2021年1月17日【日経新春杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ミスマンマミーアの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ミスマンマミーアの距離適性

ミスマンマミーアはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(0-1-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-6)
  • 芝2200m(2-1-0-2)
  • 芝2400m(1-0-2-3)

2000m以下のペースでは脚が溜まらない。

ベストは緩い流れの2400m前後。

ミスマンマミーアの脚質

後方、または中団で脚を溜めて終いを生かす競馬。

しかし、終いの脚はそれほど切れる脚ではないので、速い上りには対応し辛い。

また、道中の流れが速くなっても終いの脚は甘くなる。

ほどほどのペースでほどほどの上り時計がちょうど良い。

ミスマンマミーアのコース適正

ミスマンマミーアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-2)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(1-1-0-3)
  • 京都(1-0-0-3)
  • 阪神(1-0-1-1)

ミスマンマミーアの持ち時計(ベストタイム)

ミスマンマミーアの2200~2400mの持ち時計は次の通り;

  • 芝2200m:2.11.9 1着(中京)
  • 芝2400m:2.24.9 1着(京都)

ミスマンマミーアの重馬場適正

ミスマンマミーアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)
  • 重(1-1-0-1)
  • 不良(未)

道悪自体は苦にしないが、終いの脚を削がれる道悪は、この馬にとってはマイナス要素。


ミスマンマミーアの鉄砲実績(休み明け)

ミスマンマミーアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-1-2)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(0-0-0-3)

ミスマンマミーアの枠順適正

ミスマンマミーアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-5)
  • 5~9番(1-1-0-2)
  • 10~14番(1-0-2-3)
  • 15~18番(0-0-0-4)

ミスマンマミーアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-5)
  • 3~5月(春):(2-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-1-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-6)

暖かい時期は調子が良さそう。

ミスマンマミーアの斤量別着度数

  • 50キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(0-1-0-2)
  • 53キロ(0-0-2-3)
  • 54キロ(0-1-0-6)
  • 55キロ(3-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-0-1)

軽ハンデの2、3着はある。

ミスマンマミーアの連対体重

  • 452~466キロ

ミスマンマミーアの血統背景

父は2002年のダービー馬、タニノギムレット(ロベルト系)。タニノギムレットは「女傑」ウオッカの父。

母の父はサンデーサイレンス

ミスマンマミーアの前走

21/1/17 日経新春杯(G2・ハンデ)

中京 芝2200m 良

着順:2着(2.11.9・0.1差)

騎手:松若風馬(52キロ)

道中は最後方からの追走で、しっかりと脚を溜めて直線は外目の馬場から弾けた。

昨日の午後あたりから外差しが決まり始めた中京コース。

ハンデの恩恵と外差しのバイアスが嵌った。

2021年 日経新春杯(G2)のラップ分析&回顧

ミスマンマミーアの次走

次走は2月20日(土)、東京競馬場 芝3400mで行われる「ダイヤモンドS(G3・ハンデ)」。

距離さえ持てば、3400mのペースなら脚は溜まる。

前走G2で2着でもまだ53キロで走れるのはかなり有利。

 

その他、ダイヤモンドS(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)