2021年11月21日【マイルCS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、グレナディアガーズの好走パターンを分析。

グレナディアガーズの距離適性

グレナディアガーズはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-2-0-0)
  • 芝1600m(1-0-2-2)

折り合えば1600mでも強いのだろうが、そうもいかない。

グレナディアガーズの脚質

切れる脚と言うよりも、良いスピードを長くキープするSP持続力に長けた馬。

前につけてしぶとい競馬をする一方で、緩い流れだと折り合いを欠く。

そんなこんなで、2歳冬の「朝日杯FS(G1)」を勝って以降、あまり成長を感じさせない走りが続く。

早熟傾向が囁かれるフランケル産駒だけに、この先どうか?

グレナディアガーズのコース適正

グレナディアガーズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 中京(0-1-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-0-1)
  • 小倉(未)

グレナディアガーズの持ち時計(ベストタイム)

グレナディアガーズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.1 2着(中京)
  • 芝1600m:1.32.1 3着(中山)

ガチガチの高速決着では後手を踏む恐れがある。

グレナディアガーズの重馬場適正

グレナディアガーズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ未知数。


グレナディアガーズの鉄砲実績(休み明け)

グレナディアガーズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

グレナディアガーズのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-0-0)
  • 中6~8週(1-0-1-1)

グレナディアガーズの枠順適正

グレナディアガーズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-0)
  • 5~9番(1-0-1-2)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(未)

グレナディアガーズの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-0-1)
  • 55キロ(2-0-0-0)
  • 56キロ(0-0-1-1)
  • 57キロ(0-1-1-0)

グレナディアガーズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-2)

グレナディアガーズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~460キロ

グレナディアガーズの血統背景

父はフランケル(ND系サドラーズウェルズ)。

フランケルは欧州で走り14戦14勝、内G1は10勝。距離は芝の7F(約1400m)、8F(約1600m)、10F(約2000m)。

日本で活躍した産駒としては2016年の「阪神JF」、2017年の「オークス」を制したソウルスターリング。2018年の「安田記念」、2020年の「フェブラリーS」を制したモズアスコット

母はウェイヴェルアベニュー

ウェイヴェルアベニューは米国で走り、ダートG1を1勝(7F)。その他、ダート7F(約1400m)の重賞で活躍。

母の父はハーリントン(ミスプロ系)。

ハーリントンは米国で走り、芝の中距離重賞での勝利がある。

グレナディアガーズのここまでの走り

20/7/26 2歳新馬

新潟 芝1400m(内)良

着順:2着(1.22.4・0.1差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は中団の前。

さほど速くはない展開で4角も5番手で直線。

直線は馬群の外から追い込みをかけるが、前の内にいたサルビアの伸び脚を捉えきれずに2着。

良い上りの脚は使っているが、できれば捉えたかった。

20/9/19 2歳未勝利

中京 芝1600m 良

着順:4着(1.34.3・1.2差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は2番手、序盤引っかかるのをなだめて追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線では坂で脚色が鈍った感じ。

引っかかった影響もあったのだろう。

20/11/7 2歳未勝利

阪神 芝1400m(内)

着順:1着(1.20.4・-0.5差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手、抜群の手応えで直線に向く。

直線では逃げ粘るロードリスペクトを、残り200mを過ぎて持ったままで抜き去ると、そのままノーステッキでゴール。

走破時計も阪神芝1400mの2歳レコードに並ぶ1.20.4。

折り合いさえつけば強さが際立つ。。

【期待される能力】

  • SP持続力

20/12/20 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m 良

着順:1着(1.32.3・-0.1差)※2歳レコード

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は先団3番手。

4角を2番手で回ってくると、坂の途中で逃げ粘るモントライゼを捉え、ゴール前ステラヴェローチェの追撃を交わしてゴール。

このペースを先団につけて押し切ってしまう強い勝ち方。

やはりこの馬、SP持続力は相当なもの。

2020年 朝日杯フューチュリティS (G1)のラップ分析&回顧

21/3/20 ファルコンS(G3)

中京 芝1400m 良

着順:2着(1.20.1・頭)

騎手:川田将雅(57キロ)

道中は勝ったルークズネストの外、2番手を追走。

4角は先頭に立つような勢いで直線に向き、直線は坂を上りきってからルークズネストに馬体を併せた。

ゴール前、交わしたかに見えたが再度交わされての2着。

この馬も2歳チャンピョンらしくよく走ってはいるが、今回は力負け。

2021年 ファルコンS(G3)のラップ分析&回顧

21/5/9 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:3着(1.32.1・0.5差)

騎手:川田将雅(57キロ)

道中は先団3番手の外。

4角手前、残り600mの標識から動いて行って、4角は2番手の外で直線。

直線では、坂を上るまではこのまま押し切るかに思えたが、坂の上りでソングラインに詰め寄られ、坂を上りきったあたりでソングラインに交わされると、あとは応戦する力は残っていなかった感じ。

早めに動いて勝ちに行った競馬は評価できるが、ソングラインに2馬身半開けられてしまったのは少し残念。

現状では、前の2頭とは、力の差があるように思えた。

2021年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

21/9/12 京成杯OH(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:3着(1.32.1・0.1差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団のやや後ろ9番手あたり。勝ったカテドラルと同じような位置取りだがこちらは外。

4角はカテドラルが内を突いたのに対してこちらは外。

4角でかなり外を回して直線に向き、直線は馬群の外目を追い上げてはくるが、逃げ粘るコントラチェックさえ交わせずに3着。

4角の位置取りが悪かったのは仕方がないが、あそこからコントラチェックも交わせないというのはやはりキレが足りないのだと思う。

2021年 京成杯オータムH(G3)のラップ分析&回顧

21/11/21 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:13着(1.33.8・1.2差)

騎手:池添謙一(56キロ)

道中は手綱をしっかりと抑えながら先団3番手追走。

4角は2番手の外で直線に向くが、直線では坂下で勝負あり。

道中折り合いを欠いた分、直線では伸びることができなかった。

確かに展開はスローの瞬発力勝負・・・にしても負け過ぎ。

2021年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

次走、阪神カップ(G2)に向けて

次走は12月25日(土)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「阪神カップ(G2)」。

距離短縮で、引っかからずに走れるか?

今後を占う意味で重要な一戦、正念場。

 

⇒その他、阪神カップ(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)