2020年9月20日【ローズS】終了時点までのデータをもとに、クラヴァシュドールの好走パターンを分析。

クラヴァシュドールの距離適性

クラヴァシュドールはこれまでに芝1600~2400mの距離のレースに使われてきた。

着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-2-1-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

おそらくベストは1600m。

クラヴァシュドールの脚質

終いのキレが持ち味だが、SPの持続力もそこそこ。

クラヴァシュドールのコース適正

クラヴァシュドールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-2)
  • 阪神(1-1-1-1)

左右回りはどちらも経験済み。

関東圏への長距離輸送も大丈夫。

クラヴァシュドールの持ち時計(ベストタイム)

クラヴァシュドールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.9 2着(東京)
  • 芝2000m:2.00.5 5着(中京)
  • 芝2400m:2.25.7 15着(東京)

2歳「サウジアラビアロイヤルカップ(G3・東京芝1600m)」での時計はそこそこ速い。

クラヴァシュドールの重馬場適正

クラヴァシュドールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)

重馬場は「桜花賞」での4着。

馬場が敗因ではない。

クラヴァシュドールの鉄砲実績(休み明け)

クラヴァシュドールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

クラヴァシュドールの枠順適正

クラヴァシュドールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-1)
  • 5~9番(1-1-0-1)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(未)

クラヴァシュドールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-1)

クラヴァシュドールの斤量別着度数

  • 54キロ(1-2-1-1)
  • 55キロ(0-0-0-2)

クラヴァシュドールの連対体重

446~450キロ

クラヴァシュドールの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母の父はジャイアンツコーズウェイ (ND系ストームキャット)。

ジャイアンツコーズウェイは欧州で走り、G1を6勝。主戦場は芝1600m~2000m。

クラヴァシュドールの評価

2歳の「阪神JF(G1)」、3歳の「桜花賞(G1)」と、まずまずの走りは見せている。

おそらくベストは1600m。

クラヴァシュドールの近走

19/9/7 2歳新馬

阪神 芝1600m(外)良 11頭

着順:1着(1.35.4・-0.2差)

騎手:藤岡祐介(54キロ)

道中4~5番手につけて、直線は馬場の外目に出して追い出す。

グングン加速がついてゴール前は1馬身半離して快勝。

上り時計は33.1秒。

19/10/5 サウジアラビアRC(G3) 

東京 芝1600m 良 9頭

着順:2着(1.32.9・0.2差)

騎手:藤岡祐介(54キロ)

道中は中団5番手。

勝ったサリオスを前に見るかたちで追走。

直線は一旦サリオスを交わして先頭に立つが、すぐに差し返されてゴール前は約1馬身の差をつけられる。

勝ったサリオスの1.32.7はレコードだが、クラヴァシュドールの時計も十分に速い。

クラヴァシュドールの上りはサリオスと同じ33.1秒。

3着馬には3馬身半の差をつけており、上位2頭が抜けていたことが分かる。

19/12/8 阪神JF(G1) 

阪神 芝1600m 良 16頭

着順:3着(1.33.5・0.8差)

騎手:藤岡祐介(54キロ)

中団から競馬を進め、4角は大外を回って追い上げる。

馬場の外目をグングン伸びるが、逃げるレシステンシアは遥か彼方。

番手追走のマルターズディオサにハナ差迫るのがやっとだったが、4着馬には2馬身半つけている。

かなりのハイペースでも前が止まらない。

勝ったレシステンシアは確かに強いが、2着、3着まではレベルの高い走りをしていたと思う。

20/3/7 チューリップ賞(G2) 

阪神 芝1600m 良 14頭

着順:2着(1.33.3・ハナ差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

1枠1番から好位4番手のイン。

レシステンシアが逃げるも、ペースはスロー。

クラヴァシュドールは4角も4番手のインで直線。

直線も最内をついて伸び、残り200mからはマルターズディオサとの追い比べ。

わずかにハナ差遅れて2着。

「阪神JF」の2、3着が、今回そのまま1、2着。

前走もハナ差だけに、この2頭に差はない。

2020/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:4着(1.36.8・0.7差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は中団7番手あたりを追走していたが、3角を過ぎたあたりで進路が狭くなったのか、騎手が伸びあがり手綱を引く場面があった。

ここでかなりのロスがあり、4角は13番手。

直線は最内を突いて鋭く伸びてきているだけに、このロスが致命的。

道悪だけに、直線の馬場の内外では末脚の伸びも違った可能性がある。

スムーズなら・・・と思わせる内容だが。

2020年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/24 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:15着(2.25.7・1.3差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

内枠2馬から先行策。

道中のペースは比較的緩く、直線を向いて、一旦は先頭に立つが、残り200mで失速。

距離だろう。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/9/20 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:5着(2.00.5・0.6差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は中団。

4角は7番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げにかかるが、ピリッとした脚は使えず。

ペースも緩く、中団で脚を溜めたのなら、直線でもう少し弾けてもいいはず。

2000mでも距離は微妙に長いのではないか。

⇒2020年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧

クラヴァシュドールの次走

次走は10月18日、京都 芝2000m(内)で行われる、牝馬三冠の最後の一冠「秋華賞(G1)」。

2000mの距離は合わないと思う。

 

その他、秋華賞の出走馬を分析