オーソクレースのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

オーソクレースのここまでの走り

20/8/9 2歳新馬

札幌 芝1800m 良

着順:1着(1.51.3・-0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

出遅れて道中は中団あたり。

4角は外を回して直線へ向き、直線は馬群の外目から追い込んで、ゴール前は、前の3頭をまとめて交わしてゴール。

自身の上りは33.9秒。

道中はドスローの展開だったが、札幌の芝で33秒台の脚、脚力を見せた。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/10/24 アイビーS (2歳・L)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.48.1・クビ差)

騎手:池添謙一(55キロ)

スタート出遅れて後方から。

4角も7番手で直線に向き、直線は馬群の中を割って伸びてきた。

ゴール前ラーゴムが食い下がってくるが、クビ差凌いでゴール。

自身の上りはメンバー最速の34.2秒。

稍重あがりの少し重い馬場を考えるとまずまず。

馬込みを気にしない気性も良い。

20/2/26  ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:2着(2.03.0・0.2差)

騎手:ルメール(55キロ)

今走はスタート五分で道中2~3番手の好位で追走。

4角は2番手の内で直線に向き、直線も馬場の内目を鋭く伸びて、坂の手前では外からダノンザキッドに競られるが、坂の途中でまた盛り返したかのように見えたが、ゴール前は少し甘くなって2着まで。

レース後の談話では、4角で前のランドオブリバティが逸走した際にびっくりしてブレーキをかけたとのこと。

それがなければ勝ち切れていたかも?だが、いずれにしても力は示した。

2020年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

21/9/20  セントライト記念(G2)

中山 芝2200m 良

着順:3着(2.12.7・0.4差)

騎手:ルメール(56キロ)

道中は中団の前、5~6番手。

4角は8番手で直線に向き、直線では馬群の中ほどから追い込んでくるが、前の2頭には離されての3着。

さすがに「ホープフルS」の2着馬、ここでもしっかり力は示した。

しかしこの3着が実力なのか? それとも長期休養でまだ余裕残しなのか?

ちょっと判断が難しい。

2021年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧


オーソクレースの脚質

スタートがあまり良くない馬だが、後ろからでも前からでも競馬はできる。

瞬発力とSP持続力。

ただ、2020年の「ホープフルS」のレベルはあまり高くはないと思っているので、この馬の力もまだ未知なところが多い。

オーソクレースの血統背景

父は2013年の「菊花賞」、2014年の「ジャパンカップ」を勝ったエピファネイア(ロベルト系)。

母は2015年の「エリザベス女王杯」、2016年の「宝塚記念」を勝ったマリアライト

母の父はディープインパクト

エピファネイアとディープインパクトの組み合わせでは、2020年の「菊花賞」でコントレイルのハナ差の2着に迫ったアリストテレス(母はブルーダイアモンド)。

次走、菊花賞(G1)に向けて

次走は10月24日(日)、阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「菊花賞(G1)」。

前走はコメントからも「完調手前」とのこと。

となると、叩いたここでは当然実力上位ということになる。

血統的には推せる馬だが、実力的にはイマイチ不透明。

 

⇒その他、2021・菊花賞(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)