2022年10月10日【京都大賞典】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ディバインフォースの好走パターンを分析。

ディバインフォースの距離適性

ディバインフォースはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-3-0-2)
  • 芝2500m(0-2-1-2)
  • 芝2600m(2-0-1-3)
  • 芝3000m(0-0-0-2)
  • 芝3200m(0-0-0-2)
  • 芝3600m(1-0-0-0)

中距離はちょっと忙しそうなので、それより長い距離が合っていそう。

ディバインフォースの脚質

とにかくスタートが悪く出遅れを連発。

なので位置取りはどうしても後ろからになるが、終いの脚はそこそこ確実。

ただし、キレッキレの脚ではないので、残り3Fであまり下げ過ぎていると勝負にならない。

いずれにしてもOPクラスでは、レースの上りがかかってくれた方が断然戦いやすいだろう。

好走しているレースは、4角で大外を回してくるパターンが多いので、外が伸びる馬場だと有利に働く。

ディバインフォースのコース適正

ディバインフォースの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-3)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-2-1-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-1-0-3)
  • 阪神(2-2-0-5)
  • 小倉(未)

阪神、中山コースがいい。

ディバインフォースの持ち時計(ベストタイム)

ディバインフォースの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.53.7 9着(札幌)
  • 芝2000m:2.01.1 12着(中京)
  • 芝2200m:2.13.1 6着(京都)
  • 芝2400m:2.24.8 2着(阪神)
  • 芝2500m:2.33.9 2着(中山)
  • 芝2600m:2.35.8 1着(阪神)
  • 芝3000m:3.06.3 4着(京都)
  • 芝3200m:3.18.1 15着(阪神)
  • 芝3600m:3.47.6 1着(中山)

高速馬場、高速決着は向かないと思う。

ディバインフォースの重馬場適正

ディバインフォースの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-2-5)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重程度ならいいが、末脚を削がれる道悪はプラスになるとは思えない。

ディバインフォースの鉄砲実績(休み明け)

ディバインフォースの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-6)
  • 3戦目(1-1-0-3)
  • 4戦目(1-1-0-1)
  • 5戦目~(0-0-1-1)

ディバインフォースのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-4)
  • 中3~5週(2-0-1-5)
  • 中6~8週(0-2-0-2)

ディバインフォースの枠順適正

ディバインフォースの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-3-0-5)
  • 5~9番(1-2-1-6)
  • 10~14番(2-0-1-5)
  • 15~18番(未)

出遅れの多い馬だけに、外枠からの出遅れは致命傷になりかねない。

ディバインフォースの頭数別着度数

ディバインフォースの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(0-1-0-0)
  • 9~13頭(3-4-2-7)
  • 14頭以上(1-0-0-9)

後ろから行く馬なので、多頭数だと位置取りがさらに悪くなり届かない。

ディバインフォースの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-3-1-2)
  • 3~5月(春):(2-2-1-5)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-6)

ディバインフォースの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(0-0-0-3)
  • 56キロ(2-1-2-2)
  • 57キロ(1-4-0-6)
  • 58キロ(0-0-0-3)

ディバインフォースの好走体重

3着以内の体重は;

  • 442~468キロ

ディバインフォースの血統背景

父はワークフォース(ミスプロ系キングマンボ)。

ワークフォースは英国で走り、「凱旋門賞」他、芝のG1を2勝。主要距離は芝の2000~2400m。

母の父はゼンノロブロイ(サンデー系/秋古馬三冠 他)。

近親にルックトゥワイス(目黒記念)。

ディバインフォースの近走

21/12/4 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 良

着順:1着(3.47.6・-0.1差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

道中は中団の後ろ、9番手の外を追走。

2周目の3角あたりから進出を開始して、4角は6番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げて、ゴール前、逃げ粘るアイアンバローズを半馬身差交わしてゴール。

久々に五分のスタートを切り、位置取りがいつもより少し前目になったのも良かったのだろう。

2021年 ステイヤーズS(G2)のラップ分析&回顧

22/3/26 日経賞(G2)

中山 芝2500m 稍重

着順:11着(2.36.6・1.2差)

騎手:田辺裕信(57キロ)

出遅れて後方から。

4角も13番手の外で直線に向くが、直線では脚は出ずに11着。

流れも向かなかったが、休み明けで完調手前か?

2022年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

22/5/1 天皇賞(春)(G1)

阪神 芝3200m(外⇒内)稍重

着順:12着(3.20.2・4.0差)

騎手:田辺裕信(58キロ)

出遅れて道中は後方から。

4角は後方14番手の外で直線に向くが、直線でも見せ場なし。

道中落鉄があったようすだが、いずれにしてもここでは力不足だろう。

2022年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

22/8/6 札幌日経OP(L)

札幌 芝2600m 良

着順:5着(2.41.8・0.3差)

騎手:池添謙一(58キロ)

道中は中団馬群の後ろ、7番手の外目を追走。

4角は5番手の外で直線に向き、直線も馬群の外目から追い上げを計るが、0.3差の5着まで。

10頭立ての少頭数だっただけに、競馬はしやすかったと思うが、斤量の58キロがちょっと重かったか?

22/10/10 京都大賞典(G2)

阪神 芝2400m 稍重

着順:7着(2.25.2・0.9差)

騎手:池添謙一(57キロ)

【レース前寸評】

阪神コースは得意そうなので、展開さえ向けば、外から飛んでくる可能性はある。

【結果】

スタート出遅れて道中は後方から。

4角も後方13番手の内目で直線追い上げてはくるが、0.9差の7着が精一杯。

レースの上りが33.9秒では太刀打ちできない。

2022年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

次走、ステイヤーズS(G2)に向けて

次走は、12月3日(土)中山競馬場 芝3600m(内)で行われる「ステイヤーズS(G2)」。

昨年のこのレースの勝ち馬。

頭数があまり多くならなければ追い込でこれる。

 

⇒その他、ステイヤーズS(G2)の出走馬を分析