2022年3月5日【オーシャンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ビオグラフィーの好走パターンを分析。

ビオグラフィーの距離適性

ビオグラフィーはこれまでに芝1000m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-0-1)
  • 芝1200m(3-0-0-6)
  • 芝1400m(1-0-0-4)
  • 芝1600m(1-0-0-1)

ベストは1200~1400mあたり、緩い流れなら1600mまでは大丈夫そう。

ビオグラフィーの脚質

逃げ、先行脚質。

ペースが極端に速くならなければ、前につけてしぶとい競馬。

できれば、上りが35秒程度かかればなお良し。

ビオグラフィーのコース適正

ビオグラフィーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-1)
  • 新潟(1-0-0-2)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-0)
  • 小倉(1-0-0-3)

ビオグラフィーの持ち時計(ベストタイム)

ビオグラフィーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.59.0 14着(新潟)
  • 芝1200m:1.08.3 7着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.1 5着(東京)
  • 芝1600m:1.35.1 9着(東京)

速い時計には対応できていない。

ビオグラフィーの重馬場適正

ビオグラフィーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(3-0-0-2)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪の消耗戦は得意。


ビオグラフィーの鉄砲実績(休み明け)

ビオグラフィーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

ビオグラフィーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-2)
  • 中3~5週(1-0-0-2)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ビオグラフィーの枠順適正

ビオグラフィーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(0-0-0-3)
  • 10~14番(3-0-0-4)
  • 15~18番(1-0-0-3)

ビオグラフィーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-3)
  • 3~5月(春):(2-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-2)

ビオグラフィーの斤量別着度数

  • 50キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(3-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-0-0-8)
  • 55キロ(1-0-0-0)

ビオグラフィーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~488キロ

ビオグラフィーの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母はチアズメッセージ(京都牝馬S)。

母の父はサンデーサイレンス

兄弟は半兄にクリプトグラム(父はキングカメハメハ/目黒記念)。

次走、京王杯スプリングC(G2)に向けて

次走は5月14日(土)、東京競馬場 芝1400m で行われる「京王杯スプリングC(G2)」。

昨年は逃げ粘って0.3差の5着。

前につければしぶとさは出るが、まだちょっと力不足の感あり。

 

⇒その他、京王杯スプリングC(G2)の出走馬を分析