2022年7月24日【中京記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、モズナガレボシの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

モズナガレボシの距離適性

モズナガレボシはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-1-1)
  • 芝2000m(2-0-2-5)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-1-0-0)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(1-0-0-1)

ベストは2000mあたり。

上りが相当かかってくれば、それ以上の距離でも食い込める。

モズナガレボシの脚質

中団あたりに控えて終いを生かす競馬だが、終いの脚は決してキレる脚ではないので、位置取りが後ろすぎると勝負にならない。

好走パターンはタフな展開、タフな馬場。

上り時計がかかってくる展開になると上位食い込みのチャンス到来。

2000m前後の距離でレースの上りが35秒台後半。

それ以上の距離だと36秒以上は欲しい。

現状では、道悪や上りのかかる展開で一考レベル。

モズナガレボシのコース適正

モズナガレボシの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-1)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-3)
  • 新潟(1-0-1-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-1-1-1)
  • 小倉(2-0-0-1)

基本的に直線平坦コースが好きそう。

モズナガレボシの持ち時計(ベストタイム)

モズナガレボシの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.7 3着(新潟)
  • 芝2000m:1.58.9 7着(福島)
  • 芝2200m:2.12.9 9着(中京)
  • 芝2400m:2.27.2 2着(阪神)
  • 芝2500m:2.32.9 16着(東京)
  • 芝2600m:2.39.2 1着(小倉)

基本的に速い時計の決着には向いてそうにない。

モズナガレボシの重馬場適正

モズナガレボシの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-1-1)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪というか、上りの要する条件は得意。


モズナガレボシの鉄砲実績(休み明け)

モズナガレボシの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

(ダートを含む)

  • 10週以上(1-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-2-2)
  • 3戦目(1-2-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(2-2-1-4)

モズナガレボシのローテーション適正

(ダートを含む)

  • 連闘(0-1-1-2)
  • 中1~2週(2-4-2-8)
  • 中3~5週(0-0-0-2)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ほとんどが中1~2週、または連闘で使われているタフな馬。

モズナガレボシの枠順適正

モズナガレボシの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-2)
  • 5~9番(2-0-2-3)
  • 10~14番(1-1-0-3)
  • 15~18番(0-0-0-1)

モズナガレボシの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-1-5)
  • 56キロ(0-1-1-2)
  • 57キロ(0-0-1-0)

モズナガレボシの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-1-1-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-4)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-1)

モズナガレボシの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~500キロ

モズナガレボシの血統背景

父はグランプリボス(ナスルーラ系プリンスリーギフト/朝日杯FS、NHKマイルC、安田記念2着、マイルCS2着)。

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC、ジャパンカップダート)。

モズナガレボシの近走

21/8/15 小倉記念(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 稍重

着順:1着(1.59.7・-0.1差)

騎手:松山弘平(53キロ)

道中は後方7~8番手。

4角手前はそこそこ内にいながら、そこから強引に大外を回して、それでも直線で届いてしまう。

レースの流れと外差し馬場、それにハンデの53キロ。

格上挑戦でもこれだけ条件が揃えば勝てて当然かも。

2021年 小倉記念(G3)のラップ分析&回顧

21/11/14 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:11着(2.00.9・1.7差)

騎手:西村淳也(55キロ)

道中は後方12番手あたり。

4角は13番手で直線に向くが、直線でも見せ場なし。

上りのかかる得意の展開だが、あえなく撃沈。

あの位置取りからでは無理がある。

2021年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧

21/12/4 チャレンジC(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:7着(2.02.0・1.0差)

騎手:松山弘平(56キロ)

道中は3番手追走。

道中の流れは超が二つくらい付くほどのスローペース。

4角も3番手で直線に向き、坂の途中あたりまでは2番手争いで踏ん張っていたが、そこからは切れ味の差がモロに出た感じ。

このスローペースでは、キレ味が足りない。

2021年 チャレンジカップ(G3)のラップ分析&回顧

22/1/16 日経新春杯(G2・ハンデ)

中京 芝2200m 良

着順:9着(2.12.9・1.2差)

騎手:松山弘平(55キロ)

1枠1番から道中は先団4番手の内。

4角も4番手の内で直線に向き、直線は坂の上りまでは何とかかんとか粘ってはいたが、残り100mあたりで失速。

残り100mまでは粘れていたが、この距離だともう少し上りがかかって欲しい。

2022年 日経新春杯(G2)のラップ分析&回顧

22/5/8 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:4着(1.58.0・0.3差)

騎手:菱田裕二(55キロ)

道中2番手追走から、4角も2番手。

直線は残り400mあたりで先頭に立つと、そのまま粘り込みを計るが、ゴール前で後続3頭に交わされての4着。

レースの上り35.1秒でこの着差なら大健闘。

やはりこの馬、新潟は走る。

2022年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

22/5/29 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:16着(2.32.9・0.8差)

騎手:菅原明良(55キロ)

道中は中団前目、6番手の外を追走。

4角も6番手の外で直線に向き、直線は坂の上りまではなんとか順位をキープしながら粘っていたが、残り200mで馬群に沈んだ。

もう少し上りがかかってくれば粘り込んでくるのだろうが、基本的にこの距離は長い。

2022年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

22/7/10 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:1着(1.58.9・1.1差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

道中は後方15番手を追走。

4角も15番手で直線に向き、それなりの脚で詰めてはくるが、あの位置取りからではノーチャンス。

位置取りも悪かったが、速い時計もあまり得意ではない。

2022年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

22/7/24 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:12着(1.46.7・0.8差)

騎手:荻野極(55キロ)

【レース前寸評】

上り時計がかかってくれば、上位に食い込むチャンスも出て来る。

【結果】

道中は中団の後ろ10番手あたりから、4角13番手の外目で直線に向くが、直線では見せ場なし。

この馬が食い込める馬場、展開ではなかった。

2022年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

次走、小倉記念(G3)に向けて

次走は8月14日(日)、小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

上りがかかってなんぼの馬。速い小倉の馬場では厳しそう。

 

⇒その他、小倉記念(G3)の出走馬を分析