2021年9月11日【ムーンライトH】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、フライライクバードの好走パターンを分析。

フライライクバードの距離適性

フライライクバードはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-0-1)
  • 芝2000m(0-1-1-0)
  • 芝2200m(2-1-0-1)
  • 芝2400m(2-0-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

2200mまでは十分に戦えそうだが、それ以上になると、オープンクラスのペースではやや不安が残る。

フライライクバードの脚質

前目のポジションからの押し切り、中団で脚を溜めてからの差しが有効。

ただ、スピードの持続力や末脚のキレがオープンクラスで通用するか否かはいささか不安が残る。

当面はクラス慣れが必要かも。

現状ではペースが緩んでの前残りや、上りのかかる展開での差し、あたりが好走パターンか?

フライライクバードのコース適正

フライライクバードの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(2-1-1-0)
  • 京都(0-2-0-1)
  • 阪神(2-0-0-2)
  • 小倉(未)

中京コースは得意にしている。

フライライクバードの持ち時計(ベストタイム)

フライライクバードの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.49.1 2着(京都)
  • 芝2000m:2.00.0 3着(中京)
  • 芝2200m:2.11.2 1着(中京)
  • 芝2400m:2.23.8 8着(東京)
  • 芝3200m:3.16.7 9着(阪神)

2200mの時計はそこそこ速い。

フライライクバードの重馬場適正

フライライクバードの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

フライライクバードの鉄砲実績(休み明け)

フライライクバードの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

フライライクバードのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-3)
  • 中6~8週(未)

フライライクバードの枠順適正

フライライクバードの馬番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-1)
  • 5~9番(1-2-1-0)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

フライライクバードの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-0-1)
  • 55キロ(0-2-0-1)
  • 56キロ(4-0-0-2)
  • 57キロ(0-0-1-0)

フライライクバードの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(1-3-0-1)

フライライクバードの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~472キロ

フライライクバードの血統背景

父はスクリーンヒーロー(ロベルト系/ジャパンカップ、秋天2着)。

母の父はシンボリクリスエス(ロベルト系/秋天連覇、有馬記念連覇、日本ダービー2着)。

次走、アルゼンチン共和国杯(G2)に向けて

次走は11月7日(日)、東京競馬場 芝2500m(内) で行われる「アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

相手関係は手薄なので、ペースが緩めば上位食い込みもある。

 

⇒その他、2021・アルゼンチン共和国杯(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)