2020年5月24日【優駿牝馬】終了時点までのデータをもとに、ウーマンズハートの好走パターンを分析。

ウーマンズハートの距離適性

ウーマンズハートはこれまでに芝1600~2400mの距離のレースに使われてきた。

着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-0-3)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

勝っている2鞍はいずれもスローのヨーイドン。

1600mのの距離がベストなのかもまだ分からない。

ウーマンズハートの脚質

勝ったレースは32秒台の末脚を繰り出して勝利した。

しかしペースはいずれも超スロー。

終いのキレには非凡なものがあるが、ペースが上がった時にどうか?

ウーマンズハートのコース適正

ウーマンズハートの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(2-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-3)

「チューリップ賞」で0.4差の6着があるので、右回りがダメと言うわけではないだろう。

ウーマンズハートの持ち時計(ベストタイム)

ウーマンズハートの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.7 6着(阪神)
  • 芝2400m:2.25.2 12着(東京)

高時計が出るような締まった展開は、現状では苦戦。

ウーマンズハートの重馬場適正

ウーマンズハートの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)

重馬場の「桜花賞」で2.1差の16着。

レース後、「馬場に尽きる」と言うコメントが出た。

ウーマンズハートの鉄砲実績(休み明け)

ウーマンズハートの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

これは、休み明けが敗因と言うわけではないだろう。

ウーマンズハートの枠順適正

ウーマンズハートの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(未)

ウーマンズハートの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(未)

ウーマンズハートの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-2)
  • 55キロ(0-0-0-2)

ウーマンズハートの連対体重

  • 456キロ

ウーマンズハートの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母の父はシャマーダル(ND系ストームキャット)。

シャマーダルは欧州などで走り、G1を4勝。主戦場は芝の短距離、マイル、中距離。

ウーマンズハートの評価

終いのキレは認めるが、ペースが上がって結果が出ていない。

ウーマンズハートのこれまでの走り

19/8/3 2歳新馬(牝)

新潟 芝1600m 良 16頭

着順:1着(1.36.2 -0.6差)

騎手:津村明秀(54キロ)

中団からの競馬。

ペースはスロー。

上り32.0秒の驚異の脚でぶっちぎりのゴール。

レースのレベル的には大したことはないが、2歳のこの時期に32.0秒の脚は非凡。

期待される能力

  • 瞬発力

19/8/25 新潟2歳S(G3)

新潟 芝1600m 良 16頭

着順:1着(1.35.0 -0.1差)

騎手:藤岡康太(54キロ)

一団となった中団の前目で、先行した馬を見る感じで直線へ。

直線は馬場の外目を、何度か内に刺さりながらも伸びてきて、ゴール前ペールエールとの追い比べを制してゴール。

ペースはスローだが、この馬の上りは32.8秒で、2戦続けての32秒台の末脚。

終いは確実、あとはペース。

期待される能力

  • 瞬発力

19/12/8 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m 良 16頭

着順:4着(1.33.9 1.2差)

騎手:ビュイック(54キロ)

いつもより位置取りは前目の3~4番手の内ぴったり。

勝ったレシステンシアを前に見るかたちで道中は追走。

直線に入って追い出すが、レシステンシアとの差は開く一方。

坂を上るあたりではやや失速した感じで外から来た2頭に交わされた。

1着のレシステンシアの1.32.7はレコード。

過去2戦と比べて明らかに速いペースを先団につけてこの結果。

仕方ないと言えば仕方ないが、脚を溜めていれば2~3着はあっただろうか?

いずれにしても、4着でも、1着に7馬身半、2着にも2馬身半開けられていたら完敗。

20/3/7 チューリップ賞(G2) 

阪神 芝1600m 良 14頭

着順:6着(1.33.7・0.4差)

騎手:藤岡康太(54キロ)

道中は中団のうしろあたりで脚を溜める。

直線は馬群の外目に進路を取って追い上げるが0.4差まで。

新馬戦や「新潟2歳S」での末脚はどこへ行ったのか?

ドスローの直線平坦でしか出せない脚だったのか?

2020/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:16着(1.38.2・2.1差)

騎手:藤岡康太(55キロ)

道中は中団6~7番手を追走も、直線ではさっぱり。

敗因は「馬場に尽きる」とのこと。

20/5/24 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:12着(2.25.2・0.8差)

騎手:藤岡康太(55キロ)

道中は中団。

直線に入っても得意の末脚は不発。

大きく負けているわけではないが、ペースが速かったわけではないので、それでいて終いの脚が出せなかったというのは、距離に問題があるのだろう。

ウーマンズハートの次走

次走は9月20日、中京競馬場 芝2000mで行われる、秋華賞トライアルの「ローズS(G2)」。

前走の走りをみると、2000mくらいは大丈夫そう。

あとはペース次第だが、ペースが落ち着くなら飛んで来る可能性も。

 

その他、ローズステークスの出走馬を分析