3着。

出遅れをなんとかせねば・・・

19/10/26 萩S(2歳・L) 

京都 芝1800m(外)稍良 7頭

着順:5着(1.51.4・0.6差)

騎手:シュタルケ(54キロ)

ここでも出遅れて後方から競馬。

道中ではジョッキーが手綱を引いて行きたがるのをなだめるくらいの緩いペース。

4角最後方、直線に向いて追い出すが、伸びない。

3戦連続しての出遅れに、道中のひっかかり。

オルフェーブル産駒によく見られる気性面の課題。

20/2/16 こぶし賞(3歳・1勝) 

京都 芝1600m(内)重 7頭

着順:2着(1.38.9・クビ差)

騎手:福永祐一(54キロ)

スタート直後外に大きくふくれて後方からの競馬。

道中もかかりぎみで、ジョッキーが手綱を抑えてなだめる仕草。

3角あたりでは抑えきれずに2番手進出。

4角も2番手で直線を向き、馬場の外目から抜け出すが、ゴール前、外から来たサトノインプレッサの末脚にクビ差屈して2着。

潜在能力は高いかもしれないが、まずは気性面の改善が急務。

20/3/7 3歳1勝クラス

阪神 芝1400m 良 10頭

着順:1着(1.20.6・-0.4差)

騎手:福永祐一(54キロ)

今走はしっかりとスタートを決め、その後もかかることなく馬群の中団あたりを追走。

4角は外へ持ち出して残り200mで先頭に立ち、そのあとは楽な手応えで後続を突き放して快勝。

能力通りに走ればこんなもの。

1400mのペースならしっかりと折り合える。

20/4/18 アーリントンカップ(G3)

阪神 芝1600m 稍重 12頭

着順:2着(1.34.6・0.3差)

騎手:岩田望来(54キロ)

スタートはしっかり出て、道中は中団の外でしっかりと折り合う。

直線は外に出して追い上げるが、内をついて伸びたタイセイビジョンに2馬身離されての2着。

稍重ながら締まったペースになったことでしっかり折り合いがついた。

終始外目を回っていたとは言え、しっかり折り合ってなお、タイセイビジョンに2馬身離されたのはちょっと不満。

20/5/10 NHKマイルカップ(G1)

東京 芝1600m 18頭

着順:3着(1.32.8・0.3差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中はしっかり前に馬を置いて折り合いに専念。

3角過ぎに最内にポジションを取り、4角も5番手の内。

直線も馬場の内目からしっかり伸びて3着を確保。

今回はベストに近い乗り方のように見えたが、それでも0.3差の3着。

適距離はもう少し短いところにあるのかも。

ギルデッドミラーの次走

次走は阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「中京記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは51キロに設定された。

3歳牝馬なのでまあこんなものなのかもしれないが、あと1キロ重くても、誰も文句は言わないのでは?

ここはおそらく人気の中心になるだろう。

マイルに適性があるのなら、ここはきっちりと勝ち負けするはず。

 

⇒ その他、中京記念出走馬の分析