2022年9月11日【京成杯OH】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、インテンスライトの好走パターンを分析。

インテンスライトの距離適性

インテンスライトはこれまでに芝1500m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1500m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(3-2-3-6)
  • 芝1800m(1-0-0-4)
  • 芝2000m(0-1-0-3)

ベストは1600m。

インテンスライトの脚質

差す競馬でも好走歴はあるが、基本的には前々から粘りきる競馬が良さそう。

上りのかかる展開で粘ってくる底力タイプのよう。

もちろん緩い流れならそのまま押し切ってしまうが、キレ味勝負では後手を踏むだろう。

インテンスライトのコース適正

インテンスライトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-0)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-1-2-6)
  • 中山(3-2-1-5)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

良績は関東圏に集中。

軽い重いで言えば、重い芝だろう。

インテンスライトの持ち時計(ベストタイム)

インテンスライトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1500m:1.28.8 3着(札幌)
  • 芝1600m:1.32.7 6着(中山)
  • 芝1800m:1.46.7 5着(東京)
  • 芝2000m:1.58.6 4着(東京)

おそらく速い時計は不向きだろう。

インテンスライトの重馬場適正

インテンスライトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪は割引か。


インテンスライトの鉄砲実績(休み明け)

インテンスライトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-2-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-2-0)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-3)

インテンスライトのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-0-3)
  • 中3~5週(1-2-2-3)
  • 中6~8週(3-0-0-4)

インテンスライトの枠順適正

インテンスライトの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-1-2)
  • 5~9番(2-1-0-6)
  • 10~14番(2-0-3-4)
  • 15~18番(0-0-0-1)

インテンスライトの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(1-1-1-5)
  • 55キロ(0-1-1-0)
  • 56キロ(1-0-1-3)
  • 57キロ(1-1-1-3)

インテンスライトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-4-5)

インテンスライトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 482~502キロ

インテンスライトの血統背景

父はエイシンフラッシュ(ミスプロ系キングマンボ/日本ダービー、秋天、春天2着、有馬記念2着)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

フレンチデピュティは米国で走り、ダートの6~8F(約1200~1600m)で活躍。引退後は日本で多くの重賞ウイナーを輩出した。

京成杯オータムH(G3)の結果

【レース前寸評】

前々走の「ダービー卿CT」では54キロのハンデでまずまずの走り。ここでも54キロなら楽しみはある。

【結果】

0.3差の7着。

道中は中団で競馬を進めるが、直線では前の馬と同じ脚色で差は詰まらない。

この流れでは仕方ない。

2022年 京成杯オータムH(G3)のラップ分析&回顧