2021年3月27日【毎日杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、グレートマジシャンの好走パターンを分析。

グレートマジシャンの距離適性

グレートマジシャンはこれまでに芝1800mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

芝1800m(2-1-0-0)

血統背景はかなり重厚。2400mあたりまでは問題ないはず。

グレートマジシャンの脚質

新馬戦は好位抜け出しで強い競馬。

2戦目は出遅れはしたが、二の脚でしっかりとリカバリーして上り最速の33.3秒。

3戦目は終いを伸ばしてレコード結着にクビ差の2着。

いずれにしても終いを生かす競馬、終いの脚はかなり強烈だがスタミナもありそう。

グレートマジシャンのコース適正

グレートマジシャンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-0-0-0)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-1-0-0)
  • 小倉(未)

グレートマジシャンの持ち時計(ベストタイム)

グレートマジシャンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.43.9 2着(阪神)

この時計は「毎日杯」。レコード結着にクビ差の2着。

グレートマジシャンの重馬場適正

グレートマジシャンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

重厚な血統背景を持つ馬だけに、道悪でどのような走りをするのかは興味深い。


グレートマジシャンの鉄砲実績(休み明け)

グレートマジシャンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

グレートマジシャンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(0-1-0-0)

グレートマジシャンの枠順適正

グレートマジシャンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

グレートマジシャンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

グレートマジシャンの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-1-0-0)

グレートマジシャンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~482キロ

グレートマジシャンの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母のナイトマジックは欧州で走り、芝のG1「独オークス(2200m)」、「バーデン大賞(2400m)」で勝利。

母の父はショロコフ(ND系サドラーズウェルズ)。

ショロコフは欧州で走り、芝のG1を1勝、2着が2回。距離は短距離~マイル。

牝系のナクソス(Noxos)は、ドイツが誇る名牝系。

重厚な欧州血統の組み合わせにディープインパクト。

ちょっと興味深い血統背景ではある。

グレートマジシャンのここまでの走り

20/11/1 2歳新馬

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.48.6・アタマ差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、直線は坂を上ったあたりで抜け出してきた。

ゴール前は外から追い込んで来たレッドロワとの叩き合いになるが、アタマ差凌いでゴール。

新馬戦としてはペースも時計もまずまず。

21/1/31 セントポーリア賞(3歳1勝C)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.46.5・-0.4差)

騎手:ルメール(56キロ)

スタート出遅れたが、二の脚で中団後ろまでリカバー。

4角は一団馬群の後方の外目から直線に入り、直線では坂の上りで一気に先頭に並びかけると、ゴール前は後続を突き放してゴール。

終始余裕の手応え。

ラスト1Fはステッキを入れずに11.1秒

自身の上り時計は33.3秒。

なかなかの瞬発力。

【期待される能力】

  • 瞬発力

21/3/27 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m(外)良

着順:2着(1.43.9・クビ差)

騎手:ルメール(56キロ)

道中は中位の6番手あたり。

4角は一団馬群の6番手の外を回って直線。

直線は馬群の外を突いて追い上げてくるが、シャフリヤールをクビ差捉えきれずに2着まで。

位置取りの差が若干出た感じだが、この馬の末脚も強烈。

2021年 毎日杯(G3)のラップ分析&回顧

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

前走はレコード結着にクビ差の2着。

決して力負けではないだけに、ここでもそこそこやれて良い。

1800mよりは2400mの方が戦いやすいだろう。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)