2020年1月18日【愛知杯】終了時点までのデータをもとに、アルメリアブルームの好走パターンを分析。

アルメリアブルームの距離適性

アルメリアブルームはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-3)
  • 芝1800m(0-1-0-3)
  • 芝2000m(4-3-2-6)
  • 芝2200m(1-0-1-2)
  • 芝2400m(0-1-0-1)

ベストの距離は間違いなく2000m。

しかし、ハンデ戦で軽ハンデがもらえれば2200m、2400mでも走ってくる。

アルメリアブルームの脚質

先行して、もしくは中団から脚を伸ばして差してくる競馬。

キレッキレの脚ではないので、小回り、内回りでの好走が目立つ印象。

アルメリアブルームのコース適正

アルメリアブルームの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中山(0-0-0-1)
  • 京都(4-2-1-5)
  • 阪神(0-2-2-7)
  • 小倉(1-1-0-2)

どちらかと言えば関西が主戦場。

中山では体重を12キロ減らした。

長距離輸送が良くないか?

アルメリアブルームの持ち時計(ベストタイム)

アルメリアブルームの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.5 5着(0.8差・京都)
  • 芝1800m:1.45.7 6着(0.2差・阪神)
  • 芝2000m:1.59.7 1着(-0.1差・小倉)
  • 芝2200m:2.13.1 1着(-0.3差・京都)
  • 芝2400m:2.26.1 2着(ハナ差・阪神)

突出した時計はない。

パンパンの良馬場での高速決着、速い上りの瞬発力勝負には不向き。

アルメリアブルームの重馬場適正

アルメリアブルームの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-2)
  • 重(0-1-0-0)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪競馬は相当うまいのではないか。

アルメリアブルームの鉄砲実績(休み明け)

アルメリアブルームの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-3)

可もなく不可もなく。

アルメリアブルームの近走診断

19/9/8 ムーンライトH 11頭立て

阪神 芝1800m(外)良

着順:6着(1.45.7 0.2差)

騎手:松若風馬(54キロ)

当日は他のレースでレコードが出るほどの速い馬場。

先団に取り付いてレースを進めるも、外回りコースでレースの上りが33.2秒ではちょっと対応できない。

19/10/14 大原S(ハンデ) 12頭立て

京都 芝2000m(内)稍重

着順:1着(2.01.4 アタマ差)

騎手:北村友一(54キロ)

序盤は後方、3角過ぎから差を詰めて行き、直線は外に出して強襲。

残り100mで先団に並びかけ、ゴール前しっかり差し切った。

レースの上りは35.8。アルメリアブルームの上りは34.5。

道悪は強い。

19/11/10 エリザベス女王杯(G1) 18頭立て

京都 芝2200m(外)良

着順:8着(2.14.8 0.7差)

騎手:武豊(56キロ)

中団あたりで競馬を進めるが、レースはスローの上り勝負。

それでも自身の上りはメンバー3位の33.3秒。

初めてのG1で0.7差の8着なら上々。

鞍上の武騎手は「G3くらいなら通用する」とコメントを残した。

20/1/18 愛知杯(G3・ハンデ)16頭立て

小倉 芝2000m 重

着順:2着(2.01.1 クビ差)

騎手:武豊(53キロ)

中団9番手あたりを追走。

3~4角でペースが上がって、4角では6番手。

直線では外に出して追い上げるが、デンコウアンジュに内をすくわれて惜しい2着。

道悪適正が存分に発揮されたレース。

距離、コース、ハンデ、馬場と、すべての適正が合致していただけに、ここは勝っておきたかった。

アルメリアブルームの次走

次走は2月16日、京都競馬場 芝2200m(外)で行われる「京都記念(G2)」。

京都コースは得意の範疇だろうが、G2のここはちょっと厳しそう。

馬場が渋れば、少しは見せ場をつくれるかも。