2021年5月1日【バーデンバーデンカップ】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、マイネルアルケミーの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

マイネルアルケミーの距離適性

マイネルアルケミーはこれまでに芝1200mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-6-4-14)

芝1200m限定スプリンター。

マイネルアルケミーの脚質

先行押し切り、中団あたりで脚を溜めて差し切り。

そこそこ速いラップでも対応できるスピードの持続力はあるが、上りは35秒以上かからないと苦しい。

終いのキレを要求されたときの対応力が課題。

マイネルアルケミーのコース適正

マイネルアルケミーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(0-4-1-5)
  • 新潟(1-0-1-1)
  • 東京(未)
  • 中山(1-2-2-6)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(1-0-0-1)

どこのコースもそつなくこなすが、あとは展開。

マイネルアルケミーの持ち時計(ベストタイム)

マイネルアルケミーの持ち時計は次の通り;

芝1200m:1.08.3 1着(小倉)

1分8秒を切るような展開になると苦しい。

マイネルアルケミーの重馬場適正

マイネルアルケミーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(3-2-1-2)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(未)

稍重までなら我慢できるが、重まで悪くなると脚色が鈍る。


マイネルアルケミーの鉄砲実績(休み明け)

マイネルアルケミーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-2)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(1-2-0-5)

叩き良化型。

マイネルアルケミーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-4-2-8)
  • 中3~5週(3-1-2-1)
  • 中6~8週(1-0-0-2)

詰めて使ってもそこそこ結果は残す。

マイネルアルケミーの枠順適正

マイネルアルケミーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-1-5)
  • 5~9番(1-3-1-4)
  • 10~14番(2-2-1-4)
  • 15~18番(1-1-1-1)

マイネルアルケミーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-3)
  • 3~5月(春):(1-2-1-2)
  • 6~8月(夏):(1-2-1-5)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-4)

マイネルアルケミーの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-1-2)
  • 55キロ(0-1-2-2)
  • 56キロ(0-1-0-4)
  • 57キロ(2-3-1-6)

マイネルアルケミーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 458~490キロ

マイネルアルケミーの血統背景

父はダンカーク(ミスプロ系ファピアノ)。

ダンカークは米国で走り、ダートの短距離、中距離で活躍(G1で2着が2回)。

母の父はフジキセキ(サンデー系/朝日杯3歳S、弥生賞)。

次走、函館SS(G3)に向けて

次走は6月13日(日)、札幌競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

比較的堅実な馬だけに、展開がはまれば、上位争いに食い込んで来ても不思議はない。

 

その他、函館スプリントS(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)