2020年8月16日【関屋記念】終了時点までのデータをもとに、サトノアーサーの好走パターンを分析。

サトノアーサーの距離適性

サトノアーサーはこれまでに芝1600m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-3-0-2)
  • 芝1800m(2-2-3-2)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-1-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

2400mで3着はあるが、基本的にはベストは1600~1800m、2000mはギリギリかも。

サトノアーサーの脚質

中団あたりの位置取りから、最後の直線で差してくる競馬がベストだろう。

ただ、終いの脚はそんなに切れるわけではなさそうで、差し届かずの2~3着が多い印象。

ただし、上りがかかる馬場状態ではこれが届いてしまう。

道悪はよくないというコメントがよく出ているが、パワーはそこそこありそうなので、上りのかかる道悪馬場は、むしろ歓迎だと思う。

サトノアーサーのコース適正

サトノアーサーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(1-0-1-5)
  • 京都(1-1-1-1)
  • 阪神(2-4-2-0)

速い時計、速い上りだと差し届かないことが多い馬。

そういう展開になりやすい東京コースでは、やはり戦績もあまり芳しくない。

とにかく時計、上りがかかる展開がベスト。

サトノアーサーの持ち時計(ベストタイム)

サトノアーサーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.7 2着(頭差・阪神)
  • 芝1800m:1.45.1 6着(0.6差・東京)
  • 芝2000m:2.04.8 1着(同着・阪神)
  • 芝2400m:2.25.1 3着(0.5差・阪神)
  • 芝3000m:3.20.9 11着(2.0差・京都)

時計勝負はあまり得意ではなさそう。

サトノアーサーの重馬場適正

サトノアーサーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-1-1-0)
  • 重(1-1-1-0)
  • 不良(0-0-0-3)

陣営や鞍上からは、「道悪は良くない」という類のコメントがよく出されているが、この馬はパワーがあるので、基本的に道悪、荒れた馬場は走ってくるはず。

しかし、グチャグチャの不良馬場はダメみたい。

サトノアーサーの鉄砲実績(休み明け)

サトノアーサーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-2-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-2)
  • 3戦目(0-2-0-0)
  • 4戦目(1-0-1-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

約1年ぶりの競馬となった2019年「ポートアイランドS」でもアタマ差2着に入ったほど。

休み明けはあまり苦にしないし、中2週のローテでも(1-1-0-0)と、詰めて使っても問題ない。

休み明けやローテーションに関しては、あまり気にしなくても大丈夫。

サトノアーサーの枠順適正

サトノアーサーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-1-2)
  • 5~9番(2-1-2-3)
  • 10~14番(0-2-1-1)
  • 15~18番(2-0-0-0)

枠順はあまり関係ない。

サトノアーサーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-1)
  • 3~5月(春):(0-2-3-1)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-3)

季節もあまり関係にない。

サトノアーサーの斤量別着度数

  • 55キロ(2-1-0-0)
  • 56キロ(3-2-1-4)
  • 57キロ(0-2-3-2)

57キロで勝ち鞍がなくなるのは、やはり斤量には少し敏感な面があるのかもしれない。

サトノアーサーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~500キロ

サトノアーサーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母の父はリダウツチョイス(ND系デインヒル)。

母の父が活躍した距離は芝1600mまで。

サトノアーサーの評価

終いの脚を確実に出し、堅実な走りは評価できるが、キレッキレの脚ではないので、速い時計、速い上りでは、差し届かない競馬が目立つ。

しかし、悪天候の道悪の馬場、開催後半の荒れた馬場、道中ハイペースで上りを要する展開。

このような状況になると突き抜けてくる可能性は高くなる。

パワーのある馬なので道悪はこなすが、不良まで荒れたらダメ。

距離は1600~1800mが適距離と見る。

サトノアーサーの近走診断

18/10/07 毎日王冠(G2)13頭立て

東京 芝1800m 良

着順:6着(1.45.1 0.6差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

スタート出遅れるが二の脚で中団のうしろあたりにポジションを取る。

直線は伸びそうで伸びず0.6差の6着。

約4ヵ月の休み明けも少しはあったかもしれないが、勝ち時計(1.44.5)、上り時計(33.8)がともに速かったことが一番の敗因だと思う。

19/9/29 ポートアイランドS(L)15頭立て

阪神 芝1600m 良

着順:2着(1.32.7 アタマ差)

