キングオブドラゴンはまだ2戦だけなので、近走の走りだけをふり返る。

キングオブドラゴンの近走

19/11/9 2歳新馬 15頭立て

福島 芝2000m 良

着順:2着(2.03.8 0.2差)

騎手:三浦皇成(55キロ)

8枠14番から中団前につけて追走。

3角あたりで仕掛けて行って4角は2番手の外。

一緒に上がってきたシーズンズギフトと4角カーブから併せ馬状態。

抜きつ抜かれつでもつれるが、ゴール前及ばず0.2差の2着。

一度交わされてまた盛り返す勝負根性は見せた。

19/11/30 2歳未勝利 18頭立て

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.02.1 クビ差)

騎手:三浦皇成(55キロ)

2枠4番から2番手につけて追走。

3~4角で先頭に並びかけ、直線入口では先頭。

坂で抜け出し、追い込んできたトーセンワンダーをクビ差制してゴール。

中山コースは合いそうな内容。

キングオブドラゴンの次走

次走は中山芝2000mの「京成杯(G3)」。

前走と同じコース(中山芝2000m)というアドバンテージは当然あるだろう。

ちなみに「京成杯」の過去10年、前走コースの勝率と連対の数は;

  • 京都芝1800m(外):33.3% 連対数1
  • 東京芝1800m:14.3% 連対数2
  • 阪神芝2000m:10.5% 連対数4
  • 中山芝2000m:7.8% 連対数7

前走中山2000mは圧倒的に分母が多いので、率に直すとどうしても低くはなる。