2022年8月14日【関屋記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、スカイグルーヴの好走パターンを分析。

スカイグルーヴの距離適性

スカイグルーヴはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(1-3-0-0)
  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(1-1-0-2)

中距離での連対は、いずれも3歳戦で道中のペースは緩い。

古馬OPクラスで力が出せるベストの距離は1400m。

1200mも慣れてくれば分からない。

1600mは現状ではやや長い感じ。

スカイグルーヴの脚質

一番力が出せるのは、先行押し切りの競馬だろう。

切れる脚はあまり期待できないが、SPの持続力はまずまず。

スカイグルーヴのコース適正

スカイグルーヴの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(2-2-0-2)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-1-0-0)
  • 小倉(未)

スカイグルーヴの持ち時計(ベストタイム)

スカイグルーヴの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.6 5着(札幌)
  • 芝1400m:1.19.8 2着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.6 4着(新潟)
  • 芝2000m:1.59.3 5着(東京)

1400mの時計はまずまず。

スカイグルーヴの重馬場適正

スカイグルーヴの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重馬場での反応はあまり良くなかったようす。


スカイグルーヴの鉄砲実績(休み明け)

スカイグルーヴの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-4-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

スカイグルーヴのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(0-0-0-2)

スカイグルーヴの枠順適正

スカイグルーヴの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-0-0)
  • 5~9番(0-0-0-2)
  • 10~14番(0-1-0-3)
  • 15~18番(0-1-0-0)

脚質的には当然内枠が欲しい。

スカイグルーヴの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-4-0-4)
  • 55キロ(1-0-0-0)

スカイグルーヴの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-0-0)
  • 3~5月(春):(0-2-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-2)

スカイグルーヴの好走体重

3着以内の体重は;

  • 440~462キロ

スカイグルーヴの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ、日本ダービー2着、皐月賞2着)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/東京優駿、NHKマイルC)。

母方の6代前、パロクサイドからのラインは、ダイナカールエアグルーヴへと続く名門牝系。

近親はルーラーシップアドマイヤグルーヴドゥラメンテオレハマッテルゼフォゲッタブルなど多士済々。

スカイグルーヴの近走

22/2/19 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.19.8・0.1差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は先団4番手の内を追走。

4角も4番手の内で直線に向き、直線も馬場の内目から追い出してくるが、ロータスランドには半馬身及ばずの2着。

昇級初戦としては及第点だろう。

勝ち馬とはレベルの差はありそう。

2022年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/5/14 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 良

着順:2着(1.20.3・0.1差)

騎手:ルメール(54キロ)

【レース前寸評】

現状ではベストの条件。

勝ち負けできる力はある。

【結果】

道中は中団7番手、メイケイエールの直後からしっかりとマークしていた感じ。

4角も7番手で直線に向き、直線はメイケイエールの直後からタイミングを計り、坂の上りでメイケイエールの外に出して追い上げに入るが、これを交わすまでには至らず2着まで。

どちらかと言えば持続力系の馬だと思うので、勝ち馬の前で押し切る競馬の方が合っていそう。

2022年 京王杯スプリングC(G2)のラップ分析&回顧

22/8/14 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m(外)稍重

着順:4着(1.33.6・0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

【レース前寸評】

千四での好走が続いていたが、ここで千六。

期待半分、不安半分。

鞍上ルメールJで人気するなら、評価は落としたい。

【結果】

道中は先団4~5番手。

4角も4番手で直線に向くが、前を捉え切れないまま、ダノンザキッドにも交わされて4着。

この超スローの流れで、前にいたにも関わらず、最後シュリも交わせないようではダメだろう。

やはり千六は微妙に長いような感じ。

2022年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