2020年6月28日【宝塚記念】終了時点までのデータをもとに、ダンビュライトの好走パターンを分析していきます。

ダンビュライトの距離適性

ダンビュライトはこれまでに、芝1600m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-0-1)
  • 芝1800m(0-0-1-0)
  • 芝2000m(1-0-2-4)
  • 芝2200m(2-0-1-3)
  • 芝2400m(0-1-0-3)
  • 芝3000m(0-0-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

芝1600m(1-1-0-1)

芝1600mは新馬戦から3戦目まで。

G3の「サウジアラビアカップ」では2着に入るも、次戦「朝日杯フューチュリティS(G1)」では1.1差の13着と大敗。

それ以降この距離では出走機会なし。

芝1800m(0-0-1-0)

「朝日杯フューチュリティS(G1)」の次、「きさらぎ賞(G3)」に使って0.3差の3着。

この距離も、それ以降の出訴機会はなし。

芝2000m(1-0-2-4)

ダンビュライトの一番出走機会が多い距離がこの芝2000m。

勝ち鞍こそ1600万条件での1勝しかないものの、「弥生賞(G2)」0.3差の3着。「皐月賞(G1)」が0.1差の3着と、クラシック戦線でも良績を残している。

芝2200m(2-0-1-3)

「アメリカJCC(G2)」、「京都記念(G2)」で勝利し、「オールカマー(G2)」では3着。

ただ、勝っている2レースの走破時計は平凡。

芝2400m(0-1-0-3)

着度数だけ見ると少し長いような気もするが、内容的には「日本ダービー(G1)」で0.4差の6着、「神戸新聞杯(G2)」では0.6差の4着、そして「京都大賞典(G2)」の0.2差の2着と、決して走れない距離ではない。

芝3000m~3200m(0-0-0-2)

「菊花賞(G1)」に出走して0.8差の5着。2020年の「天皇賞・春(G1)」は1.1差の9着。

この距離は少し荷が重そう。

適距離の見立て

勝ち鞍こそ1勝だけだが、芝2000mがベストだと思う。

芝2200m~2400mは距離的には問題ないものの、好走するには馬場状態や展開に注文がつきそう(後述)。

芝1600m~1800mは、出走機会さえ増やせば、そこそこ走ってきそうな気もするが・・・。

ダンビュライトの脚質

切れる脚はない。

先団に取り付いてのスピード持続型の競馬が基本形。

なので、スローペースの瞬発力勝負になりやすいコース形態や相手関係なら切れ負けする恐れも。

ダンビュライトのコース適正

ダンビュライトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-2)
  • 中山(1-0-3-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-1-2)
  • 阪神(1-0-0-7)
  • 海外(0-0-0-1)

中山が得意で、阪神が苦手という図式。

しかし阪神での負けはその6鞍が内回りコース。

中山の良績は内回りと外回りがおよそ半々。

似通ったコース形態なのにこの差はなんなのか?

中山は5レース中G1レース1鞍、G2レース4鞍。

阪神は8レース中G1レース5鞍、G2レース1鞍、G3レース1鞍、1600万条件戦1鞍。

つまり、競馬場云々ではなく、ダンビュライトの実力がレースの格に追いついていないだけ?

ちなみにダンビュライトの重賞実績は;

  • G1(0-0-1-9)
  • G2(2-1-2-2)
  • G3(0-1-1-1)

G1の3着は「皐月賞」。

ダンビュライトの持ち時計(ベストタイム)

  • 芝1600m:1.34.7 2着(0.2差・東京)
  • 芝1800m:1.50.4 3着(0.3差・京都)
  • 芝2000m:1.57.9 3着(0.1差・中山)
  • 芝2200m:2.11.7 3着(0.5差・中山)
  • 芝2400m:2.23.7 2着(0.2差・京都)
  • 芝3000m:3.19.7 5着(0.8差・京都)
  • 芝3200m:3.17.6 9着(1.1差・京都)

芝2000mの1.57.9は文句なしに速い。

これは「皐月賞」で計時したタイムだが、3着とはいえ、勝ったアルアインに0.1差に迫っている。

ダンビュライトの重馬場適正

ダンビュライトの道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(0-0-1-1)
  • 不良(1-0-0-1)

