2022年4月3日【大阪杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アフリカンゴールドの好走パターンを分析。

アフリカンゴールドの距離適性

アフリカンゴールドはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-1-0-10)
  • 芝2200m(2-1-0-2)
  • 芝2400m(3-1-0-4)
  • 芝2500m(0-0-1-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

道中のペースは緩めの方が戦いやすいので、距離も長めの方がいい。

ペースさえ緩ければ、距離は2500mくらいは持つ。

アフリカンゴールドの脚質

逃げ、先行脚質。

ペースが落ち付くと前々で粘り込んでくる。

目安としては、前半1000mの通過が61秒を切る流れの場合は(1-0-0-10)。

前半1000mの通貨が61秒以上で(4-3-1-9)

ただ、道中のペースが速くなっても、上りが36秒前後かかってくればしぶとく残ってくるスタミナはある。

アフリカンゴールドのコース適正

アフリカンゴールドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-1-4)
  • 中山(未)
  • 中京(1-1-0-5)
  • 京都(1-2-0-5)
  • 阪神(2-0-0-5)
  • 小倉(未)

現状では、コースによる巧拙はあまり認められない。

アフリカンゴールドの持ち時計(ベストタイム)

アフリカンゴールドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.9 10着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.0 7着(阪神)
  • 芝2200m:2.11.9 1着(阪神)
  • 芝2400m:2.25.4 2着(京都)
  • 芝2500m:2.30.3 11着(東京)
  • 芝3000m:3.07.8 12着(京都)

速い時計の決着とは縁がない。

アフリカンゴールドの重馬場適正

アフリカンゴールドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-4)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪の巧拙はまだよく分からない。


アフリカンゴールドの鉄砲実績(休み明け)

アフリカンゴールドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-8)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-1-5)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

アフリカンゴールドのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-0-3)
  • 中3~5週(1-1-1-6)
  • 中6~8週(1-1-0-1)

アフリカンゴールドの枠順適正

アフリカンゴールドの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-1-8)
  • 5~9番(2-1-0-5)
  • 10~14番(2-0-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-1)

アフリカンゴールドの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(0-0-1-6)
  • 56キロ(3-2-0-4)
  • 57キロ(0-0-0-3)
  • 58キロ(0-0-0-1)

アフリカンゴールドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-7)
  • 3~5月(春):(1-2-0-6)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-3)

アフリカンゴールドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 460~468キロ

アフリカンゴールドの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系/香港ヴァーズ、春天2着、秋天2着、宝塚記念2着)。

母の父はゴーンウエスト(ミスプロ系)。

ゴーンウエストは米国で走り、ダートG1を1勝。主要距離はダートの短距離、マイル、中距離。

アフリカンゴールドの前走

22/2/13 京都記念(G2)

阪神 芝2200m(内)稍重

着順:1着(2.11.9・-0.2差)

騎手:国分恭介(56キロ)

7枠11番からハナを切ってまんまと逃げ切った。

前々走も17番人気で2番手追走からの2着。

こういう展開なら警戒すべき一頭になったが、もうないだろう。

2022年 京都記念(G2)のラップ分析&回顧

22/4/3 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)

着順:7着(1.59.0・0.6差)

騎手:国分恭介(57キロ)

外枠15番から道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線も坂下までは3着争いに加り、その後もズルズルとは行かず7着を確保。

前目から粘り込む競馬が板に付いて来た感じ。

今回は上りが35.8秒かかったのもよかったのだろう。

2022年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

次走、宝塚記念(G1)に向けて

次走は6月26日(日)、阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

前々からの競馬が板に付いて来た感じはあるが、このクラスでは穴はあかない。

 

⇒その他、宝塚記念(G1)の出走馬を分析