ヒュッゲのキャリアはまだ3戦だけなので、近走の走りだけをふり返る。

ヒュッゲの近走

19/10/6 2歳新馬 16頭立て

京都 芝2000m(内) 良

着順:6着(2.02.3 1.1差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

中団の9~10番手くらい。

直線で上り3位の脚(35.3秒)を見せて少し順位を上げた程度。

新馬戦では見せ場なし。

19/10/27 2歳未勝利 10頭立て

京都 芝2000m 稍重

着順:1着(2.02.9 -1.1差)

騎手:和田竜二(55キロ)

中2週で体重を6キロ絞った。

7枠7番からハナへ。

直線に入ると後続との差をグングン開き、最後は7馬身差つけてゴール。

開催後半の稍重馬場を7馬身つけての圧勝。

パワーのあるところを示した。

19/12/7 エリカ賞(2歳・1勝) 11頭立て

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(2.00.6 -0.2差)

騎手:川田将雅(55キロ)

7枠9番から今走もハナへ。

序盤は緩く入ったが、600mくらいから徐々にペースを上げる。

直線は残り200mでヒュッゲの番手につけていたパンサラッサが一杯。

それでもヒュッゲの脚は衰えず、追い込んできた2、3着馬の強襲もしっかり振り切ってゴール。

上り時計は34.5秒。

前走はパワー、今走はスピード持続力をしっかり示した。

ヒュッゲの次走

次走は中山芝2000mの「京成杯(G3)」。

前走、中山芝2000mのコース形態に比較的近い阪神内回りの芝2000mでしっかり力を示した。

初めての長距離輸送など課題はあるが、順当なら勝ち負け。