2020年8月2日【クイーンS】終了時点までのデータをもとに、シャドウディーヴァの好走パターンを分析。

シャドウディーヴァの距離適性

シャドウディーヴァはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-2)
  • 芝1800m(1-0-0-4)
  • 芝2000m(1-3-1-1)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

どの距離がベストなのかは、まだ分からないが1600~2000mはとりあえず守備範囲だろう。

ただ、2400mの「オークス」では0.5差の6着。2000m以上がまったくダメと言うわけではなさそう。

シャドウディーヴァの脚質

先団で押し切るスピード持続力、中団から追い上げる末脚も強烈

しかし、ペースはあまり速くならない方が良い。

シャドウディーヴァのコース適正

シャドウディーヴァの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 東京(1-4-1-3)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 阪神(0-0-0-2)

「秋華賞」での0.6差の4着はあるが、遠征競馬(京都、阪神)があまり良くない。

シャドウディーヴァの持ち時計(ベストタイム)

シャドウディーヴァの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.2 10着(1.6差・東京)
  • 芝1800m:1.45.4 9着(1.0差・阪神)
  • 芝2000m:1.59.5 2着(ハナ差・東京)
  • 芝2200m:2.15.5 15着(1.4差・京都)
  • 芝2400m:2.23.3 6着(0.5差・東京)

高速決着では分が悪そう。

重い馬場で強みを発揮か。

シャドウディーヴァの重馬場適正

シャドウディーヴァの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

緩い馬場、荒れた馬場は強そう。

不良馬場での16着は、馬場と言うより展開、位置取りが悪すぎた印象。

重馬場以上はダメだと決めつけない方が良い。

シャドウディーヴァの鉄砲実績(休み明け)

シャドウディーヴァの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(0-1-0-4)

どちらかと言えば叩き良化型か。

シャドウディーヴァの枠順適正

シャドウディーヴァの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-1-3)
  • 5~9番(1-1-0-4)
  • 10~14番(0-1-0-2)
  • 15~18番(未)

シャドウディーヴァの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-2-0-3)

シャドウディーヴァの斤量別着度数

  • 54キロ(2-4-1-5)
  • 55キロ(0-0-0-4)

シャドウディーヴァの好走体重

3着以内;

  • 464~474キロ

シャドウディーヴァの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母は中央競馬でOPクラスまで勝ち上がったハウメア。主戦場は芝の短距離。

母の父はダンシリ(ND系ダンチヒ)。

ダンシリは欧州で走り、芝の1600mで活躍。

シャドウディーヴァの近走診断

19/10/13 秋華賞(G1) 18頭立て

京都 芝2000m 稍重

着順:4着(2.00.5 0.6差)

騎手:松山弘平(55キロ)

中団の後ろ12番手から。

道中かなりのハイペース。

4角は2着馬カレンブーケドールの直後につけて、直線も追いすがるが、切れ負け。

しかしスピード持続力の高さは示した。

19/11/10 エリザベス女王杯(G1) 18頭立て

京都 芝2200m 良

着順:15着(2.15.5 1.4差)

騎手:松山弘平(54キロ)

後方13番手から。

道中インぴったりで追走するが、直線でも見せ場なし。

スローで後ろの馬には出番がなかったと言っても、秋華賞4着馬がこれは敗けすぎ。

長距離輸送が堪えたか?

19/12/8 常総S(3勝) 10頭立て

京都 芝2200m 良

着順:1着(1.47.7 クビ差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

1枠1番、五分のスタートで4番手からの追走。

4角で早くも先頭に並びかけ、残り200mで先頭。

追いすがるプレシャスブルーをゴール前クビ差凌いでゴール。

時計的には平凡だが、3歳クラシックで好走してきた馬だけに、ここでは力が違ったか。

20/2/9 東京新聞杯(G3) 16頭立て

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.33.1 クビ差)

騎手:岩田康誠(54キロ)

6枠12番から中団の後ろ。

位置取りはインぴったりで脚を溜める。

直線も馬場の内目から追い込んで0.1差の2着。

前有利の展開で、一頭だけ後ろから追い込んだ末脚は評価できる。

20/4/11 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良 16頭

着順:12着(1.33.7・0.8差)

騎手:池添謙一(54キロ)

道中は中団の後ろあたり。

直線は外を突いて追い出すが、思うようには伸びて来ない。

やはり関西遠征では結果が出ない。

20/5/17 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良 18頭

着順:10着(1.32.2・1.6差)

騎手:池添謙一(55キロ)

道中は中団の後ろ、12~13番手。

直線も後方から追い込みを計るが脚は出せず。

結果的にこの馬にとっては時計が速すぎた。

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良 18頭

着順:16着(1.51.0・3.3差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は後方。

終始馬群の外目を回り、4角も大外を回して直線に向くが、直線も見せ場なく。

こういう馬場は強いと思ったが、道中の位置取りも悪すぎた。

20/8/02 クイーンS(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:4着(1.46.1・0.2差)

騎手:内田博幸(55キロ)

道中は後方。

3角を過ぎて外から追い上げて行き、4角も大外を回って直線。

直線も良い脚で伸びてはくるが4着まで。

大外枠で、最後は外々を回してこの着差。

内容は良い。

2020年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

シャドウディーヴァの次走

次走は10月17日、東京競馬場 芝1800mで行われる「府中牝馬S(G2)」の予定。

前走は復調気配、得意の東京コースでこの面子なら。

 

その他、府中牝馬Sの出走馬を分析