2021年6月5日【鳴尾記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ユニコーンライオンの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ユニコーンライオンの距離適性

ユニコーンライオンはこれまでに芝1600m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-1-2)
  • 芝1800m(3-1-0-2)
  • 芝2000m(2-0-0-1)
  • 芝2200m(未)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

2000mの勝ち鞍はいずれもドスロー。

適距離は1600m、1800mあたりのような気がする。

ユニコーンライオンの脚質

先行押し切り型。

中団あたりから終いを伸ばすこともあるが、キレる脚があるわけではない。

ここ数戦でそこそこ力を付けてきている印象はあるが、「鳴尾記念」の勝ちもフロック的要素が強い。

OPではまだまだ時間が必要ではないか?

ユニコーンライオンのコース適正

ユニコーンライオンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(2-0-0-0)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-2-0-2)
  • 阪神(0-0-1-4)
  • 小倉(未)

重い、軽いで言えば、当然重い芝の方が良い。

ユニコーンライオンの持ち時計(ベストタイム)

ユニコーンライオンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.3 3着(阪神)
  • 芝1800m:1.47.5 2着(京都)
  • 芝2000m:2.00.7 1着(中京)
  • 芝2400m:2.27.8 5着(阪神)
  • 芝3000m:3.08.7 15着(京都)

速い時計には向かない。

ユニコーンライオンの重馬場適正

ユニコーンライオンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-3)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪は基本的にはこなすと思うが・・・。


ユニコーンライオンの鉄砲実績(休み明け)

ユニコーンライオンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-1-0-3)

ユニコーンライオンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(3-2-0-1)
  • 中3~5週(0-0-0-3)
  • 中6~8週(0-0-0-3)

間隔を詰めてきたときの好走が目立つ。

ユニコーンライオンの枠順適正

ユニコーンライオンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-6)
  • 5~9番(3-1-0-1)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(0-0-1-1)

ユニコーンライオンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-1-3)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

夏場は好きそう。

ユニコーンライオンの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(2-2-0-4)
  • 57キロ(1-0-0-2)

ユニコーンライオンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 510~544キロ

ユニコーンライオンの血統背景

ユニコーンライオンは外国産馬。

父はノーネイネヴァー(ND系ストームキャット)。

ノーネイネヴァーは米国で走り、芝、ダートの短距離で活躍。芝の1200mのG1で勝利を挙げている。

母の父はハイシャパラル(ND系サドラーズウェルズ)。

ハイシャパラルは欧州で走り、芝のG1を6勝。主要距離は芝の1600m~中距離、2400m。

ユニコーンライオンの前走

21/6/5 鳴尾記念(G3)

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.00.7・-0.6差)

騎手:坂井瑠星(56キロ)

3枠3番からハナを切り、まさにマイペースの逃げで後続の追随を許さず、3馬身半突き放しての圧勝。

こんなペースで逃げることが出来たのが最大の勝因。

それ以上でもそれ以下でもない。

2021年 鳴尾記念(G3)のラップ分析&回顧

次走、宝塚記念(G1)に向けて

次走は6月27日(日)、阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

前走の重賞勝ちはフロック的な要素が強く、ここでも同じような走りができるかと言えば、それはいささか疑問。

 

その他、宝塚記念(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)