2021年7月18日【福島テレビオープン】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、メイショウカリンの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

メイショウカリンの距離適性

メイショウカリンはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(5-4-3-18)
  • 芝1400m(0-0-0-4)
  • 芝1600m(0-0-0-1)

千二専用。

メイショウカリンの脚質

3勝クラス卒業に2年を要した苦労人(馬)。

以前は中団からの差しで、展開が向けば上位にも食い込んで来たが、ここ最近はもっぱら後ろからの追い込みが中心なので、極端な展開にならない限り厳しい。

3勝クラス卒業時は、この極端な展開がしっかりと嵌っての1着。

今後OPでの活躍には相当注文がつきそう。

緩い流れより、締まった流れを好む。

メイショウカリンのコース適正

メイショウカリンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(0-0-0-2)
  • 福島(1-1-1-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-1-6)
  • 京都(1-0-0-6)
  • 阪神(0-2-0-4)
  • 小倉(2-1-1-3)

メイショウカリンの持ち時計(ベストタイム)

メイショウカリンの芝1200mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.1 10着(小倉)

速い時計にはまったく向かない。

メイショウカリンの重馬場適正

メイショウカリンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-1-0-3)
  • 重(未)
  • 不良(未)

緩い馬場自体はあまり気にしない。


メイショウカリンの鉄砲実績(休み明け)

メイショウカリンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-7)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-2-2)
  • 3戦目(0-1-1-3)
  • 4戦目(1-0-0-3)
  • 5戦目~(1-2-0-5)

メイショウカリンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(4-3-0-6)
  • 中3~5週(1-0-2-4)
  • 中6~8週(0-0-1-5)

詰めて使ってきたときは狙い目。

メイショウカリンの枠順適正

メイショウカリンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-3)
  • 5~9番(1-1-0-12)
  • 10~14番(1-1-0-5)
  • 15~18番(1-1-3-3)

メイショウカリンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-1-6)
  • 3~5月(春):(1-1-1-5)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-8)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-5)

メイショウカリンの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-2)
  • 53キロ(1-1-0-3)
  • 54キロ(2-0-1-9)
  • 55キロ(2-3-2-9)

メイショウカリンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 470~504キロ

メイショウカリンの血統背景

父はケイムホーム(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

ケイムホームは米国で走る、ダートG1を3勝。主要距離はダートの短距離、マイル、中距離。

母の父はデインヒル(ND系ダンチヒ)。

デインヒルは欧州で走り、芝のスプリントG1を1勝したのち種牡馬となり大成功を収めた。

次走、北九州記念 (G3・ハンデ)に向けて

次走は8月22日(日)、小倉競馬場 芝1200mで行われる「北九州記念(G3)」。

ハンデは51キロ。

時計は1分8秒前後、上りが36秒に近づけば飛んで来る。

 

⇒その他、北九州記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)