2020年4月19日【皐月賞】終了時点までのデータをもとに、ウインカーネリアンの好走パターンを分析。

ウインカーネリアンの距離適性

ウインカーネリアンはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-1)
  • 芝2000m(0-1-0-2)

ベストは1800m、2000mはギリギリか?

ウインカーネリアンの脚質

「逃げ」「先行」。

前につけて力を発揮。

緩いペースなら確実に粘ってくる印象がある一方で、締まった流れの展開ではイマイチの印象。

切れる脚はない。

ウインカーネリアンのコース適正

ウインカーネリアンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(1-1-0-2)

前につけてしぶといが、キレる脚はないということなので、必然的に小回り、内回りコースでの好走が目立つ。

ウインカーネリアンの持ち時計(ベストタイム)

ウインカーネリアンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.6 6着(東京)
  • 芝2000m:2.01.6 4着(中山)

高速馬場、高速決着には向かない。

ウインカーネリアンの重馬場適正

ウインカーネリアンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

重馬場での敗戦は、馬場が敗因ではない可能性も高い(後述)。

道悪が苦手と言うふうには思えないが・・・。

ウインカーネリアンの枠順適正

前につけてしぶとい馬だけに、枠順も内が欲しいところだろう。

ウインカーネリアンの鉄砲実績(休み明け)

ウインカーネリアンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-1)

ウインカーネリアンのここまでの走り

19/6/9 2歳新馬 11頭立て

東京 芝1800m 稍重

着順:2着(1.51.4 0.4差)

騎手:松岡正海(54キロ)

ドスローで上りだけの競馬。

番手で追走したウインカーネリアン。ここは押し切らないと。

着差も0.4はつけられ過ぎでは?

レースの上りが33.5秒。

切れる脚はなさそう。

19/6/29 2歳未勝利 10頭立て

福島 芝1800m 良

着順:1着(1.49.5 -0.1差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

馬場は良だが、雨降りでタフな馬場になっていた様子。

3~4番手で追走。3角過ぎで動いて4角2番手。

直線残り100くらいで先頭に立って、そのまま押し切ってゴール。

レースの上りが35.9秒。

上りがこれくらいかかるとなんとかなる。

19/8/25 新潟2歳S(G3) 16頭立て

新潟 芝1600m 良

着順:7着(1.36.4 1.4差)

騎手:松岡正海(54キロ)

出遅れて位置取りは後ろ。

道中無理せず4角も10番手で直線へ。

後ろで脚を溜めた割には弾けず7着。

やはりこの馬、キレる脚はない。

前につけないと話にならないのか。

19/9/22 芙蓉S(2歳OP) 6頭立て

中山 芝2000m 良

着順:2着(2.03.3 0.4差)

騎手:松岡正海(54キロ)

6枠6番からハナに立つ。

道中かなりのスローでマイペースの逃げ。

それでも直線は残り200mで勝ち馬に交わされ、ゴール前では3着馬にハナ差まで詰め寄られた。

まだまだこれからの馬。

20/2/2 セントポーリア賞(3歳・1勝) 6頭立て

東京 芝1800m 良

着順:6着(1.47.6 0.4差)

騎手:松岡正海(56キロ)

7枠10番から前走同様に逃げるが、直線粘り切れず6着。

ペースはそこそこ速く、3歳OPのラップタイムとほぼ同等。

10番ゲートから、テンが速くなったことを差し引いても、ここは粘って、最低でも馬券圏内に入らないとこの先の展望は開けない。

20/3/8 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 重 11頭

着順:8着(2.04.0・1.1差)

騎手:ミナリク

6枠6番からハナを切るが、3角入口で早々に後ろから仕掛けられてあとはジリジリと後退。

ペースも重馬場にしてはそこそこ速かった感じ。

まだまだこのクラスでは力不足。

20/3/28 3歳1勝クラス

中山 芝1800m 良 10頭

着順:1着(1.50.0・-0.4差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

道中は2~3番手から。

ペースはスローで前有利。

直線は前で粘る2頭を坂で一気に交わしてゴール。

クラスなりの競馬。

強調材料はない。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:4着(2.01.6・0.9差)

騎手:田辺裕信(57キロ)

道中は2番手追走だが、逃げたキメラヴェリテがやや離した逃げを打っている。

キメラヴェリテの刻んだラップは稍重馬場なりの平均ペース。

なので、2番手追走のウインカーネリアンとしては、さほど速いペースには感じていなかったのではないか?

言うなればスローの逃げに近い格好。

道悪さえ苦にしなければ、これくらいのペースなら0.9差の4着は妥当な線。

きついローテーションで頑張ってはいるが、展開に助けられた面は否めない。

ウインカーネリアンの次走

次走は東京芝2400mで行われる、「日本ダービー(G1)」。

コース、距離ともに、合っているとは思えない。