騎手:松山弘平(57キロ)

もさっと出て、中団の後ろあたりにポジションを取る。

4角大外を回して、直線一気に追い上げに入る。

馬場の中ほどから猛追するが、先に抜け出していたロードマイウェイにアタマ差届かず2着。

時計はそこそこ速かったものの、ペースが比較的流れたせいで、レースの上りは35.3秒。

上りがこれくらいかかればこの馬も勝ち負けできる。

19/11/23 キャピタルS(L)17頭立て

東京 芝1600m 不良

着順:6着(1.36.4 0.6差)

騎手:ルメール(56キロ)

位置取りはいつものように中団の後ろあたりから。

4角は内に進路をとり、直線も内をついて伸びてきて、一旦は先頭を窺う勢いだったが、残り200mを過ぎたあたりで失速。

不良馬場で極力スタミナを使わない巧い位置取り。

0.6差の6着に持ってこれたのは騎手の手腕のような気がする。

重馬場までは走るが、不良馬場は苦手の様子。

20/2/9 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良 16頭

着順:4着(1.33.2・0.2差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

道中は先団4番手。

直線もバテずによく追い上げているが、この馬にしては、ちょっと時計が速かったか?

20/3/8 大阪城S(L・ハンデ)

阪神 芝1800m(外)稍重 16頭

着順:3着(1.47.2・0.3差)

騎手:シュタルケ(57キロ)

道中は中団の後ろあたり。

直線脚を伸ばすが0.3差まで。

上りのかかる得意の展開だったが、前も止まらず、トップハンデ57キロも応えた。

20/3/29 六甲S(L)

阪神 芝1600m(外)稍重 13頭

着順:2着(1.34.1・頭差)

騎手:坂井瑠星(57キロ)

道中は中団。

3~4角で順位を上げて、4角は好位の5番手で直線。

直線は馬場の外目を追い上げて一旦は先頭に立つが、内からウーリリに差し返されて2着。

枠の内外、斤量の1キロ差が微妙に勝敗を左右した感じ。

20/5/16 都大路S(L)

京都 芝1800m(外)重 14頭

着順:3着(1.48.3・0.1差)

騎手:坂井瑠星(57キロ)

道中は中団。

直線は馬場の外目を追い上げる毎度のパターン。

しかし前が止まらず0.1差。

上りは2戦続けてメンバー最速。

今回も時計のかかる馬場状態で、この馬にとってはチャンスのはずが・・・。

堅実に走りはするがどうしても勝てない。

20/6/14 エプソムC(G3・ハンデ)

東京 芝1800m 不良

着順:6着(1.48.0・0.3差)

騎手:レーン(56キロ)

道中は中団あたり。

直線は馬場の内目を伸びてきて、ゴール前「あわや」のシーンも作るが0.3差まで。

この馬、道悪はOKだが、不良馬場まで悪くなると切れ味が鈍る。

20/8/16 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:1着(1.33.1・-0.2差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

外枠17番からの出遅れ。

位置取りは自然と後方から。

馬場は良馬場発表ながら、夜間の雨の影響で稍重スタートからの良馬場。時計はかかっていた。

4角も17番手で直線に向くが、直線は馬場の外目を上りメンバー最速の脚で突き抜けた。

重い馬場、時計のかかる展開は、この馬の好走パターン。

2020年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

サトノアーサーの次走

次走は10月24日、東京競馬場 芝1600mで行われる「富士ステークス(G2)」。

東京コースは得意とは言えないが、マイルの距離ではほとんど底を見せていない。

展開次第ではここでも勝ち負け。

 

その他、富士Sの出走馬を分析