2020年5月31日【目黒記念】終了時点までのデータをもとに、アフリカンゴールドの好走パターンを分析。

アフリカンゴールドの距離適性

アフリカンゴールドはこれまでに、芝2000m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-0-0-4)
  • 芝2200m(1-1-0-0)
  • 芝2400m(3-1-0-4)
  • 芝2500m(0-0-1-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

芝2000m(0-0-0-4)

大敗しているのは新馬戦や未勝利戦。

古馬になってからの「マレーシアカップ(1600万下」では0.1差の4着。

決して走れない距離ではないと思う。

芝2200m(1-1-0-0)

2戦して1勝、2着が1回。

特に勝利を収めた「渥美特別(500万下)」は、逃げ馬の大逃げがあったとはいえ、前半速めのキツいペースを3番手から押し切った。

走破時計もこのクラスとしては優秀で、この1勝は評価できる内容。

芝2400m~2500m(3-1-1-5)

この距離は安定感抜群。

ただ、3.1差の15着に大敗した「日経新春杯(G2)」は、ハイペースに巻き込まれたにしても敗けすぎの感はある。

芝3000m(0-0-0-1)

「菊花賞(G1)」で1.7差の12着。

アフリカンゴールドの適距離

2500m前後で持ち味を発揮できそう。

アフリカンゴールドの脚質

アフリカンゴールドの好走時の脚質は主に「先行策」。

先行力のある馬で、大抵のレースでは先手を取れている。

切れ味が期待できない分、先手を取って持続力を生かす競馬がこの馬の持ち味。

ペースはそこそこ流れた方が持ち味を発揮する。

逆にスローになると取りこぼしも。

アフリカンゴールドのコース適正

アフリカンゴールドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-1-2)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-2-0-5)
  • 阪神(1-0-0-2)

特に苦手としている競馬場の傾向は見当たらない。

アフリカンゴールドの持ち時計(ベストタイム)

アフリカンゴールドの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝2000m:2.00.9 4着(0.1差・中京)
  • 芝2200m:2.11.9 1着(-0.4差・中京)
  • 芝2400m:2.25.4 2着(0.1差・京都)
  • 芝2500m:2.30.3 11着(0.7差・東京)
  • 芝3000m:3.07.8 12着(1.7差・京都)

芝2200mの時計は、500万クラスとしては優秀。

反面、芝2400mの時計は、出走機会が一番多い距離にしては平凡。

アフリカンゴールドの重馬場適正

アフリカンゴールドはこれまでに、道悪競馬の経験はないが、稍重馬場なら2鞍。

  • 稍重(0-0-0-2)

道悪、荒れ馬場はあまり得意ではなさそう。

アフリカンゴールドの近走診断

19/4/29 烏丸S(1600万下)京都芝2400m

着順:2着(0.1差)騎手:松若風馬(56キロ)

緩いペースを2番手で追走。

直線入り口では先頭に並びかけるが、直線残り200mで3番手を追走していたレノヴァールにあっさり交わされて2着。

少し物足りない内容。

19/7/13 マレーシアカップ(3勝クラス)中京芝2000m 稍重

着順:4着(0.1差)騎手:川田将雅(57キロ)

去勢手術明けの一戦。

距離を2000mに短縮してきたが、おあつらえ向きのスローペースで、追走に戸惑うこともなく4番手を追走。

直線は4頭の追い比べになるが、0.1差届かず4着。

手術明けとしてはまずまずか。

19/10/6 六社S(3勝クラス)東京芝2400m

着順:1着(-0.2差)騎手:福永祐一(56キロ)

中盤に13秒台のラップが2つ並ぶ緩い展開。

先団の好位4番手で脚をためたアフリカンゴールドがゴール前抜け出してゴール。

アフリカンゴールドの切れ味というよりも、他の馬に切れがなかっただけのような印象。

強い勝ち方には見えない。

19/11/3 アルゼンチン共和国杯(G2)東京芝2500m

着順:3着(0.2差)騎手:ルメール(55キロ)

1枠1番ながら、いつものように先行できない。

かなり緩いペースということで、道中引っかかり気味。

すんなり先手が取れていればもう少しやれたかもだが、もともとスローはあまり良くない。

20/1/19 日経新春杯(G2・ハンデ)

京都 芝2400m(内)良 14頭

着順:11着(2.28.1・1.2差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は中団で、4角では3番手で直線。

直線もそこそこ応戦するが、残り200mでバッタリ。

京都の馬場は引き続き時計のかかる馬場。

馬場が合わなかったのか?

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:10着(2.26.6・0.8差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

道中は先団にポジションを取って追走。

ペースはウラヌスチャームが逃げてラップを刻む超スロー。

4角は5番手の内で直線に向くが、イマイチ伸びを欠いて0.8差の10着。

レースの上りが33.6秒で、この馬にとっては苦手な決め手の勝負。

それにしても、ちょっと負け過ぎ。

前走、今走と、条件が合わなかった面はあるかもしれないが、ちょっと精彩を欠いている印象。

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良 18頭

着順:11着(2.30.3・0.7差)

騎手:福永祐一(55キロ)

先手は取れずにポジションは中団の後ろあたり。

3~4角で仕掛けて行って、4角は8番手の外で直線。

直線も馬場の外目から良い感じで追い上げて来るが、残り200mを過ぎてからは失速気味。

先手も取れずに、どこか元気がなさそう。

アフリカンゴールドの次走

次走は阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

前走からは中3週。

近走の絶不振の中、中2週 → 中3週でG1と言うローテはどうなのか?

距離やコースは合っていそうなだけに、ちょっともったいない気がする。