2020年5月16日【京王杯SC】終了時点までのデータをもとに、ドーヴァーの好走パターンを分析。

ドーヴァーの距離適性

ドーヴァーはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(2-1-2-12)
  • 芝1600m(5-1-0-6)

守備範囲は1400~1600m。

ドーヴァーの脚質

5歳の春くらいまでは先行脚質だったが、そこから中団あたりで脚を溜める脚質に変えた。

すると走りに安定感が出てきた。

最近ではもっぱら中団あたりで脚を溜める戦法。

ただ、いくら脚を溜めても、そこまで切れる脚があるわけではない。

OP特別では勝ち負けできるが、重賞になると、道悪や荒れ馬場、ハイペースで上がりがかかる展開にならないと上位進出は難しい。

ドーヴァーのコース適正

ドーヴァーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(3-1-2-8)
  • 中山(4-1-0-4)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(0-0-0-2)

美浦の厩舎の所属馬ということもあって、関東圏のレースに強い。

というか、関東圏以外では好走歴がないというデータ。

ドーヴァーの持ち時計(ベストタイム)

ドーヴァーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.19.8 8着(0.4差・東京)
  • 芝1600m:1.32.1 7着(0.4差・中山)

ベストタイムでの着順が悪い。

すなわち、速い時計での決着には難があるということになる。

どちらも重賞レースでの時計で、大敗はしていないが、この差を詰めるには、馬場や展開の助けが必要になる。

ドーヴァーの重馬場適正

ドーヴァーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-3)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

基本的に道悪は巧いと考えて良い。

ドーヴァーの鉄砲実績(休み明け)

ドーヴァーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-3)

OPクラスで、約半年ぶりの競馬でも勝ちを挙げているので、休み明けは基本的には大丈夫。

ドーヴァーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-1-3)
  • 3~5月(春):(0-1-0-9)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-4)
  • 9~11月(秋):(4-1-1-2)

秋から冬にかけての活躍が目立つ。

暖かい季節は今一つか?

ドーヴァーの血統背景

父はアドマイヤムーン(ミスプロ系フォーティーナイナー)、母の父はイルーシヴクオリティ(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

ミスプロ系ゴーンウエストはマイル適正の馬が目立つ。ドーヴァーは母方の血が色濃く出ている感じ。

ドーヴァーの評価

脚質を変えてOPまで勝ち上がったのが5歳の冬。

OP特別で1勝はしたものの、その後重賞戦線ではイマイチの成績。

もう少し若ければこれからの成長力も期待できるが、2020年で明け7歳。

血統背景もバリバリの米国血統だけに、この先現状を上回る活躍はちょっと期待できない。

この先は、道悪馬場や荒れた馬場など、時計のかかる状況での一発に期待。

ドーヴァーの近走診断

19/5/11 京王杯スプリングC(G2)16頭立て

東京 芝1400m 良

着順:8着(1.19.8 0.4差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

五分のスタートで中団からの競馬。

道中、4角と、勝ったタワーオブロンドンの後ろを追走するが、直線では徐々に離されて結果は0.4差の8着。

勝ち馬の走破時計は1.19.4のレコード。

着差はレコードの0.4秒差だが、この差は大きい。

19/11/23 キャピタルS(L)17頭立て

東京 芝1600m 不良

着順:1着(1.35.8 -0.3差)

騎手:ビュイック(56キロ)

不良馬場で後方からの競馬となったが、レースの上りが36.7秒の消耗戦。

ドーヴァーの上りがメンバー最速の35.0秒なので、後ろからでも十分に届いた。

道悪馬場はとにかく走る。

20/1/5 京都金杯(G3)18頭立て

京都 芝1600m 良

着順:7着(1.35.0 1.0差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団の後ろ10番手あたり。

脚を溜めた割には直線もジリジリとしか伸びてこない。

勝てないにしても、もう少し伸びてもいいとは思うが・・・。

この馬、関東圏以外では結果がでない。

20/2/9 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良 16頭

着順:13着(1.34.0・1.0差)

騎手:北村宏司(57キロ)

大外16番から控えて後方から。

モルフェオルフェが飛ばして逃げたが、2番手以降の大勢に影響はなかった。

総じて、後ろから行く馬には向かない展開。

ドーヴァーに出番はなかった。

2020/4/4 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:6着(1.33.3・0.5差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

道中は後方13番手あたり。

3~4角で順位を上げて、4角9番手で直線。

直線は馬場の外目を伸びて来るが6着まで。

2、3着には0.2差まで迫っているが、ハンデを考えれば僅差と言うほどのこともない。

20/5/16 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 稍重

着順:13着(1.21.4・1.6差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

出遅れて後方のまま終始見せ場なし。

稍重馬場だがそこそこの時計は出た。

出遅れてしまっては万事休す。

ドーヴァーの次走

次走は8月16日、新潟競馬場 芝1600m(外)で行われる「関屋記念(G3)」。

先週のような不良馬場なら、まだ少しは期待は持てるが・・・。

 

その他、関屋記念の出走馬を分析