2022年5月8日【メトロポリタンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ウインマイティーの好走パターンを分析。

ウインマイティーの距離適性

ウインマイティーはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-2)
  • 芝1800m(1-1-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-1-1)

2000m以上、できればもう少し長い方が良いかも。

いずれにしてもこの馬の距離はペース次第の側面が強い。

ウインマイティーの脚質

前目にポジションを取ってからの粘り込み。

ただし、締まった展開になると粘れない。

現状では前半1000mで59秒前半以下では馬券圏内に絡めていない。

スローペースで道中の位置取りは中団より前あたり、最後の直線は短い方がベター。

これが現状での好走パターン。

ウインマイティーのコース適正

ウインマイティーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-1-0-2)
  • 阪神(1-0-0-2)

緩い流れの粘り込みが好走パターンだけに、最後の直線は長いよりも、むしろ短か目の方が戦いやすいだろう。

ウインマイティーの持ち時計(ベストタイム)

ウインマイティーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.1 7着(京都)
  • 芝1800m:1.48.4 8着(函館)
  • 芝2000m:2.00.4 14着(中京)
  • 芝2200m:2.11.4 14着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.6 3着(東京)

スローペースで浮上してくる馬。

スピード決着には不向き。

ウインマイティーの重馬場適正

ウインマイティーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重までは苦にしていないが、道悪もペース次第ではないか。


ウインマイティーの鉄砲実績(休み明け)

ウインマイティーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(未)

叩き良化型っぽいが、休み明けで0.3差の6着もある。

ウインマイティーの枠順適正

ウインマイティーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-3)
  • 5~9番(0-1-1-4)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ウインマイティーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-4)

ウインマイティーの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(3-1-0-5)
  • 55キロ(0-0-1-2)

ウインマイティーの好走体重

馬券圏内に入ったときの体重は;

  • 458~474キロ

ウインマイティーの血統背景

父は「有馬記念」「天皇賞(春)」「宝塚記念」などG1を6勝したゴールドシップ(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はカコイーシーズ(レイズアネイティヴ系)。

カコイーシーズは主に欧州で走り、G1を1勝。主戦場は芝の2400m近辺。

ウインマイティーの近走

20/5/24 オークス(G1)

東京 芝2400m 良

着順:3着(2.24.6・0.2差)

騎手:和田竜二(55キロ)

道中は前目のポジションから、直線粘りきって3着をゲット。

緩い展開のオークスで、前目のポジションが奏功した格好。

2400mの距離にも適性があった感じ。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/9/12 紫苑S(G3)

中山 芝2000m 稍重

着順:6着(2.02.4・0.3差)

騎手:和田竜二(54キロ)

外枠からの出遅れとなり、位置取りは後方からとなる。

それでも、3角過ぎから外目を回って進出を開始すると、4角大外を回って、直線は馬群の外目をもの凄い脚で追い込んで来るが、0.3差が精一杯。

ペースが緩く、前有利の展開だけに、位置取りが悪すぎた。

20/10/18 秋華賞(G1)

京都 芝2000m 稍重

着順:9着(2.01.9・1.3差)

騎手:和田竜二(55キロ)

道中は中団、3~4角で動いて行って、4角は5番手で直線。

しかし直線では伸びを欠いて馬群に沈んだ。

やはりこの馬、ペースが速くなると終いが鈍る。

2020年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

20/11/15 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:14着(2.11.4・1.1差)

騎手:和田竜二(54キロ)

道中は中団。

位置取りとしてはベストのポジションだったが、勝負所でついて行けず。

この馬にとってはペースが速かったのではないか。

2020年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

21/1/16 愛知杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:14着(2.00.4・1.7差)

騎手:松若風馬(53キロ)

初ブリンカーを着けて挑む。

道中は中団の前5~6番手の内。

4角は8番手の内で直線に向くが、直線ではいいところなし。

道中は前の3頭が速いペースで引っ張って、4番手以降もそこそこいいペースで追走していた感じ。

この馬にとってはまたしてもペースが速かった。

2021年 愛知杯(G3)のラップ分析&回顧

21/8/1 クイーンS(G3)

函館 芝1800m 良

着順:8着(1.48.4・0.6差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は後方10番手の外。

3~4角で順位を押し上げて、4角は8番手の大外で直線。

直線は馬群の大外を追い上げてはくるが、3~4頭交わしたところがゴール。

あの位置から追い込んでくる脚はない。

2021年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

22/4/17 福島民報杯(L)

福島 芝2000m 良

着順:9着(2.01.9・2.0差)

騎手:斎藤新(53キロ)

外枠14番から道中は先団5番手に取り付く。

3角手前からペースアップして、3角は2番手、4角も2番手で直線に向くが、直線は早々に力尽きた感じ。

道中の流れが速すぎたのだろう。

22/5/8 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良

着順:4着(2.26.4・0.5差)

騎手:吉田隼人(54キロ)

3枠3番からハナを切る戦法。

前半1000mを62.4秒の絶好のペースで通過すると、4角も後続に1馬身の差をつけて直線。

直線は坂を上って、残り100mあたりまでは馬券圏内も視野に入る粘りを見せていたが、ゴール前、外の3頭に交わされて4着。

これで粘りきれないのなら仕方ない。

直線がもう少し短ければ・・・。

次走、マーメイドS(G3・ハンデ)に向けて

次走は6月19日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「マーメイドS(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

特に逃げたい馬もいないので、ここはまた同じ戦法で挑むか?

阪神の内回りなら粘り切れそうだが、どうか?

 

⇒その他、マーメイドS(G3)の出走馬を分析