2022年11月13日【福島記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アラタの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

アラタの距離適性

アラタはこれまでに芝2000m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(3-0-2-7)
  • 芝2200m(1-1-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(1-0-0-0)

中距離は問題なく走る。

この先どこまで距離が延びるか?

アラタの脚質

緩い流れを前目にポジションを取って流れ込む競馬。

中団からだと終いの脚はジリジリとしか伸びないため、前目にポジションが取れないと絶望的。

だが、中団からでも、レースの上りが36秒後半あたりに差し掛かってくると、ジリ脚がジリジリと届いてしまうパワー系。

いずれにしても、極端な展開で浮上してくる馬。

アラタのコース適正

アラタの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(2-0-0-1)
  • 福島(0-0-2-0)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(2-0-0-2)
  • 中京(1-1-0-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

洋芝や、直線急坂といったパワーを要する競馬場で好走している。

アラタの持ち時計(ベストタイム)

アラタの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.58.1 8着(中京)
  • 芝2200m:2.14.2 1着(中山)
  • 芝2400m:2.25.2 14着(東京)
  • 芝2600m:2.42.1 1着(函館)

速い時計、高速馬場には縁がなさそう。

アラタの重馬場適正

アラタの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-1)
  • 重(1-1-0-3)
  • 不良(未)

道悪は問題にしないが、上り時計はそこそこかからないとダメ。


アラタの鉄砲実績(休み明け)

アラタの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(2-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(未)

アラタのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(2-1-0-1)
  • 中6~8週(1-0-1-5)

アラタの枠順適正

アラタの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-1-3)
  • 5~9番(3-1-0-4)
  • 10~14番(2-0-1-1)
  • 15~18番(未)

アラタの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(1-1-2-4)
  • 57キロ(2-0-0-2)

アラタの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-1-0-4)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-2-1)

アラタの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~466キロ

アラタの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー)。

母の父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック)。

近親にはワンカラット(フィリーズレビュー、函館SS、キーンランドC、オーシャンS)。

アラタの近走

21/11/14 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:3着(1.59.9・0.7差)

騎手:大野拓弥(56キロ)

道中は後方集団の真ん中あたり、9~10番手。

4角は9番手の大外を回して直線に向き、直線も馬群の外目から上り最速の脚で追い込んではくるが、2着にも届かない。

連勝は4連勝で途切れたが、力はしっかりと示した。

今回は仕方がない。

2021年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧

22/3/13 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良

着順:8着(1.58.1・0.9差)

騎手:大野拓弥(56キロ)

道中は中団の後ろ、8番手を追走。

4角は10番手の内で直線。

直線は馬場の最内から追い上げを計るが、良い脚は出せずに8着どまり。

あの位置取りから、レースの上りが34.6秒では歯が立たない。

2022年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

22/5/14 都大路S(L)

中京 芝2000m 稍重

着順:5着(2.00.8・0.3差)

騎手:浜中俊(57キロ)

1枠1番からハナを切る。

前半1000mの通過が62.1秒のいいペースで逃げ、4角はシフルマンに並びかけられながら直線。

直線も坂の上りまではなんとか抵抗していたが、坂のを上りきったところで狭い間をこじ開けて来たパトリックと接触。

そこで勢いをそがれてしまった感じ。

マイペースの逃げに持ちこみ、いいとろまでは行ったのだが、接触がなければどうだったか?

22/7/17 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 重

着順:6着(2.04.7・1.1差)

騎手:横山武史(56キロ)

道中は中団の前、6番手の外を追走。

終始外々を回っていたせいか、3~4角ではちょっと手ごたえが怪しい。

4角は6番手で直線に向くが、直線では伸びずバテずの6着まで。

この馬は決して道悪が悪いわけではないだろうが、今回は前目の位置取りが裏目に出たか?

2022年 函館記念(G3)のラップ分析&回顧

2022/8/21 札幌記念(G2)

札幌 芝2000m 良

着順:4着(2.01.5・0.3差)

騎手:横山武史(57キロ)

【レース前寸評】

展開があまり向きそうにないのと、このメンバー構成では、ちょっと力が及ばない感じ。

【結果】

道中は中団6番手。

4角も6番手で直線に向くと、直線はジワジワとだが確実に伸びて、ゴール前ではソダシを交わして4着に入った。

こういう消耗戦は得意な馬。

2022年 札幌記念(G2)のラップ分析&回顧

22/11/13 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:3着(2.00.6・0.4差)

騎手:大野拓弥(56キロ)

【レース前寸評】

上りがかかってナンボの馬なので、このレースには向いている。

消耗戦になって浮上。

【結果】

道中は逃げ馬から12馬身離れた第三集団。

4角は6番手で先頭を追ったが、3着が精一杯。

こういう展開になると上位には食い込める馬。

特に新たな発見はない。

2022年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