ショックアクションのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

ショックアクションのここまでの走り

20/7/18 2歳新馬

阪神 芝1400m(内)良

着順:3着(1.25.4・0.8差)

騎手:小崎綾也(54キロ)

8枠16番から押して押して先団2番手。

4角では早くも先頭に立ち、直線に入って抜け出しを計るが、坂の上りで外から来た2頭に交わされて3着。

外枠から先団につけ、道中は終始外目を回っていた。

坂での失速はそのためだろう。

まずまずの競馬はしていると思う。

20/8/8 2歳未勝利

新潟 芝1600m(外)稍重

着順:1着(1.35.3・-0.7差)

騎手:福永祐一(54キロ)

8枠17番からスタート良く先団の4番手あたりにつける。

雨の降る稍重馬場にしてはペースは流れた。

4角4番手で直線に向き、残り200mで抜け出してくると、あとは後続を突き放して4馬身差のゴール。

なかなかの先行力。道悪も巧そう。

【期待できる能力】

  • 先行力
  • 道悪適正

20/8/30 新潟2歳S(G3)

新潟 芝1600m(外)

着順:1着(1.34.6・-0.3差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

大外11番から先団に取り付こうとするが、ペースが速いと見たか、道中はそれほど無理はせず中団の前あたり。

4角は5番手で直線に向き、直線は残り200mで先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

逃げ馬が大逃げを打ったが、全体のペースもそこそこ流れた。

それでもショックアクションの上りは34.1秒とまずまず。

乾いた良馬場でも力を出せるところを示した。

【期待できる能力】

  • 瞬発力

ショックアクションの脚質

ここ3戦すべて外枠だが、しっかりと前目で競馬が出来ている。

前目で押し切る競馬も可能だが、末脚もそこそこ出せそう。

ショックアクションの血統背景

父はグレンイーグルス(ND系サドラーズウェルズ)。

グレンイーグルスは主に欧州で走り、芝の7F(約1400m)、8F(約1600m)のG1で4勝を挙げた。

母の父はファストネットロック(ND系デインヒル)。

ファストネットロック父は豪州で走り、芝の1000~1200mで活躍(G1は2勝)。

ショックアクションの次走

次走は12月20日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「朝日杯フューチュリティS(G1)」。

先行力があり、スタミナもそこそこありそうなので、無様な競馬にはならないだろうが、このレースが阪神開催になってから、ノーザンダンサー系種牡馬の戦績は(0-1-1-13)と振るわない。2、3着に来ている馬も、母父はサンデー系。

勝ち負けは微妙。

 

その他、朝日杯フューチュリティS (G1)の注目馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】