2020年8月30日【キーンランドC】終了時点までのデータをもとに、エイティーンガールの好走パターンを分析。

エイティーンガールの距離適性

エイティーンガールはこれまでに芝1200m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(5-3-1-6)
  • 芝1400m(0-0-0-1)

現状ではベストは千二で間違いない。

エイティーンガールの脚質

位置取りは中団、もしくは後方から、直線追い込んできて差し切るパターンがベスト。

ただ、スタミナ的にはまだまだ物足りないところがあるので、ペースが上がったときにも同じような脚が繰り出せるか否かが課題。

エイティーンガールのコース適正

エイティーンガールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-2-1-1)
  • 阪神(2-1-0-2)
  • 小倉(0-0-0-1)

良績はホームの関西圏に集中。

エイティーンガールの持ち時計(ベストタイム)

エイティーンガールの芝1200mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.8 3着(0.1差・京都)

基本的には時計が速くなると厳しそう。

エイティーンガールの重馬場適正

エイティーンガールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(2-0-0-0)

札幌の重馬場を制し、3勝クラスでも良馬場ではあるが、稍重明けの時計のかかる馬場で伸びてきている。

道悪は苦にしないが、脚質的に展開の助けも必要。

エイティーンガールの鉄砲実績(休み明け)

エイティーンガールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-1-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-3)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目(0-1-0-0)

この馬、中1週で使われると(2-1-0-0)と調子が良い。

基本的には叩き良化型なのだろう。

エイティーンガールの枠順適正

エイティーンガールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-5)
  • 10~14番(2-1-1-1)
  • 15~18番(0-1-0-0)

枠順はあまり気にしない。

エイティーンガールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-1)

牝馬だが、夏場の競馬に不安があるか?

8月の1勝は小雨の降る札幌、比較的涼しかった。

エイティーンガールの斤量別着度数

  • ~52キロ(0-1-0-0)
  • 52.5~54キロ(5-2-0-7)
  • 54.5~56キロ(0-0-1-0)
  • 57キロ~(未)

エイティーンガールの連対体重

  • 430~456キロ

エイティーンガールの血統背景

父はヨハネスブルグ(ND系ストームキャット)。母の父はアグネスタキオン(サンデー系)。

父は欧州、米国で走り、芝のスプリントG1を3連勝。ダートの8.5FでもG1勝ちがある。

エイティーンガールの近走診断

19/10/20 桂川S(3勝・ハンデ) 18頭立て

京都 芝1200m 良

着順:2着(1.09.1 クビ差)

騎手:池添謙一(52キロ)

中団の前目で脚を溜めて、直線は外目をグイグイ伸びてくるが、ゴール前勝ち馬に差されて2着。

馬場は稍重あがりの時計のかかる状態。

52キロのハンデも効いた感じ。

19/12/15 浜松S(3勝・ハンデ) 17頭立て

中京 芝1200m 良

着順:8着(1.08.9 0.7差)

騎手:秋山真一郎(54キロ)

中団の前目からの追走。

直線は伸びを欠いているようだが、上りは前走とほぼ同じ34.0秒。

レースの上りが33.8秒と速く、これでは直線伸びきれないのは当然。

速い時計、速い上りに課題を残す。

19/12/28 ファイナルS(3勝) 16頭立て

阪神 芝1200m 良

着順:1着(1.09.5 -0.4差)

騎手:武豊(54キロ)

出遅れて後方から。

しかしそれが功を奏したか、上りが34.6秒かかる展開になり、後方で脚を十分に溜めたエイティーンガールが大外から強襲。上り33.3秒の脚で圧勝。

道中のラップは比較的緩く、それでいて上りもかかっている。

開催の最終日、トラックバイアスが一気に外差しに振れたような印象もある。

20/2/2 シルクロードS(G3・ハンデ)

京都 芝1200m(内)良 18頭

着順:2着(1.09.0・クビ差)

騎手:四位洋文(53キロ)

馬場は良馬場だが、前開催から引き続いて馬場は荒れ馬場。

エイティーンガールは後方から直線一気の差し脚。

内が悪く外差しが効く馬場、ハンデ53キロ。

この二つの要素が大きく後押しした印象。

20/5/10 鞍馬S

京都 芝1200m 良 12頭

着順:3着(1.07.8・0.1差)

騎手:坂井瑠星(55キロ)

道中は後方から、直線は馬場の外目を追い込んで来るが3着まで。

ここ2戦、差し届かない競馬が続いている。

1200mでの自己ベストは大幅に更新しているので、このままクラス慣れしていけば、そのうち勝ち鞍もついてくるか?

20/6/21 函館スプリントS(G3)

函館 芝1200m 良

着順:7着(1.08.2・0.7差)

騎手:坂井瑠星(54キロ)

道中は後方から。

終始内々で競馬を進め、直線も内を突いて伸びてはくるが7着まで。

レースは前々での決着となったので、この馬の位置取りでは勝負にはならなかった。

しかし、あと一列前で競馬をするとなると、それ相応のスタミナの強化も必要。

20/8/16 UHB賞(ハンデ)

札幌 芝1200m 良

着順:7着(1.09.4・0.6差)

騎手:坂井瑠星(54キロ)

道中は、前走よりも前目の位置で競馬はできたが、こうなると終いの脚に影響がでてしまう。

真夏の競馬、体重もプラス10キロと条件面でも厳しかった。

20/8/30 キーンランドC(G3)

札幌 芝1200m 重

着順:1着(1.10.6・-0.2差)

騎手:坂井瑠星(54キロ)

道中は後方。終始馬場の外目を走って脚とスタミナを温存し、直線も馬場の外目から鋭い脚で差し切った。

もともと道悪は走るタイプ。

外枠、外差し馬場など、運も味方した。

2020年 キーンランドカップ(G3)のラップ分析&回顧

エイティーンガールの次走

次走は10月4日、中山競馬場 芝1200mで行われる「スプリンターズS(G1)」。

例年のスピード勝負の「スプリンターズS」なら出る幕はないが、今年の中山秋開催は馬場がちょっと重たい。

展開が嵌るなら、飛んで来る可能性もなくはない。

 

その他、スプリンターズSの出走馬を分析