2021年5月9日【NHKマイルC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、バスラットレオンの好走パターンを分析。

バスラットレオンの距離適性

バスラットレオンはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-1-2)
  • 芝1800m(1-0-1-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

現状ではマイルあたりが一番よさそう。

バスラットレオンの脚質

逃げ、先行脚質。

前につけてしぶとい競馬をするが、道中のペースが速くなって着順を落としがちな印象。

バスラットレオンのコース適正

バスラットレオンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-1-0)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)※落馬
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 小倉(未)

バスラットレオンの持ち時計(ベストタイム)

バスラットレオンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.8 4着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.5 3着(札幌)
  • 芝2000m:2.02.1 6着(阪神)

自己ベストを計時したときの着順があまりよくない。

速い芝、高速決着に課題がありそう。

バスラットレオンの重馬場適正

バスラットレオンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重での快勝はあるが、1勝クラス、減量騎手で52キロ。

あまりあてにはならない。


バスラットレオンの鉄砲実績(休み明け)

バスラットレオンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-1-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

バスラットレオンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-1-1)
  • 中3~5週(1-0-1-1)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

バスラットレオンの枠順適正

バスラットレオンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-1-0)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(未)

前につけた馬なので、内枠が欲しいところ。

バスラットレオンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-1)
  • 3~5月(春):(2-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-1)

バスラットレオンの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(1-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(1-0-1-0)
  • 57キロ(0-0-0-1)※落馬

バスラットレオンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~480キロ

バスラットレオンの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー、産経大阪杯、京都新聞杯、毎日杯)。

母の父はニューアプローチ(ND系サドラーズウェルズ)。

ニューアプローチは欧州で走り、芝のG1を5勝。主要距離は芝の7F(約1400m)、10F(約2000m)、12F(約2400m)。

近親にスティッフェリオ(オールカマー、天皇賞(春)2着)。

バスラットレオンのここまでの走り

20/7/26 2歳新馬

札幌 芝1800m 良

着順:1着(1.51.3・-0.4差)

騎手:藤岡祐介(54キロ)

1枠1番からハナへ。

道中は新馬戦なりのスローペース。

4角も先頭で直線に向き、そのまま後続を突き離してゴール。

自身の上りは33.6秒。

緩い流れではあるが、しっかりと終いを伸ばして快勝。

20/9/5 札幌2歳S(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:3着(1.48.5・0.3差)

騎手:坂井瑠星(54キロ)

道中はハイラップで逃げるピンクカメハメハの2番手。

3~4角では外から進出するソダシと一緒に上がって行って、直線入口ではソダシと馬体を併せて追い比べ。

残り200mを切ってソダシに交わされ、ゴール前はユーバーレーベンにも交わされて3着。

しかし、このハイラップを2番手で追走して、直線もそこそこ粘ったスタミナは評価できる。

【期待される能力】

  • 先行力
  • スタミナ

20/11/28 京都2歳S(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:6着(2.02.1・0.5差)

騎手:坂井瑠星(55キロ)

休み明けで体重は+20キロ。

道中は主張する外から来たタガノカイにハナを譲って2番手から。

4角も2番手で直線に向き、直線は残り200mで先頭に立つが、ゴール前で甘くなって後続に呑み込まれた。

敗因は距離か? 坂か? 休み明けか?

20/12/20 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:4着(1.32.8・0.5差)

騎手:坂井瑠星(55キロ)

道中3番手。

4角4番手で直線に向いて、勝ったグレナディアガーズの直後から追ってくるが、グレナとの差は縮まるばかりか離される一方。

しかし、2、3着馬には交わされるものの、そのままズルズルとは行かず、しっかり粘って4着は確保。

レース展開はかなり締まった流れだっただけに、前々で4着に粘ったスタミナは評価できる。

2020年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧

21/1/10 シンザン記念(G3)

中京 芝1600m 良

着順:3着(1.33.7・0.4差)

騎手:坂井瑠星(56キロ)

道中は2番手追走で、4角も2番手で直線。

直線もそこそこ粘ってはいるが、ゴール前でルークズネストに交わされて3着。

この馬向きの展開になったが、勝ち負けにはならず。

鞍上はコメントで前走の反動を挙げているが、レコード結着に0.5差からの中2週でもあり、それもあるかも。

2021年 シンザン記念(G3)のラップ分析&回顧

21/3/13 3歳1勝クラス

阪神 芝1600m 稍重

着順:1着(1.34.2・-0.4差)

騎手:古川奈穂(52キロ)

7枠7番からハナへ。

道中、このクラスとしてはそこそこのラップを刻んで4角も先頭で直線へ。

直線は坂下まではショウナンアレスあたりが食らいついてはくるものの、坂の上りで突き放し、2馬身半つけて圧勝。

2歳G1で4着の馬が、減量騎手騎乗で斤量は52キロ。

このアドバンテージは大きい。

21/4/10 ニュージーランドT(G2)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.33.1・-0.9差)

騎手:藤岡祐介(56キロ)

3枠6番からハナを切り、道中はマイペースの逃げ。

残り400mでギアを上げ、直線の坂下ではすでに後続を突き放し、終わってみれば5馬身差の圧勝。

メンバーレベルがひと息と言うこともあったが、ここでは力が違った感じ。

2021年 ニュージーランドT(G2)のラップ分析&回顧

21/5/9 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:落馬・競争中止

騎手:藤岡祐介(57)

スタート直後、馬が躓いて騎手が落馬。

競争中止。

2021年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

「日本ダービー」への出走プランは、前走前からあったのか否か?

1600m一本の調教と、2400mにも含みを持たせる調教とでは、その臨戦過程も違うのでは? と素人目には映る。

前走はほとんど走っていないので、体力的な消耗こそないが、急な2400mへのシフトに馬が対応できるかどうかがカギ。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)