2021年8月22日【札幌記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ウインキートスの好走パターンを分析。

ウインキートスの距離適性

ウインキートスはこれまでに芝1600m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-0)
  • 芝1800m(1-0-1-1)
  • 芝2000m(0-2-0-1)
  • 芝2200m(1-1-0-0)
  • 芝2300m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-1-0)
  • 芝2500m(1-2-0-1)
  • 芝2600m(2-0-0-0)

現状では、道中のペースが緩めの長い距離が合ってそう。

ウインキートスの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬が好走パターンだが、この馬の場合、これまでのレース、そのほとんどがスローペース。しかも「遅め」のスロー。

極端な話、スローの前残りでここまで勝ち上がってきた感じ。

レースの上りは速いよりはかかった方が良く、特別切れる脚があるわけでもなさそう。

これまですべてのレースで3着以内を外したレースは4鞍だけという堅実さは評価できるが、レースのレベルが総じてあまり高くはない。

オープン昇格後、まずはクラス慣れが必要なのでは?

ウインキートスのコース適正

ウインキートスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-1-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-2-1)
  • 中山(2-4-1-2)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

中山巧者。

軽いと言うより重い馬。

コースの巧拙もそう言う方向に出ている。

ウインキートスの持ち時計(ベストタイム)

ウインキートスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.1 3着(東京)
  • 芝1800m:1.49.2 5着(中山)
  • 芝2000m:2.00.6 9着(札幌)
  • 芝2200m:2.15.7 1着(中山)
  • 芝2400m:2.24.6 3着(東京)
  • 芝2500m:2.32.8 1着(東京)
  • 芝2600m:2.42.9 1着(札幌)

時計はどれも並みか、それ以下。

ウインキートスの重馬場適正

ウインキートスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

パワーはありそうな馬、道悪はこなしそう。


ウインキートスの鉄砲実績(休み明け)

ウインキートスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(2-2-0-1)

あまり特徴的なデータはない。

ウインキートスの枠順適正

ウインキートスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-3-1-1)
  • 5~9番(2-2-0-2)
  • 10~14番(1-0-1-1)
  • 15~18番(2-0-1-0)

ウインキートスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-1-1)
  • 3~5月(春):(2-1-1-2)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-0)

ウインキートスの斤量別着度数

  • 52キロ(2-3-0-0)
  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(2-2-3-2)
  • 55キロ(0-0-0-1)

ウインキートスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 442~468キロ

ウインキートスの血統背景

父はゴールドシップ(サンデー系ステイゴールド)。

母は2007年の「クイーンC(G3・芝1600m)」を勝ったイクスキューズ

母の父はボストンハーバー(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

ボストンハーバーは米国で走り、ダートのG1「ブリーダーズカップジュヴェナイル(8.5F)」で勝利を挙げている。

ウインキートスの前走

21/5/30 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:1着(2.32.8・-0.3差)

騎手:丹内祐二(52キロ)

ハンデは52キロ。

道中は3番手以降を離したかたちの2番手追走。

4角も2番手で直線に向くと、直線は抜群の手応えで坂を上って先頭。

あとは余力たっぷりで押し切るだけ。

ドスローの前残り。

この馬の最も得意とする展開となった。

2021年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

21/8/22 札幌記念(G2)

札幌 芝2000m 良

着順:9着(2.00.6・1.1差)

騎手:丹内祐次(55キロ)

道中は先団3~4番手。

4角は3番手の外で直線に向くが、残り200mあたりで一杯一杯。

レース後半がかなりタイトな展開になった。

休み明けの+18キロも堪えただろうが、この馬の展開ではなかった。

2021年 札幌記念(G2)のラップ分析&回顧

次走、オールカマー(G2)に向けて

次走は9月26日(日)、中山競馬場 芝2200mで行われる「オールカマー(G2)」。

中山コースは(2-4-1-2)。

3走前の「日経賞」も、不利がなければ・・・という競馬。

あまり期待はできないが、叩き2走目と言うこともあり、押さえは必要だろう。

 

⇒その他、2021・オールカマー(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)