2020年5月31日【白百合S】終了時点までのデータをもとに、メイショウボサツの好走パターンを分析。

メイショウボサツの距離適性

メイショウボサツはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-1)
  • 芝1800m(0-1-0-2)
  • 芝2000m(1-0-0-2)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離はまだ何とも言えない。

メイショウボサツの脚質

スタートが遅いので序盤は後方になるが、道中ジワジワと順位を上げて行き、直線で差し切るのが好走パターン。

このマクリ気味の戦法が効くのは上り時計のかかるタフな展開。

長く良い脚を繰り出せるSP持続力は評価できるが、この戦法がたびたび嵌るとは思えない。

軽い展開よりも、タフな展開で浮上。

メイショウボサツのコース適正

メイショウボサツの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(2-1-0-0)
  • 京都(0-0-0-4)
  • 阪神(0-1-0-0)

どうやら右回りはあまり得意ではなさそう。

と言うか、中京巧者。

メイショウボサツの持ち時計(ベストタイム)

メイショウボサツの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.9 2着(中京)
  • 芝1800m:1.49.1 4着(京都)
  • 芝2000m:2.01.7 1着(中京)※2歳レコード
  • 芝2200m:2.17.5 1着(中京)
  • 芝2400m:2.23.6 5着(東京)

まだまだこれから。

メイショウボサツの重馬場適正

メイショウボサツの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(1-1-0-2)

藤岡康太騎手からは、「得意ではない」というコメントが出ている。

2着以内はどれも左回りコース。

メイショウボサツの鉄砲実績(休み明け)

メイショウボサツの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

メイショウボサツの枠順適正

メイショウボサツの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-3)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(未)

メイショウボサツの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-2-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-3)

メイショウボサツの斤量別着度数

  • 51キロ(0-2-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-3)
  • 56キロ(1-0-0-3)

メイショウボサツの連対体重

  • 442~462キロ

メイショウボサツの血統背景

父は2013年の「菊花賞」、2014年の「ジャパンカップ」を勝ったエピファネイア。

母の父は1998年の「スプリンターズS」を勝ったマイネルラヴ(ミスプロ系)。

メイショウボサツの近走

19/12/7 2歳未勝利

中京 芝2000m 良 14頭

着順:1着(2.01.7・-0.1差)※レコード

騎手:藤岡康太(55キロ)

スタート直後は後方11番手。

終始外々を回りながら4角は8番手の大外を回って直線。

直線では馬群の外から追い上げて、みるみる先頭との差を詰めて行き、前を走るオールザワールドをきっちり捉えてゴールした。

走破時計の2.01.7は中京芝2000mの2歳レコード。

残り1000mを切ってから徐々に順位を上げて、外々を回りながら追い上げて行った

終いのキレと言うよりも、スピード持続力が高そう。

スローよりもハイペースが良い感じ。

20/3/8 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 重 11頭

着順:10着(2.04.5・1.6差)

騎手:横山典弘(56キロ)

スタート後に少し不利があったが、最後方から見せ場なし。

道悪と右回りが堪えたか?

20/3/29 大寒桜賞(3歳・1勝)

中京 芝2200m 重 10頭

着順:1着(2.17.5・-0.1差)

騎手:幸英明(56キロ)

道中は後方から。

3角手前で進出を開始、4角4番手の外で直線。

直線は馬場の外目から早目先頭に立ち、上り最速35.4秒の脚で押し切った。

同じ重馬場でも左回りなら違った。

20/5/2 青葉賞(G2)

東京 芝2400m 良

着順:5着(2.23.6・0.6差)

騎手:吉田豊(56キロ)

序盤は後方、向正面から進出を開始するいつものパターン。

残り600mで先頭との差は4~5馬身。

直線は馬場の外目を懸命に追い上げるが0.6差まで。

レースの上りが34.6秒。

この上りでは届かない。

20/5/31 白百合S(L)

京都 芝1800m 良

着順:4着(1.49.1・0.2差)

騎手:藤岡康太(56キロ)

道中は8頭立ての小頭数の最後方。

ペースは超スロー。

残り600mで先頭との差が4~5馬身なのでパターンとしてはこの馬のパターン。

4角も最後方から先頭を追うが、その差はなかなか詰まらない。

レースの上りは34.4秒。

スローだけに、メイショウボサツも上り33.8秒の鬼脚を繰り出してはいるが、それでも前も止まらない。

メイショウボサツの次走

次走は9月27日、中京競馬場の芝2200mで行われる、「神戸新聞杯(G2)」。

中京コースは(2-1-0-0)。

展開さえ嵌れば、飛んで来る可能性は大いにある。

 

その他、神戸新聞杯の出走馬を分析