ゼノヴァースのキャリアはまだ3戦だけなので、近走の走りだけをふり返る。

ゼノヴァースの近走

19/10/27 2歳新馬 14頭立て

東京 芝1800m 良

着順:4着(1.51.0 0.1差)

騎手:ルメール(55キロ)

出遅れもあって中団の後ろから。

4角は外を回って直線に賭けるが、良い脚で迫ってはくるが0.1差届かず。

1~3着は4角3番手まで。

出遅れによる位置取りの差が響いたが、上りは最速33.5秒。

見どころはある。

19/11/9 2歳未勝利 9頭立て

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.50.8 0.4差)

騎手:ルメール(55キロ)

中1週でリベンジに臨むが、スタート決まらず後方7~8番手から。

4角は1団で追い上げに出るが、馬群をさばけずチグハグな競馬。

一瞬のキレはなさそう。

ギアがトップに入るまで時間を要するタイプ。

前走、今走のようなスローでは走りにキレがない。

19/12/14 2歳未勝利 17頭立て

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.00.8 -0.4差)

騎手:ルメール(55キロ)

スタートまずまずで3~4番手からの追走。

ペースが前2走まったく違い流れる展開。

4角ではすでに先頭に並びかける勢い。

加速がついて残り200mからは後続を引き離す一方。

最後は2馬身半つけてゴール。

この馬、ペースは流れた方が絶対に良い。

ゼノヴァースの次走

次走は中山芝2000mの「京成杯(G3)」。

流れが極端に落ち着くと後手を踏むが、ペースが流れてくれればある程度やれるんじゃないか?