ホウオウアマゾンのキャリアはまだ4戦なので、近走のみを振り返る。

ホウオウアマゾンのここまでの走り

20/6/14 2歳新馬

阪神 芝1600m(外)稍重

着順:2着(1.37.8・0.7差)

騎手:川須栄彦(54キロ)

道中は3番手。

4角も3番手で直線に向き、先に抜け出していたフラーズダルムを追うが、その差は詰まらず。

2着でも4馬身差は開けられすぎ。

20/7/4 2歳未勝利

阪神 芝1600m(外)重

着順:1着(1.36.1・-0.2差)

騎手:川田将雅(54キロ)

スタート良く道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、残り300mで先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

重馬場ながら、走破時計も上り時計も前走を上回った。

【期待される能力】

  • 道悪適正

20/9/19 野路菊S(2歳・OP)

中京 芝1600m 良

着順:1着(1.35.4・-0.3差)

騎手:松山弘平(54キロ)

小頭数の1枠1番からハナへ。

道中はスローのマイペース。

4角も先頭で直線に向くと、残り200mで後続との差は2馬身ほど。

そして最後までその差を保ったままゴール。

自身の上がりは34.1秒。

中京の急坂でまずまずの末脚を披露した。

【期待される能力】

  • 瞬発力
  • パワー

20/11/14 デイリー杯2歳S(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:2着(1.32.4・アタマ差)

騎手:松山弘平(55キロ)

1枠1番からハナを切るかに見えたが、外からスーパーウーパーが主張してきたために控えて2番手。

道中はスーパーウーパーがハイラップを刻んで締まった流れ。

4角2番手で直線に向くと、直線入口では早々に先頭に立つが、内から追い上げて来たレッドベルオーブ交わされかける。

しかし簡単には抜かせないホウオウアマゾンは残り200mから併せ馬の状態で応戦。

激しい叩き合いの末、ゴール前はアタマ差出られて2着。

最後はアタマ差交わされたとは言え、レコード結着のアタマ差。

道中のハイラップを2番手で追走していたことを考えると負けて強しの内容。

【期待される能力】

  • SP持続力

ホウオウアマゾンの脚質

これまでは枠順に恵まれていた感はあるが、そこそこの先行力はあり、容易に先手が取れる強みがある。

末脚もなかなか切れそうだが、前目に取り付いて押し切る競馬で強さを発揮しそう。

ホウオウアマゾンの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

母は2010年の「京都牝馬S(G3・芝1600m)」を勝ったヒカルアマランサス

母の父は2001年、無敗で「皐月賞」を制したアグネスタキオン(サンデー系)。

ホウオウアマゾンの次走

次走は12月20日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「朝日杯フューチュリティS(G1)」。

阪神1600mはすでに3戦して(1-2-0-0)。

走り慣れたコースと言うアドバンテージはあるはず。

前走も強い内容だけに、展開次第ではここでは逆転の可能性も。

 

その他、朝日杯フューチュリティS (G1)の注目馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】