2021年5月15日【京王杯SC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ビオグラフィーの好走パターンを分析。

ビオグラフィーの距離適性

ビオグラフィーはこれまでに芝1000m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-0-1)
  • 芝1200m(2-0-0-3)
  • 芝1400m(1-0-0-3)
  • 芝1600m(1-0-0-1)

緩い流れなら1600mあたりまでは大丈夫そう。

ビオグラフィーの脚質

逃げ、先行脚質。

ペースが極端に速くならなければ、前につけてしぶとい競馬。

ペースがある程度抑えられて上りだけがかかる道悪の消耗戦も得意とする。

ビオグラフィーのコース適正

ビオグラフィーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-1)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-0)
  • 小倉(0-0-0-2)

前半が速くなりやすい小倉の1200mでは苦戦傾向。

ビオグラフィーの持ち時計(ベストタイム)

ビオグラフィーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.59.0 14着(新潟)
  • 芝1200m:1.08.3 7着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.1 5着(東京)
  • 芝1600m:1.35.1 9着(東京)

速い時計には対応できていない。

ビオグラフィーの重馬場適正

ビオグラフィーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-2)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪の消耗戦は得意。


ビオグラフィーの鉄砲実績(休み明け)

ビオグラフィーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

ビオグラフィーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-1)
  • 中3~5週(0-0-0-2)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

ビオグラフィーの枠順適正

ビオグラフィーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(0-0-0-2)
  • 10~14番(2-0-0-2)
  • 15~18番(1-0-0-2)

ビオグラフィーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(2-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-1)

ビオグラフィーの斤量別着度数

  • 50キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(3-0-0-1)
  • 54キロ(0-0-0-6)
  • 55キロ(1-0-0-0)

斤量を背負っても、流れば向けばそこそこ走る。


ビオグラフィーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~488キロ

ビオグラフィーの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母はチアズメッセージ(京都牝馬S)。

母の父はサンデーサイレンス

兄弟は半兄にクリプトグラム(父はキングカメハメハ/目黒記念)。

ビオグラフィーの前走

21/5/15 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 良

着順:5着(1.20.1・0.3差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

5枠9番からハナを切る。

そんなに速いラップを刻んだわけではないが、人気薄の逃げとあって、各馬積極的には追って行かずに、道中はそこそこ離した逃げとなる。

4角では後続との差は4~5馬身。

直線に向いて、残り100mあたりまでは何とか粘ったが、そこからは後続に呑み込まれて5着まで。

そこそこ楽な逃げで、後続も追ってこなかったことから、直線に向いてもまだセーフティーリードを保っており、それが0.3差の5着に粘れた要因だろう。

この展開なら、3着以内に入らないとあまり評価はできない。

2021年 京王杯スプリングC(G2)のラップ分析&回顧

次走、CBC賞(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月4日、小倉競馬場 芝1200mで行われる「CBC賞(G3・ハンデ)」。

ハンデは53キロ。

開幕週の小倉の馬場、時計的にちょっと厳しそう。

 

その他、CBC賞(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)