2021年1月24日【アメリカJCC】終了時点までのデータをもとに、サトノフラッグの好走パターンを分析。

サトノフラッグの距離適性

サトノフラッグはこれまでに芝2000mの距離のレースだけに使われてきた。

着度数は次の通り;

  • 芝2000m(3-0-0-2)
  • 芝2200m(0-1-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-1-0)

2000~2400mで力が出せそう。

3000mは「菊花賞」で3着に来たが、この距離が合っているのか否かは微妙。

サトノフラッグの脚質

基本的に切れる脚はなく、ジワジワと加速してトップスピードを持続するタイプではないか。

なのでスローのキレ味勝負には不向き。

緩いよりは締まった流れ。

中団~前目につけて、スピードに乗ってそのまま押し切ってしまう競馬が良さそう。

道中で脚を溜めて終いを伸ばそうとした場合、上りがそこそこかかってくれれば食い込んで来る(菊花賞)が、上りが速いと勝負にならない(ダービー)。

サトノフラッグのコース適正

サトノフラッグの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-2)
  • 中山(2-1-0-2)
  • 京都(0-0-1-0)

大型馬で、スピードに乗ってグングン加速するタイプなので、小回りよりは、広い競馬場の方が持ち味は発揮できそう。

中山での成績が安定しているが、本質的には東京向きだと思う。

サトノフラッグの持ち時計(ベストタイム)

サトノフラッグの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.59.5 1着(東京)
  • 芝2200m:2.15.3 2着(中山)
  • 芝2400m:2.25.3 11着(東京)
  • 芝3000m:3.06.1 3着(京都)

これは「2歳未勝利戦」で計時した時計で、東京芝2000mとしては、当時の2歳レコード。

東京コースでのスピード勝負なら、そこそこ戦えるのではないか。

サトノフラッグの重馬場適正

サトノフラッグの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-0-0-1)

重馬場の「弥生賞」を勝ってはいるが、基本的に道悪は苦手と見るが、どうか?


サトノフラッグの鉄砲実績(休み明け)

サトノフラッグの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

サトノフラッグの枠順適正

サトノフラッグの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(0-0-1-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

サトノフラッグの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-1)

サトノフラッグの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(2-1-0-1)
  • 57キロ(0-0-1-2)

サトノフラッグの好走体重

3着以内の体重は;

  • 486~494キロ

サトノフラッグの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はノットフォーセール(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

ディープインパクトとノットフォーセールの組み合わせでは、ダノンファンタジーが2018年の「阪神JF(G1・阪神芝1600m)」を勝っている。

サトノフラッグのこれまでの走り

※コメントは当時の感想や見立て

19/10/19 2歳新馬 

東京 芝2000m 重 13頭

着順:6着(2.03.2・1.5差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

出遅れて中団の後ろあたりからの追走。

4角も中団の後ろぐらいから直線へ。

直線も残り200mぐらいまでは全く伸びてこなかったが、残り200mを切ると徐々に加速して行き6着に入った。

本気で走ったは最後の200mくらいか?

重馬場がダメということではなさそう。

19/10/19 2歳未勝利

東京 芝2000m 良 13頭

着順:6着(1.59.5・-0.5差)

騎手:マーフィー(55キロ)

今回も出遅れるが、二の脚で追いつき、中団の前あたりにポジションを置く。

ペースは前走と比べても、またこのクラスとしても一気に速くなっているが、戸惑う様子もなく直線へ。

直線も抜群の手応えで残り400mで先頭に立ち、外にふくれながらもゴール前は一気の加速で後続をぶっちぎった。

走破時計の1.59.5は東京芝2000mの2歳レコード。

鞍上のコメントでは、まだ本気ではなく、遊びながら走っているらしい。

伸び代はけた違いか?

19/10/19 3歳1勝クラス

中山 芝2000m 良 13頭

着順:1着(2.01.4・-0.5差)

騎手:マーフィー(56キロ)

スタート出遅れることもなく、先団のうしろあたりからの追走。

3~4角で順位を押し上げて行って、4角では先頭に並びかける勢い。

直線に入って、残り200mで先頭に立つと、坂で後続を引き離してグングン加速、余裕のゴール。

右回り、直線急坂もお構いなし。

20/3/8 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 重 11頭

着順:1着(2.02.9・-0.3差)

騎手:武豊(56キロ)

道中は中団の後ろあたり。

ペースは重馬場なりの緩いペースだが、例年の緩い弥生賞ペースとほぼ同等。

サトノフラッグは3角を過ぎて外目を回って進出を開始。

4角も大外を回して直線に入るとすぐに先頭に立ち、坂を上がると余裕の手応えで後続を突き放してゴール。

重馬場も苦にせず3連勝。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:5着(2.01.8・1.1差)

騎手:ルメール(57キロ)

道中は中団。

前走と同じように3~4角で進出を計り、4角4番手で直線に向くが、コントレイルに交わされてからはいつもの伸びが見られなかった。

前走は重馬場でも結果を出していただけに、この敗戦はちょっと不可解。

2020年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/31 日本ダービー(G1)

東京 芝2400m 良

着順:11着(2.25.3・1.2差)

騎手:武豊(57キロ)

道中は後方。

レースの流れはスロー。

直線勝負に賭けるが、良い脚は使えず。

距離が長いのか?

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/9/21 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m 良

着順:2着(2.15.3・0.3差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

道中は中団。

3角を過ぎて順位を上げ、4角は2番手の外で先頭を射程圏に入れる。

直線は懸命に逃げるバビットを追うが、その差は詰まらず。

良馬場発表ながら、当日の馬場はかなり重そう。

レースの上りも37.0秒かかっている。

こういう展開には強い馬だけに、バビットを捉えきれなかったのはやや物足りない。

2020年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧

20/10/25 菊花賞(G1)

京都 芝3000m(外)良

着順:3着(3.06.1・0.6差)

騎手:戸崎圭太(57キロ)

道中は後方で脚を溜めて、直線は馬場の外目を強烈な脚で伸びて来た。

「ダービー」では不発に終わった末脚だが、上りがそこそこかかって来ると出番も回ってくる。

ただ、2着とは3馬身半の差をつけられている。5着のディープボンドとも0.1差。

この距離が合っているのかは微妙。

2020年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/1/24 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 不良

着順:11着(2.19.5・1.6差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

道中は後方から。

3角あたりから早めに進出して行って、4角は8番手の外で直線に向いたが、直線では坂下で一杯。

流れが向かなかったと言うのはあるが、やはりこの馬、道悪は向かないと思う。

2021年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

サトノフラッグの次走

次走は3月14日(日)、中京競馬場 芝2000mで行われる「金鯱賞(G2)」。

スローの末脚勝負になれば出番はないだろう。

 

その他、金鯱賞(G2)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)