3着を外しているレースも、大敗はJCの14着だけ。

道悪は苦にしないと見ていいだろう。

ダンビュライトの枠順適正

ダンビュライトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-3-5)
  • 5~9番(3-1-0-3)
  • 10~14番(0-1-1-4)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ダンビュライトは前目につけたい馬なので、外より内に越したことはないだろう。

ダンビュライトの鉄砲実績(休み明け)

ダンビュライトの10週(中9週)以上での休み明けの成績は次の通り;

  • 10週(0-2-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-4)
  • 3戦目(1-0-1-2)
  • 4戦目(1-0-1-1)
  • 5戦目~(1-0-1-2)

勝ち切るには、少し叩いてからということか。

ダンビュライトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-1-3)
  • 3~5月(春):(0-0-2-5)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-2-1-3)

ダンビュライトの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-1-0-1)
  • 56キロ(2-0-2-1)
  • 57キロ(0-1-2-8)
  • 58キロ(0-0-0-3)

ダンビュライトの連対体重

  • 464~494キロ

ダンビュライトの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はサンデーサイレンス。

ダンビュライトの近走

19/1/20 アメリカJCC(G2)中山芝2200m

着順:6着(0.7差)騎手:北村友一(57キロ)

スタートは良く先団をキープするが、前後半1000mのペースバランスが-3.5秒と超スロー。

4角では人気馬と同じような位置取りで直線へ向いた。

レースの上りは34秒6。

ダンビュライトの上り時計は34秒9。

このような瞬発力勝負の展開になればダンビュライトに勝ち目はない。

19/2/10 京都記念(G2)京都芝2200m

着順:1着(クビ差)騎手:松若風馬(56キロ)

スタート良く2番手でハナを切ったタイムフライヤーを追走する。

このレースも前半1000mが63秒3のスローペースになったが、1000m付近でペースアップ;

12.9 – 11.2 – 13.1 – 13.1 – 13.012.2 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 11.1 – 12.1

この早めのペースアップのおかげでレースの上りは35秒1。

ダンビュライト自身の上り時計は、前走の「アメリカJCC」と同じ34秒9なのだが、展開が向けば勝ててしまう。

19/3/31 大阪杯(G1)阪神芝2000m

着順:9着(0.6差)騎手:松若風馬(56キロ)

大外14番ゲートからのスタートで、終始外々を回る展開。

G1の大舞台でこの距離ロスは痛すぎる。

馬体重-10キロも響いたか?

19/10/6 京都大賞典(G2) 京都芝2400m

着順:2着(0.2差)騎手:松若風馬(57キロ)

14番ゲートから果敢に逃げに打って出た。

レース後のコメントからも逃げる積りはなかったようで、押し出された格好でハナへ。

しかしそれが奏功。

例年の京都大賞典よりは確実に速いラップを刻み、ダンビュライトの好走パターンに持ち込んだ。

直線では最後にドレッドノータスに競り負ける形になってしまったが、斤量差1キロで0.2差なら上出来。

19/11/24 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2400m 良 15頭

着順:14着(2.29.2・3.3差)

騎手:松若風馬(57キロ)

道中は2番手での追走になるが、決してペースは緩くはなく、この馬場でこのメンツ。

直線早々に力尽きた。

20/5/3 天皇賞・春(G1)

京都 芝3200m(外)14頭

着順:9着(3.17.6・1.1差)

騎手:松若風馬(58キロ)

序盤はハナに立ってマイペースの逃げを見せるが、スタンド前でキセキがかかり気味に上がってきたときに、それにつき合ってキセキを追いかけてしまった。

直線では残り200m手前で力尽きた格好。

いずれにしても3200mは長いのだろう。

20/6/28 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m(内)稍重

着順:9着(2.16.6・3.1差)

騎手:松若風馬(58キロ)

外枠13番から先手を取りに行ったが、レースはかなりタフな展開に。

2020年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧

結局4角では早くも一杯。

やはりG1では力不足。

ダンビュライトの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

昨年は斤量57キロで2着に入ったレースを今年は56キロで。

このクラスならまだまだやれる。

できれば内枠が欲しいところ。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析