2022年8月14日【関屋記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ダノンザキッドの好走パターンを分析。

ダノンザキッドの距離適性

ダノンザキッドはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-2-2)
  • 芝1800m(2-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-1-1)

どのあたりが向いているのか? まだはっきりとは分からない。

ダノンザキッドの脚質

先行押し切り、中団あたりからの末脚。

先行力はある方なので、好位に取り付いて直線で抜け出す競馬が合ってそう。

ただここまで3着以内に入ったレースは、すべて緩い流れの競馬。

そこそこ流れたレースでは、接触やら馬体減り、出遅れなど、どれもまともに勝負をしてくれていない。

本当のところの実力が計りかねる一頭。

ダノンザキッドのコース適正

ダノンザキッドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(1-0-0-2)
  • 中山(1-0-1-2)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-1-0)
  • 小倉(未)

ダノンザキッドの持ち時計(ベストタイム)

ダノンザキッドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.5 6着(東京)
  • 芝1800m:1.47.5 1着(東京)
  • 芝2000m:2.02.3 3着(中山)

スピード勝負は向いてなさそう。

ダノンザキッドの重馬場適正

ダノンザキッドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ダノンザキッドはまだ道悪の経験はないが、「新馬戦」で稍重の馬場で圧勝している。

父のジャスタウェイも不良馬場の「安田記念」で勝利しているので、重馬場を走ってきても不思議ではない。


ダノンザキッドの鉄砲実績(休み明け)

ダノンザキッドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-2-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ダノンザキッドのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-1-1)
  • 中6~8週(未)

ダノンザキッドの枠順適正

ダノンザキッドの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(0-0-1-1)
  • 10~14番(2-0-1-0)
  • 15~18番(0-0-0-2)

ダノンザキッドの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(2-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-2-0)
  • 57キロ(0-0-1-1)
  • 58キロ(0-0-0-1)

ダノンザキッドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-1-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-1)

ダノンザキッドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 496~528キロ

ダノンザキッドの血統背景

父は2013年の「「天皇賞(秋)」、2014年の「ドバイデューティフリー(芝1800m)」、「安田記念」を勝ったジャスタウェイ

母の父はダンシリ(ND系デインヒル)。

ダンシリはフランスのマイル重賞を3勝。

ダノンザキッドのここまでの走り

20/6/28 2歳新馬

阪神 芝1800m 稍重

着順:1着(1.48.3・-0.5差)

騎手:北村友一(54キロ)

道中は中団の前あたり。

4角手前で好位へ進出、4角4番手の外で直線に向くと、直線入口では抜け出して、あとは後続を引き離すだけ。

新馬戦としてはそこそこペースで流れた。

稍重で時計のかかる馬場で後続に3馬身つけたあたり、パワーがありそう。

【期待される能力】

  • パワー

20/11/23 東スポ杯2歳S(G3)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.47.5・-0.2差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は3番手。

4角も3番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い込んで、坂の途中で先頭を捉えると、そのまま押し切ってゴール。

おそらくこの馬自身、ペース的には新馬戦より緩かったのではないか。

ちなみに、昨年コントレイルがこのレースを勝ったときの前半1000mが58.8秒で、コントレイルの上りが33.1秒。

今年の前半1000mは60.5秒で、ダノンザキッドの上りは33.5秒。

そこそこの瞬発力はありそうだが、群を抜いているような印象はない。

【期待される能力】

  • 先行力
  • 瞬発力

20/12/26 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.02.8・-0.2差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は先団3~4番手。

4角3番手で、大外を回して直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げて坂下で先頭、あとは内で粘るオーソクレースの抵抗を凌いでゴール。

またしても緩い流れのレースとなったが、こういう展開では持ち前の先行力が生きる。

先行力とパワーを生かして快勝。

2020年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

21/3/7 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:3着(2.02.3・0.3差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団5番手あたり。

4角は4番手で直線に向き、上り最速34.2秒の脚で追い上げるが、3着までがやっと。

終いの伸びを計ったような乗り方。

この3着はあまり気にする必要はないだろうが、同世代では抜けた存在ではないことも再認識できた。

2021年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

21/4/18 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重

着順:15着(2.03.1・2.5差)

騎手:川田将雅(57キロ)

道中は先団3番を追走。

3角も4番手の外、4角も5番手の外で直線に向くが、直線に入ると急失速。

まさかの15着に沈んだ。

向正面での接触はあったが、それよりも馬体重。

馬体重は504キロで、前走比では-8キロだが、調教後の馬体重と比較すれば-14キロ。

レース前は発汗も目立っていた印象。

輸送に失敗したのでは?

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

21/10/23 富士S(G2)

東京 芝1600m 良

着順:4着(1.33.7・0.5差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は中団8番手の外。

4角はコーナーワークで順位を11番手の外に落としたが、直線は馬群の外目を追い込んで来る。

坂の途中から3着のタイムトゥヘヴンと一緒に駆け上がってくるが、ゴール前、少し甘くなって4着まで。

骨折の休み明け、馬体重+22キロに加えて、外枠16番から道中終始外々の距離ロスもかなりあった感じ。

1600mが初距離だということも加味すれば、まずまずの走りはできていたのではないか?

2021年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

21/11/21 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.32.8・0.2差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団8番手の外。

4角も8番手の外目で直線に向くと、直線も馬群の外目からの追い上げを見せるが、0.2差の3着まで。

まだまだ力不足と思っていたが、スローで弾ける末脚だけはこにおクラスでも通用しそう。

今回は通ったコースも良かった。

2021年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

22/2/27 中山記念(G2)

中山 芝1800m 良

着順:7着(1.47.8・1.4差)

騎手:川田将雅(55キロ)

スタート出遅れて道中は後方12番手あたり。

向正面で早々に順位を上げて行き、3角8番手、4角も8番手で直線に向くが、さすがに坂の上りでは脚が上がった感じで伸びを欠く。

スタートがすべてなのだろうが、この流れでどれくらいの力が出せるのか? 見て見たかった。

2022年 中山記念(G2)のラップ分析&回顧

22/6/5 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:6着(1.32.5・0.2差)

騎手:川田将雅(58キロ)

【レース前寸評】

高速決着になりやすこのレースには不向きだろう。

【結果】

道中2番手追走から、4角も2番手で直線に向き、直線は抜群の手応えで坂の上りで先頭に立つ。

坂を上りきって、残り100mを切っても先頭を譲らず頑張っていたが、ゴール前で外からの馬にドッと交わされての6着。

この馬向きの展開にはなったが、最後は外差し馬場にやられた感じ。

展開がはまっただけに、何とも惜しい敗戦。

2022年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

22/8/14 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m(外)稍重

着順:3着(1.33.4・0.1差)

騎手:川田将雅(57キロ)

【レース前寸評】

この馬、はっきり言って安定感はない。

いつものように、道中の流れが緩くなればそこそこ走ってくるが、道中のペースが流れると、まったくもって未知数。

【結果】

道中は中団の前目6番手を追走。

4角も6番手で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い上げに入るが、終い32.6秒の脚でも届かなかった。

スローペースはこの馬の十八番だが、今回は何と言っても遅すぎた。

何とも不運だが、この馬らしいと言えばこの馬らしい負け方。

2022年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

次走、毎日王冠(G2)に向けて

次走は、10月9日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「毎日王冠(G2)」。

安定感に欠ける馬だが、小頭数だけに、緩い流れになれば、前々での粘り込みは十分にある。

 

⇒その他、毎日王冠(G2)の出走馬を分析