グレートマジシャンのキャリアはまだ2走だけなので、近走のみを振り返る。

グレートマジシャンのここまでの走り

20/11/1 2歳新馬

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.48.6・アタマ差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、直線は坂を上ったあたりで抜け出してきた。

ゴール前は外から追い込んで来たレッドロワとの叩き合いになるが、アタマ差凌いでゴール。

新馬戦としてはペースも時計もまずまず。

21/1/31 セントポーリア賞(3歳1勝C)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.46.5・-0.4差)

騎手:ルメール(56キロ)

スタート出遅れたが、二の脚で中団後ろまでリカバー。

4角は一団馬群の後方の外目から直線に入り、直線では坂の上りで一気に先頭に並びかけると、ゴール前は後続を突き放してゴール。

終始余裕の手応え。

ラスト1Fはステッキを入れずに11.1秒

自身の上り時計は33.3秒。

なかなかの瞬発力。

【期待される能力】

  • 瞬発力

グレートマジシャンの脚質

新馬戦は好位抜け出しで強い競馬。

2戦目は出遅れはしたが、二の脚でしっかりとリカバリー。

いずれにしても、終いを生かす競馬で強さを発揮しそう。



グレートマジシャンの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母のナイトマジックは欧州で走り、芝のG1「独オークス(2200m)」、「バーデン大賞(2400m)」で勝利。

母の父はショロコフ(ND系サドラーズウェルズ)。

ショロコフは欧州で走り、芝のG1を1勝、2着が2回。距離は短距離~マイル。

グレートマジシャンの次走

次走は3月27日(土)、阪神競馬場 芝1800m(外)で行われる「毎日杯(G3)」。

課題は長距離輸送と右回り。

あっさりクリアしてきそうだが。