2020年4月12日【春雷S】終了時点までのデータをもとに、ナランフレグの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ナランフレグの距離適性

ナランフレグはこれまでに芝1000m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(1-0-0-0)
  • 芝1200m(2-0-1-3)
  • 芝1400m(0-0-0-1)

千四も悪い内容ではない。

現状では千四までは守備範囲だろう。

ナランフレグの脚質

後方で脚を溜めてからの追い込みで、強烈な末脚を持っている。

ナランフレグのコース適正

ナランフレグの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(2-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(0-0-1-0)

ダート競争も含めると、この馬の左右回りは;

  • 右回り(0-0-1-4)
  • 左回り(3-1-1-3)
  • 直線(1-0-0-0)

右回りに難ありか?

ナランフレグの持ち時計(ベストタイム)

ナランフレグの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.54.6 1着(-0.2差・新潟)
  • 芝1200m:1.07.9 5着(0.3差・中山)
  • 芝1400m:1.21.8 7着(0.4差・東京)

あまりにも時計が速すぎるとどうかだが、中山での5着の敗因は時計ではなさそう(後述)。

ナランフレグの重馬場適正

ナランフレグの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)

もともとダートを走っていた馬で、ダート勝ち鞍もあることから、道悪もそこそここなせそうだが、脚質が現状では追い込み一辺倒だけに、道悪ではその末脚の威力が削がれそう。

ナランフレグの鉄砲実績(休み明け)

ナランフレグの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-1)

ナランフレグの評価

脚をためれば終いは確実。

ただし勝ち鞍の多くは外差し一本。馬群を抜けてくる器用さには欠ける感じ。

器用さで言えば「右回り」もダメっぽい。

しかしその終いは強烈なだけに、嵌れば飛んでくる。

ナランフレグの近走診断

19/9/21 セプテンバーS(3勝・ハンデ)16頭立て

中山 芝1200m 良

着順:5着(1.07.9 0.3差)

騎手:戸崎圭太(53キロ)

スタートが良く、位置取りがいつもより前の3~4番手で追走。

直線は失速することなく先団について行くが、いつものような伸びはなかった。

敗因として考えられるのは;

  • 位置取りが前すぎて脚が溜まらなかった。
  • 右回り

この2点だと思うが・・・。

19/11/10 奥多摩S(3勝)14頭立て

東京 芝1200m 良

着順:7着(1.21.8 0.4差)

騎手:野中悠太(56キロ)

五分のスタートから、位置取りは中団の後ろあたり。

しかしペースが遅すぎた。

直線外に出して追い上げを計るが、前との差は詰まらない。

スローで前も止まらない展開。

ナランフレグ自身はメンバー最速32.5秒の末脚を出しているが、こお展開では0.4差がやっと。

19/12/15 浜松S(3勝・ハンデ)17頭立て

中京 芝1200m 良

着順:1着(1.08.2 -0.4差)

騎手:丸田恭介(54キロ)

五分のスタートで中団の後ろ、いつもの位置取り。

直線も外に出して追い上げるいつもの競馬。

残り200mを過ぎると早くも先頭を射程圏に捉え、残り100mほどで先頭にたつと、あとはみるみる2.5馬身の差をつけてぶっちぎりのゴール。

自身の上りは32.6秒。

圧倒的な末脚。

20/2/2 シルクロードS(G3・ハンデ)

京都 芝1200m(内)良 18頭

着順:3着(1.09.1・0.1差)

騎手:丸田恭介(54キロ)

道中は最後方から、直線一気で0.1差の3着。

完全な外差し馬場に軽ハンデ。

展開が嵌った感は否めないが、終いの確実性は相変わらず。

20/4/12 春雷S(L・ハンデ)

中山 芝1200m 稍重 16頭

着順:6着(1.08.5・0.2差)

騎手:丸田恭介(55キロ)

休み明けで+10キロ。

道中は中団の後ろ。

直線は馬場の外目を追い上げるが、ゴール前わずかに甘くなった。

鞍上によると、道中ちょっとスムーズさを欠いたようだ。

ナランフレグの次走

「京王杯SC(G2)は回避。