2021年5月30日【東京優駿】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ワンダフルタウンの好走パターンを分析。

ワンダフルタウンの距離適性

ワンダフルタウンはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-1-0)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(1-0-0-1)

ベストは中距離あたりだろう。

ワンダフルタウンの脚質

中団あたりからの差しが有効。

ただし、キレる脚ではないので、上りはかかった方が良いタイプ。

ワンダフルタウンのコース適正

ワンダフルタウンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(0-0-1-0)
  • 阪神(1-1-0-0)
  • 小倉(未)

新潟では8馬身ちぎる圧勝で走破時計もレコード。

右より左回りの方が良さそう。

ワンダフルタウンの持ち時計(ベストタイム)

ワンダフルタウンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.5 1着(新潟)※2歳レコード
  • 芝2000m:2.01.6 1着(阪神)
  • 芝2400m:2.23.3 10着(東京)

1800m以外は特に凄みはない。

ワンダフルタウンの重馬場適正

ワンダフルタウンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

これだけでは何とも言えない。


ワンダフルタウンの鉄砲実績(休み明け)

ワンダフルタウンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ワンダフルタウンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(未)

ワンダフルタウンの枠順適正

ワンダフルタウンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-0)
  • 5~9番(2-0-0-0)
  • 10~14番(0-1-0-1)
  • 15~18番(未)

ワンダフルタウンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(未)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-0)

ワンダフルタウンの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(0-0-0-1)

ワンダフルタウンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 444~466キロ

ワンダフルタウンの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着 他)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

ワンダフルタウンの近走

20/11/28 京都2歳S(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(2.01.6・-0.1差)

騎手:和田竜二(55キロ)

道中は中団やや後ろ、7番手あたり。

前を行くラーゴムをぴったりマークして、4角6番手の外で直線。

直線も馬群の外から追い上げて、坂の上りではラーゴムとの追い比べになるが、ゴール前でわずかに抜け出して1着。

まずまずの走りだが、至って平均的な印象。

21/5/1 青葉賞(G2)

東京 芝2400m 良

着順:1着(2.25.2・ハナ)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は中団の前、6番手。

4角では一つ順位を上げて、好位の5番手で直線に向く。

直線は馬群の外目から追い上げて、坂を上りきったあたりでは先頭。

そこから、内を鋭く伸びてきたキングストンボーイとの叩き合いをハナ差制してゴール。

うまく好位で競馬を進められたのが良かったのだろう。

2021年 青葉賞(G2)のラップ分析&回顧

21/5/30 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:10着(2.23.3・0.8差)

騎手:和田竜二(57キロ)

序盤は中団の後ろ10番手あたりから。

中盤で順位を上げて行き、3角6番手、4角5番手で直線へ向くが、直線では伸びあぐねて10着。

レースの上りが33.9秒。

この馬にとっては速すぎた。

2021年 東京優駿(日本ダービー・G1)のラップ分析&回顧

次走、神戸新聞杯(G2)に向けて

次走は9月26日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「神戸新聞杯(G2)」。

本番で勝ち負けする力はおそらくない。

ただ前哨戦のここなら、上りがそこそこかかってくれば、上位食い込みも可能。

 

⇒その他、2021・神戸新聞杯(G2)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)