2024年2月4日【東京新聞杯】終了時点までのデータをもとに、ウインカーネリアンの好走パターンを分析。

ウインカーネリアンの距離適性

ウインカーネリアンはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(5-2-0-5)
  • 芝1800m(3-1-0-3)
  • 芝2000m(0-1-0-3)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離は1800m、1600mあたり。

ウインカーネリアンの脚質

逃げ、先行脚質。

前につけてしぶとい競馬。

確実な先行力できっちりとポジションを取るテンのスピードに優れている。

少々速いラップを刻んで逃げてもしっかりと粘り込む、SP持続力。

ただ、キレる脚は期待できないので、速い上り、瞬発戦になると後手を踏む。

ウインカーネリアンのコース適正

ウインカーネリアンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(2-1-0-4)
  • 中山(3-2-0-3)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-1)
  • 小倉(未)
  • 米国(0-0-0-1)

前につけてしぶといが、キレる脚はないので、必然的に小回り、内回りコースでの好走が目立つ。

ウインカーネリアンの持ち時計(ベストタイム)

ウインカーネリアンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.8 1着(中山・東京)
  • 芝1800m:1.45.6 5着(東京)
  • 芝2000m:2.00.9 5着(札幌)
  • 芝2400m:2.26.2 17着(東京)

1600mの時計は優秀。

ウインカーネリアンの重馬場適正

ウインカーネリアンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪競馬の巧拙はまだ未知数。


ウインカーネリアンの鉄砲実績(休み明け)

ウインカーネリアンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-2)
  • 3戦目(3-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

ウインカーネリアンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-1)
  • 中3~5週(2-2-0-2)
  • 中6~8週(2-0-0-1)

詰めて使ってもそこそこ走る。

ウインカーネリアンの枠順適正

ウインカーネリアンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-2)
  • 5~9番(1-3-0-3)
  • 10~14番(3-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-0-3)

逃げ、先行脚質だけに、内枠が欲しい。

ウインカーネリアンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-4)

季節は問わない。

ウインカーネリアンの斤量別着度数

  • 54キロ(1-2-0-2)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-1-0-3)
  • 57キロ(3-0-0-5)
  • 58キロ(1-1-0-1)

ウインカーネリアンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~518キロ

ウインカーネリアンの血統背景

父は2008年の「ジャパンカップ」を制したスクリーンヒーロー(ロベルト系)。

母の父は1998年の「スプリンターズS」の覇者・マイネルラヴ(ミスプロ系)。

ウインカーネリアンの近走

22/8/14 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m(外)稍重

着順:1着(1.33.3・-0.1差)

騎手:三浦皇成(57キロ)

【レース前寸評】

このレースは、毎年前につけた馬は最低でも1頭は3着以内に残ってきている。

近走好調の同馬だけに、期待はできる。

【結果】

外枠12番から、先行力を生かして道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くと、抜群の手応えで残り400m。

残り400mを切って、満を持して追い上げに入ると、逃げ粘るシュリを捉えて先頭。

その後も追いすがるシュリをゴール前振りきってゴール。

切れる脚が期待できないこの馬にして、終いの脚が32.9秒。

こういう展開なら切れ負けしても不思議ではないが、それでも勝ち切れるほど、前が有利だったということだろう。

2022年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

22/11/20 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:12着(1.33.4・0.9差)

騎手:三浦皇成(57キロ)

【レース前寸評】

目下3連勝で調子は良さそうだが、G1ともなると、このクラスでは一枚見劣りする。

【結果】

1枠2番から道中は中団7番手の最内。

4角も6番手の最内で直線に向くが、直線では見せ場なし。

ゲート内でうるさく、出遅れはしなかったものの、いつもより位置取りが後ろになった。

切れる脚はない馬だけに、あの位置取りからではこうなる。

2022年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

23/2/5 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.31.8・アタマ差)

騎手:三浦皇成(58キロ)

1枠2番からハナへ。

前半800mの通過が45.8秒なのだからまずまずのラップで逃げている。

4角も後続に約1馬身の差をつけて直線に向くと、直線は残り400mまでは持ったままで坂の上り。

坂の上りから追い出しに入ると、そこから後続に約2馬身の差をつけて坂を上り終えると、あとは外差し勢の末脚を封じ込めてゴール。

内が伸びる馬場状態にも助けられたが、斤量58キロを背負ってこの内容は素晴らしい。

初めてホライゾンネットを着用してレースに臨んだが、その効果もあったのかもしれない。

いずれにしても良い内容。

自走にも期待が持てる。

2023年 東京新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

23/6/4 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:8着(1.32.1・0.7差)

騎手:三浦皇成(58キロ)

8枠17番からハナへ。

中盤そこそこのタメを作って4角も先頭で直線に向き、直線では坂下でジャックドールに交わされてからも粘ってはいたが、残り200mで脚色が鈍った。

レースの上りが33.8秒では抗う脚はない。

しかし力は出し切った。

2023年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

23/10/8 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.45.6・0.3差)

騎手:三浦皇成(57キロ)

6枠7番からハナへ。

4角も先頭で直線に向き、直線も坂の頂上まではなんとかかんとか粘っていたが、残り200mで次々の交わされて5着。

この上りではしんどい。

千八ということで、道中あまりペースを上げられなかったかもしれないが、それはどうか?

2023年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

 

(このあと米国「ブリーダーズカップマイル(G1・芝1600m)」で11着。)

 

24/2/4 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.32.3・0.2差)

騎手:三浦皇成(58キロ)

3枠5番からハナを主張。

中盤でしっかり息を入れて直線へ。

直線は、坂を上り切ってからも先頭で粘っていたが、ゴール前残り100mあたりで勝ち馬に交わされた。

良い感じのペース配分で逃げてはいたが、ゴール前あと少しのところで交わされた。

勝ち馬とは1キロの斤量差。

惜しかった。

2024年 東京新聞杯(G3)のラップ分析&回顧