ピースオブエイトのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

ピースオブエイトのここまでの走り

21/7/11 2歳新馬

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.49.7・-0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

8頭立ての小頭数。

道中は中位の3~4番手を追走。

4角は3番手で直線に向き、直線は坂の上りで完全に抜け出した。

序盤はスローの流れだが、中盤あたりからは流れてきた。

新馬戦並みのスローの末脚勝負だが、瞬発力はありそうな馬。

22/3/6 アルメリア賞(3歳1勝クラス)

阪神 芝1800m(外)良

着順:1着(1.46.3・-0.1差)

騎手:岩田望来(56キロ)

7頭立ての小頭数。

道中は中位のやや後ろ、5番手の内を追走。

4角も5番手の内で直線に向き、直線は進路を外に取って追い上げに入り、いい伸び脚で坂下で先頭に立つと、あとは内から食い下がるジュンブロッサムの追撃を振り切ってゴール。

小頭数ながら道中のペースはこのクラスにしてはそこそこ流れた。

今回も中団からの差し切り勝ち。

終いの脚はペースに関わらず確実に繰り出してくる。

22/3/26 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m(外)稍重

着順:1着(1.47.5・-0.1差)

騎手:藤岡祐介(56キロ)

4枠4番からスタートはやや出遅れるが、二の脚で楽々とハナへ。

レース内容はラップ分析に書いた通り。

最後の直線での急坂では、2着のベジャールに一旦は出られるが、そこからまた盛り返す勝負根性も見せた。

ここ2戦を見る限り、この馬、力はそこそこあるような感じ。

2022年 毎日杯(G3)のラップ分析&回顧


ピースオブエイトの脚質

中団、もしくは好位から、直線で抜け出してくる競馬。

瞬発力、持続力、底力など、基本的な能力はそこそこありそうな感じ。


ピースオブエイトの血統背景

父はスクリーンヒーロー(ロベルト系/ジャパンカップ、秋天2着)。

母の父はオアシスドリーム(ND系ダンチヒ)。

オアシスドリームは欧州、米国で走り、芝のG1を3勝。主要距離は芝の短距離。マイルG1にも参戦したが大きく敗れている。活躍している産駒の距離も、短距離の産駒が目立つ。

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「東京優駿(日本ダービー・G1)」。

ここまで底を見せていない上に、そこそこの力を持っていそうな馬。

要警戒。

 

⇒その他、日本ダービー(G1)の出走馬を分析