2021年11月14日【福島記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、モズナガレボシの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

モズナガレボシの距離適性

モズナガレボシはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-1-0)
  • 芝2000m(2-0-2-2)
  • 芝2400m(0-1-0-0)
  • 芝2600m(1-0-0-1)

おそらくベストは長目の距離ではないか?

モズナガレボシの脚質

中団、または後方に控えて終いを生かす競馬だが、終いの脚は決してキレる脚ではない。

しかし、タフな展開、タフな馬場で、上り時計がかかってくると上位食い込みのチャンスが出て来る。

現状では、道悪や上りのかかる展開で一考レベル。

モズナガレボシのコース適正

モズナガレボシの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-1)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-2)
  • 新潟(1-0-1-0)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-1-1-0)
  • 小倉(2-0-0-0)

小回り、内回りの方が戦いやすいだろう。

モズナガレボシの持ち時計(ベストタイム)

モズナガレボシの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.7 3着(新潟)
  • 芝2000m:1.59.7 1着(小倉)
  • 芝2400m:2.27.2 2着(阪神)
  • 芝2600m:2.39.2 1着(小倉)

速い時計の決着は向いてそうにない。

モズナガレボシの重馬場適正

モズナガレボシの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-1-1)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪というか、上りの要する条件は得意。


モズナガレボシの鉄砲実績(休み明け)

モズナガレボシの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

(ダートを含む)

  • 10週以上(1-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-2-0)
  • 3戦目(1-2-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(2-2-1-4)

モズナガレボシのローテーション適正

(ダートを含む)

  • 連闘(0-1-1-2)
  • 中1~2週(2-4-2-5)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ほとんどが中1~2週、または連闘で使われているタフな馬。

モズナガレボシの枠順適正

モズナガレボシの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(2-0-2-2)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(未)

モズナガレボシの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-1-1)
  • 56キロ(0-1-1-1)
  • 57キロ(0-0-1-0)

モズナガレボシの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-1)

モズナガレボシの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~500キロ

モズナガレボシの血統背景

父はグランプリボス(ナスルーラ系プリンスリーギフト/朝日杯FS、NHKマイルC、安田記念2着、マイルCS2着)。

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC、ジャパンカップダート)。

モズナガレボシの近走

21/8/15 小倉記念(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 稍重

着順:1着(1.59.7・-0.1差)

騎手:松山弘平(53キロ)

道中は後方7~8番手。

4角手前はそこそこ内にいながら、そこから強引に大外を回して、それでも直線で届いてしまう。

レースの流れと外差し馬場、それにハンデの53キロ。

格上挑戦でもこれだけ条件が揃えば勝てて当然かも。

2021年 小倉記念(G3)のラップ分析&回顧

21/11/14 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:11着(2.00.9・1.7差)

騎手:西村淳也(55キロ)

道中は後方12番手あたり。

4角は13番手で直線に向くが、直線でも見せ場なし。

上りのかかる得意の展開だが、あえなく撃沈。

まあ、55キロを背負って、OPクラスの馬が相手ならこれくらいが実力だろう。

2021年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧

次走、チャレンジカップ(G3)に向けて

次走は12月4日(土)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「チャレンジカップ(G3)」。

まだ中央場所の重賞では荷が重いだろう。

 

⇒その他、2021・チャレンジカップ(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)