2020年11月15日【エリザベス女王杯】終了時点までのデータをもとに、ウラヌスチャームの好走パターンを分析。

ウラヌスチャームの距離適性

ウラヌスチャームはこれまでに、芝1600m~芝2600mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-2)
  • 芝1800m(1-2-0-3)
  • 芝2000m(0-1-0-1)
  • 芝2200m(2-1-0-3)
  • 芝2400m(2-0-0-2)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(0-0-0-2)

距離は比較的融通が効く感じで、2000m前後が守備範囲で、それ以上でも問題なさそう。

ウラヌスチャームの脚質

たまに逃げ、先行策をとることもあるが、基本的には中団の後ろ~後方に控えて末脚にかける競馬が多い。

しかし、OP昇格後に勝利したレースは、「逃げ」や「マクリ」など積極的な競馬。

ただ、総じて言えることは「スローペース巧者」。

条件戦時代でも、OP昇格後でも、馬券になっているレースのほとんどは「スローペース」。

前半1000mが62秒を超えて来ないと厳しそう。

ウラヌスチャームのコース適正

ウラヌスチャームの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-3)
  • 新潟(2-1-0-0)
  • 東京(3-0-0-4)
  • 中山(1-3-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-3)

上り時計が比較的かかりやすい中山競馬場での良績が目立つ。

左右回りでは;

  • 右回り(1-3-0-9)
  • 左回り(5-1-0-5)

左回りでは凡走は少ない。

右回りの好走は、下級条件か、ハンデ戦。

ウラヌスチャームの持ち時計(ベストタイム)

ウラヌスチャームの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1600m:1.35.7 10着(0.8差・東京)
  • 芝1800m:1.45.1 2着(ハナ差・新潟)
  • 芝2000m:2.00.2 4着(0.2差・中京)
  • 芝2200m:2.11.3 13着(1.0差・京都)
  • 芝2400m:2.24.3 7着(0.7差・京都)
  • 芝2500m:2.30.3 10着(0.7差・東京)
  • 芝2600m:2.39.0 6着(1.4差・札幌)

スローペースを好む馬なので、時計の速い結着には不向き。

ウラヌスチャームの重馬場適正

ウラヌスチャームの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

緩いペースなら道悪も走る。

ウラヌスチャームの鉄砲実績(休み明け)

ウラヌスチャームの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-5)
  • 3戦目(2-2-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(未)

休み明けは大幅な馬体重の増減でレースに臨むことが多い。

走る場合もあるが、近走では走っていない。

どちらかと言えば叩き良化タイプではないか。

ウラヌスチャームの枠順適正

ウラヌスチャームの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-0-3)
  • 5~9番(1-2-0-4)
  • 10~14番(3-0-0-6)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ウラヌスチャームの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-3)
  • 3~5月(春):(1-2-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-7)

ウラヌスチャームの斤量別着度数

  • 52キロ(2-1-0-0)
  • 53キロ(0-1-0-2)
  • 54キロ(2-2-0-8)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(1-0-0-3)

ウラヌスチャームの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~506キロ

ウラヌスチャームの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はフジキセキ(サンデー系)。

ウラヌスチャームの次走

次走は1月16日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3・ハンデ)」。

「愛知杯」は2019年に0.2差の4着がある。

今回の斤量はその時より1キロ増えて54キロ。

左回りでは凡走は少ないだけに、ペースが落ち着けば食い込んできそう。

 

その他、愛知杯(G3)の出走馬を分析