2022年9月25日【オールカマー】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、キングオブドラゴンの好走パターンを分析。(ダートは除く)

キングオブドラゴンの距離適性

キングオブドラゴンはこれまでに芝2000m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(2-2-0-4)
  • 芝2200m(1-4-1-3)
  • 芝2400m(1-2-0-1)
  • 芝2600m(0-0-2-0)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

中距離あたり、伸びても2500m前後までか?

キングオブドラゴンの脚質

1勝クラスをウロウロしていたころは、前に行ったり控えたりで一貫性がなかったが、1勝クラスを「逃げ」の手で勝ち上がると、あとは逃げの一手でオープンクラスまで一気に駆け上がってきた。。

飛ばして逃げて、後続に脚を使わせつつ、最後は粘りきる競馬。

下手にペースを落としてしまうと、キレ味勝負では後手を踏む。

行き切って粘りきる競馬が合ってそう。

キングオブドラゴンのコース適正

キングオブドラゴンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-0)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(2-1-0-3)
  • 中京(0-4-1-1)
  • 京都(0-1-0-2)
  • 阪神(2-0-0-2)
  • 小倉(0-0-1-0)

コースによる巧拙はなさそう。

キングオブドラゴンの持ち時計(ベストタイム)

キングオブドラゴンの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.58.0 5着(中京)
  • 芝2200m:2.12.4 1着(中山)
  • 芝2400m:2.26.0 2着(京都)
  • 芝2600m:2.39.9 3着(札幌)
  • 芝3000m:3.05.7 6着(阪神)

キングオブドラゴンの重馬場適正

キングオブドラゴンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-3)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪適正はまだ未知数。


キングオブドラゴンの鉄砲実績(休み明け)

キングオブドラゴンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-1-0)
  • 3戦目(0-1-1-0)
  • 4戦目(1-1-0-1)
  • 5戦目~(1-1-1-1)

キングオブドラゴンのローテーション適正

  • 連闘(1-1-0-0)
  • 中1~2週(2-2-1-3)
  • 中3~5週(0-0-2-1)
  • 中6~8週(1-2-0-2)

詰めて使っても結果は残す。

キングオブドラゴンの枠順適正

キングオブドラゴンの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-2)
  • 5~9番(1-4-2-6)
  • 10~14番(1-3-0-1)
  • 15~18番(未)

キングオブドラゴンの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(0-1-1-0)
  • 55キロ(1-2-0-0)
  • 56キロ(0-1-1-7)
  • 57キロ(3-4-1-1)

キングオブドラゴンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-3-1-2)
  • 3~5月(春):(1-3-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-2)
  • 9~11月(秋):(2-2-1-2)

キングオブドラゴンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 478~508キロ

キングオブドラゴンの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック、日本ダービー2着、宝塚記念2着)。

母の父はコロナドズクエスト(ミスプロ系フォーティーナイナー)。

コロナドズクエストは米国で走り、ダートG1を2勝。主要距離はダートの短距離~中距離。

キングオブドラゴンの近走

22/3/20 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)良

着順:6着(3.05.7・0.7差)

騎手:坂井瑠星(56キロ)

5枠6番から思惑通りハナへ。

前半1000m通過は63.1秒とかなり緩いペースに落とすことができた。

4角は後続に約1馬身半の差をつけて直線に向くが、直線早々にディープボンドに並びかけられる。

しかし坂下まではなんとか抵抗して食らいついていたが、坂の上りで力尽きた。

昇級初戦ということもあるが、あの流れで掲示板を確保できないようならば、距離が長いということかも。

2022年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

22/6/4 鳴尾記念(G3)

中京 芝2000m 良

着順:5着(1.58.0・0.3差)

騎手:岩田望来(56キロ)

【レース前寸評】

このメンバーで逃げてどこまで粘れるか?

【結果】

4枠4番からハナへ。

前半1000mの通過が60.1秒。

4角も後続に1馬身の差をつけて直線に向き、ゴール前までは3番手で粘っていたが、ゴール前で2頭に交わされて5着。

開幕週の馬場で、ちょっと上りが速くなった。

しかし大健闘、力はつけている感じ。

2022年 鳴尾記念(G3)のラップ分析&回顧

22/9/25 オールカマー(G2)

中山 芝2200m(外)良

着順:10着(2.14.4・1.7差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

【レース前寸評】

同型が一頭いるが、向うは長期の休み明け。

行き切る競馬さえできれば、チャンスはある。

【結果】

スタートよくハナを窺うが、外からバビットに主張されて控える。

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線では早々に粘りを欠いてズルズルと後退。

ハナを切ってこその馬。

序盤、もう少し抵抗する場面があってもいいのでは?

2022年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