イズジョーノキセキのキャリアはまだ4戦だけなので、近走だけをふり返る。

イズジョーノキセキの近走

19/6/30 2歳新馬(牝)

中京 芝1600m 重 11頭

着順:6着(1.38.0・0.8差)

騎手:森裕太朗(53キロ☆)

中団のやや後ろを追走。

直線では内を突くが包まれて追い出しを待たされる。

前が開いて追い出すが、時すでに遅し。

大とびで一瞬の脚がないので、追い出しが遅れたら致命的かも。

19/9/8 2歳未勝利(牝)

阪神 芝1600m 良 12頭

着順:1着(1.33.8・-0.3差)

騎手:岩田康誠(54キロ)

大外12番から、中団の後ろ、後方近くにポジションを取る。

4角過ぎて直線では外に出して追い出すと、ジワジワ加速してゴール前逃げるマドルガーダを捉えた。

2歳牝馬の未勝利戦にしてはそこそこ流れた展開で、しかもレースの上りも33.9秒と速い。

それを後ろか上り33.4秒の脚で差し切ったイズジョーノキセキ。

走破時計も優秀で、評価できる内容。

直線の長いコースでは加速がつく。

19/9/29 サフラン賞(2歳・1勝・牝)

中山 芝1600m 良 9頭

着順:5着(1.34.7・0.4差)

騎手:岩田康誠(54キロ)

中団あたりを追走して、4角から直線入口でちょっと包まれて進路が塞がった。

まともに追えたのは残り200mを切ったぐらいからか。

上り3Fは34.3秒。

直線短い中山で、追い出しが遅れては持ち味が生かせない。

19/11/17 赤松賞(2歳・1勝・牝)

東京 芝1600m 良 12頭

着順:5着(1.34.6・0.2差)

騎手:岩田康誠(54キロ)

3枠3番からテンが緩かったせいもあったのか、2番手からの競馬。

ペースは終始緩い流れで4角も2番手で直線に入る。

残り200mまでは先団で粘るが、そこから伸びを欠く。

上り時計は34.1秒。

東京の長い直線を目一杯使った割には伸びきれなかった。

なぜ伸びない?

当日馬体重8キロ減、輸送に失敗?

左回り?

イズジョーノキセキの次走

次走は阪神競馬場、芝1600m(外)で行われる「チューリップ賞(G2)」。

未勝利戦で好走した阪神外回りの芝1600m。

相手関係は確かに強いが、休み明けの体調が万全なら、阪神外回り芝千六なら、そこそこやれて良い。