2022年8月21日【札幌記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ユーバーレーベンの好走パターンを分析。

ユーバーレーベンの距離適性

ユーバーレーベンはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-1)
  • 芝1800m(1-1-1-0)
  • 芝2000m(0-0-1-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-2)

血統的にも中距離までは問題ないはず。

ユーバーレーベンの脚質

中団あたりで脚を溜めて終いを生かす競馬が好走パターン。

スタートがあまり速い方ではないので、序盤は後方からになることが多いが、中盤あたりから上がって行って、4角そこそこのポジションから直線差し切る戦法が多く見られる。

終いのキレというよりは、長く良い脚を使ってくるタイプ。

そういう脚質なので、レースの上がりは速いよりもかかった方がいいだろう。

消耗戦ならなお良し。

緩い流れの切れ味だけの勝負には向かない印象。

ユーバーレーベンのコース適正

ユーバーレーベンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-0-1-2)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-1-2)
  • 小倉(未)
  • ドバイ(0-0-0-1)

ユーバーレーベンの持ち時計(ベストタイム)

ユーバーレーベンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 3着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.2 2着(札幌)
  • 芝2000m:1.59.6 3着(東京)
  • 芝2200m:2.12.3 5着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.5 1着(東京)

高速決着には課題があるかも。

ユーバーレーベンの重馬場適正

ユーバーレーベンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

不良馬場での勝利は「新馬戦」でのものだが、道悪はさほど苦にしないと思う。


ユーバーレーベンの鉄砲実績(休み明け)

ユーバーレーベンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-3)
  • 3戦目(1-0-1-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ユーバーレーベンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-2-2)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

ユーバーレーベンの枠順適正

ユーバーレーベンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(1-1-0-2)
  • 10~14番(0-0-2-3)
  • 15~18番(未)

ユーバーレーベンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-1)
  • 3~5月(春):(1-0-2-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-3)

ユーバーレーベンの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-1-3-2)
  • 54.5キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-2)

ユーバーレーベンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~478キロ

ユーバーレーベンの血統背景

父はゴールドシップ(サンデー系ステイゴールド/皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念連覇、春天)。

母の父はロージズインメイ(ヘイロー系)。

ロージズインメイは米国、ドバイで走りダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。

半兄にマイネルファンロン(父はステイゴールド/新潟記念)。

ユーバーレーベンのここまでの走り

20/6/14 2歳新馬

東京 芝1800m 不良

着順:1着(1.52.6・ハナ差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

出遅れて後方からの競馬になるが、二の脚で中団あたりまで順位を上げる。

4角は4番手で直線に向き、直線は内で粘るグアドループをゴール前ハナ差交わしてゴール。

【期待される能力】

  • 道悪適正

20/9/5 札幌2歳S(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:2着(1.48.2・クビ差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

スタート出遅れて最後方からの競馬。

レース展開は序盤からハイラップで飛ばす締まった流れ。

ユーバーレーベンは向正面残り800m手前あたりから進出を開始し、3角は5番手、4角は3番手で直線に向く。

直線は先に抜け出していたソダシをゴール前一完歩ずつ追い詰めて行くが、クビ差届かず2着。

出遅れはしたものの、向正面からかなり長く良い脚を使っている。

レコード結着にクビ差なら上出来。

【期待される能力】

  • スピード持続力
  • スタミナ

20/10/31 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:9着(1.35.7・0.8差)

騎手:柴田大知(54キロ)

スタートはほぼ五分に出たが、向正面でゴチャついて進路がうまく定まらなかった感じ。

そうこうしているうちに位置取りは後方14番手。

内に閉じ込められるようなかたちで、得意のマクリにも行けない状況。

結局4角も14番手の内で直線に向き、直線はジワジワと伸びては来ているが、時すでに遅し。

今回はちょっとチグハグな競馬。

参考外でも良いだろう。

20/12/13 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.33.2・0.1差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

スタートは少し出遅れ気味だが、大きなロスにはならなかった。

道中は後方で脚を溜めて、4角14番手で直線に向くと、直線は馬場の外目からもの凄い追い上げを見せたがハナ-クビ差届かずの3着。

「札幌2歳S」ではソダシにクビ差迫っていたが、今回もそんな感じ。

終いは確実に繰り出してくるが、やはり課題はスタートか。

2020年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

21/3/20 フラワーC(G3)

中山 芝1800m 良

着順:3着(1.49.4・0.2差)

騎手:丹内祐次(54キロ)

