2020年10月24日【富士S】終了時点までのデータをもとに、ヴァンドギャルドの好走パターンを分析。

ヴァンドギャルドの距離適性

ヴァンドギャルドはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(4-0-1-3)
  • 芝1800m(1-0-2-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

現状は1600mがベストのようだが、2000mにしても、「ホープフルS(G1)」で0.6差の6着。

これは最後の直線で不利があってのことなので、スムーズなら3着以内もあったかもしれない。

いずれにしても気性面に問題のある馬なので、折り合いがカギにはなるが、後々2000mを走ってきても不思議はない。

ヴァンドギャルドの脚質

好位~中団からの差し。

切れ味鋭い末脚が魅力だが、ペースが上がった2020年の「安田記念」では脆さを見せた。

ヴァンドギャルドのコース適正

ヴァンドギャルドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(2-0-1-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-1-1)
  • 阪神(2-0-1-1)

末脚を生かしやすい外回りコースでの好走が目立つ。

ヴァンドギャルドの持ち時計(ベストタイム)

ヴァンドギャルドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.7 10着(1.1差・東京)
  • 芝1800m:1.46.6 3着(ハナ差・東京)
  • 芝2000m:2.02.2 6着(0.6差・中山)

時計が速くなると苦戦傾向。

ヴァンドギャルドの重馬場適正

ヴァンドギャルドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(2-0-0-0)

道悪は問題ないようだが、雨が降っている状態でのレースは一度凡走がある(2019年「きさらぎ賞(G3)」)。

ヴァンドギャルドの枠順適正

ヴァンドギャルドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(4-0-2-0)
  • 10~14番(0-0-1-3)
  • 15~18番(未)

気性面に問題があり、前に馬を置きたい。出遅れも多い馬なので、できれば外枠は避けたいだろう。

ヴァンドギャルドの鉄砲実績(休み明け)

ヴァンドギャルドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

データが少なく、まだなんとも言えない。

ヴァンドギャルドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(0-0-2-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(5-0-1-0)

ヴァンドギャルドの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(3-0-1-1)
  • 56キロ(1-0-2-3)
  • 57キロ(未)
  • 58キロ(0-0-0-1)

ヴァンドギャルドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 460~478キロ

ヴァンドギャルドの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はモティヴェイター(ND系サドラーズウェルズ)。

モティヴェイターは欧州で走り、G1を2勝。主戦場は芝の2000~2400m。

ヴァンドギャルドの近走

19/9/7 1勝クラス 13頭立て

阪神 芝1600m 良

着順:1着(1.33.2 -0.3差)

騎手:福永祐一(55キロ)

中団の後ろ、8番手からの競馬。

徐々に順位を上げて中団へ。

4角は大外を回って直線へ。

残り300m、ほぼ馬なりで先頭に立つと、残り200mで抜け出して、2馬身のリードをつけて快勝。

鞍上いわく、気難しい面はあったようだが、比較的落ち着いたレース運び。

折り合いさえつけば、3歳重賞1番人気2度の実績、このクラスでは楽勝。

19/10/13 三年坂特別(2勝クラス)13頭立て

京都 芝1600m 稍重

着順:1着(1.33.7 -0.4差)

騎手:福永祐一(55キロ)

スタートを決めて4~5番手からの競馬。

今走も落ち着いた走りで、直線残り200mで先頭を捉えると、そこからは後続を寄せ付けず2馬身半ちぎってゴール。

ここでもまだ格が違う。

精神面でかなりの成長がうかがえる。

19/10/13 ウェルカムS(3勝クラス)15頭立て

東京 芝1800m 重

着順:1着(1.48.3 -0.1差)

騎手:岩田望来(55キロ)

スタート5分で5番手からの競馬。

千八でもかかる素振りは見せず、4角では馬場の荒れていない外に出して追い出すと、残り200mで先頭に並びかけて、ゴール前半馬身交わしてゴール。

これで3連勝。

千八でも比較的落ち着いた走り。

オープンでも期待できそう。

20/2/9 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良 16頭

着順:6着(1.33.2・0.2差)

騎手:福永祐一(56キロ)

スタートで出遅れて最後方から。

二の脚で追い上げて中団にポジションを取り、直線も内から追い上げるが6着まで。

しかし着差は0.2差。

直線の追い上げが良かっただけに、スタートの出遅れが悔やまれる。

20/4/26 マイラーズカップ(G2)

京都 芝1600m(外)良 12頭

着順:3着(1.32.9・0.5差)

騎手:岩田望来(56キロ)

今走も出遅れて後方から。

直線は馬場の外目から強烈な末脚で伸びては来るが、0.5差の3着が精一杯。

前走に引き続き、出遅れが悔やまれる。

20/6/7 安田記念(G1)

東京 芝1600m 稍重

着順:10着(1.32.7・1.1差/9番人気)

騎手:岩田望来(58キロ)

今走は出遅れなく、道中は中団の前。

4角7番手で直線に向くが、良い脚は使えず見せ場なし。

4角で少し挟まれるような不利があったが、大勢にはそれほど影響はない感じ。

敗因はクラスの壁なのだろうが、

  • 初めて背負った58キロ
  • 今までのペースとは違うG1のペース
  • 走破時計が速すぎた

などが考えられる。

2020年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

20/10/24 富士S(G2)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.4・-0.2差/5番人気)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団で、馬場の外目を追走。

直線は残り200mで、馬群の外目から上り最速の脚で突き抜けた。

ヴァンドギャルドの位置取りなら、道中のペースもさほど速くはなく、終始馬場の良い外目を通ったことで脚も溜まったのだろう。

もともと道悪も巧く、速い時計にならなかったことも、この馬には良かった。

2020年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

ヴァンドギャルドの次走

次走は11月22日、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイルCS(G1)」。

スローの瞬発戦になれば上位食い込みもありそう。

 

その他、マイルチャンピオンシップの出走馬を分析