オーソクレースのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

オーソクレースのここまでの走り

20/8/9 2歳新馬

札幌 芝1800m 良

着順:1着(1.51.3・-0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

出遅れて道中は中団あたり。

4角は外を回して直線へ向き、直線は馬群の外目から追い込んで、ゴール前は、前の3頭をまとめて交わしてゴール。

自身の上りは33.9秒。

道中はスローの展開だったが、札幌の芝で33秒台の脚、脚力を見せた。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/10/24 アイビーS (2歳・L)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.48.1・クビ差)

騎手:池添謙一(55キロ)

スタート出遅れて後方から。

4角も7番手で直線に向き、直線は馬群の中を割って伸びてきた。

ゴール前ラーゴムが食い下がってくるが、クビ差凌いでゴール。

自身の上りはメンバー最速の34.2秒。

稍重あがりの少し重い馬場を考えるとまずまず。

馬込みを気にしない気性も良い。

オーソクレースの脚質

現状ではスタートがあまり良くない。

なのでポジションも後方寄りになりやすい。

しかし瞬発力はそこそこあるので、直線一気の追い込みは期待できる。

オーソクレースの血統背景

父は2013年の「菊花賞」、2014年の「ジャパンカップ」を勝ったエピファネイア(ロベルト系)。

母は2015年の「エリザベス女王杯」、2016年の「宝塚記念」を勝ったマリアライト

母の父はディープインパクト

エピファネイアとディープインパクトの組み合わせでは、2020年の「菊花賞」でコントレイルのハナ差の2着に迫ったアリストテレス(母はブルーダイアモンド)。

オーソクレースの次走

次走は12月26日(土)、中山競馬場 芝2000mで行われる「ホープフルS(G1)」。

末脚はあるがスタートが不安。

 

その他、ホープフルS(G1)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】