7枠13番から、スタートは少し出遅れて、道中は中団のやや後ろかげん。

道中は2着のエンスージアズムよりさらに外目を通り、4角もエンスージアズムの外、8番手で直線に向いた。

直線は馬群の外を追い込んで来るが、2着馬にはハナ差競り負けた。

馬場の良い外目を選んで通っているのかもしれないが、道中の位置取りがかなりの距離ロスを招いたいた感じ。

上りはメンバー2位の脚で追い込んでいるだけに、今回は位置取りが敗因と言えそう。

2021年 フラワーカップG(G3)のラップ分析&回顧

21/4/25 フローラS(G2)

東京 芝2000m 良

着順:3着(1.59.6・0.2差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は中団。

4角も中団10番手の外で直線に向き、直線も馬群の外からジワジワと追い込んでくるが、この流れでは3着まで。

後方からの追い上げが効いたのはこの馬の脚だけ。

今回はスタートは五分だが、やはり良いポジションがなかなか取れない。

良い脚は持っているが、依然としてスタートが大きな課題。

2021年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

21/5/23 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:1着(2.24.5・-0.1差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は中団の後ろ、12~13番手の内目を追走。

しかし3角手前で思い切って外に出し、3~4角では大外を回して進出。

4角は8番手の外で直線。

直線では坂の上りで先頭を射程圏に収めると、坂を上りきったあたりで先頭、ゴール前は内からアカイトリノムスメ、外からはハギノピリナの強襲を抑えきってゴール。

3角手前から長く良い脚を使ってきただけに、上り時計がそこそこかかったこともこの馬には良かった。

2021年 優駿牝馬(オークス・G1)のラップ分析&回顧

21/10/17 秋華賞(G1)

阪神 芝2000m(内)良

着順:13着(2.02.7・1.5差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

出遅れて道中は後方14~15番手。

4角も14番手の外で直線に向くが、直線ではいいところなし。

脚部不安明けだけに、まだ本調子でもなかった感じ。

2021年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

21/11/28 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2400m 良

着順:6着(2.25.5・0.8差)

騎手:M・デムーロ(53キロ)

道中は中団8~9番手の外、コントレイルの直後を追走。

4角は9番手の外で直線に向くが、前が詰まっていると見るや、直線は進路を内に取って追い上げに入り、内をスルスルと伸びてはきたが0.8差の6着まで。

展開はスローの瞬発戦。

この展開なら、これくらいの着順が今の実力通りだろう。

2021年 ジャパンカップ(G1)のラップ分析&回顧

22/2/13 京都記念(G2)

阪神 芝2200m(内) 稍重

着順:5着(2.12.3・0.4差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は先団3番手あたりを追走。

3角手前あたりで外からラーゴムに競りかけられて反応し、3角は2番手、4角は3番手の外で直線。

直線は坂の上りあたりまでは何とか粘っていたが、ゴール前で甘くなって5着まで。

鞍上のデムーロ騎手は、向正面でずっとプレッシャーをかけられていたとコメントしているが、この緩い流れで、あれくらいのプレッシャーで終いが甘くなるようでは「オークス」馬の称号が揺らぐ。

先行策より、やはり控えて終いを生かす競馬がよさそう。

2022年 京都記念(G2)のラップ分析&回顧

22/3/26 ドバイシーマクラシック(G1)

メイダン 芝2410m 良

着順:5着

騎手:レーン(54.5キロ)

道中は後方、後ろから4番目、12番手あたりを追走。

3~4角でじわじわと順位を上げて行って、4角は10番手の大外で直線。

直線は馬群の大外から追い上げてはくるが、先頭には1馬身半差ほど及ばず。

いつものようなロングスパートで追い上げて行ったが、道中のペースが緩かったこともあって、差し届かなかった。

2022/8/21 札幌記念(G2)

札幌 芝2000m 良

着順:11着(2.02.6・1.4差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

【レース前寸評】

ここ数戦は緩い流れで持ち味が発揮しきれていない印象。パンサラッサが引っ張るハイペースなら追い込みも効きそうだが、どうか。

【結果】

道中は最後方近くでの追走。

3角を過ぎて進出を開始して、4角は10番手の大外で直線。

直線も馬群の大外から追い上げを計るが、見せ場なく終わる。

前走は海外なので、馬体中の増減の発表はなかったが、前々走の「京都記念」からは+32キロ。

休み明けでちょっと太めが残っていたのではないか?

2022年 札幌記念(G2)のラップ分析&回顧