インフィナイトのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

インフィナイトのここまでの走り

20/8/9 2歳新馬

新潟 芝1600m 不良

着順:1着(1.37.5・-0.4差)

騎手:北村友一(54キロ)

スタート良く、道中は2番手を追走。

4角も2番手で直線。

直線は残り400mあたりで抜け出すと、あとは後続を寄せ付けずに快勝。

【期待される能力】

  • 道悪適正

20/10/10 サウジアラビアRC(G3)

東京 芝1600m 不良

着順:2着(1.40.1・0.5差)

騎手:北村友一(54キロ)

道中は中位の前目の4番手。

レース展開は、不良馬場ながら前半はそこそこ速いペースで進んだ。

インフィナイトは4角も4番手の内で直線。

直線は残り200mで抜け出してくるが、外から追い込んで来たステラヴェローチェとは脚色が違った。

牡馬に混じって牝馬はインフィナイトただ一頭。

レース前半は速いラップを前目で追走。直線は勝ち馬の決め手に屈したが、紅一点の牝馬が2着に粘るあたり、そこそこのスタミナは持っていそう。

【期待される能力】

  • スタミナ

20/12/13 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:14着(1.34.4・1.3差)

騎手:北村友一(54キロ)

8枠16番から道中は中団の前。

終始外々を通るかたちで、4角も4番手の外で直線。

直線は坂下までは食い下がるが、坂の上りで後続に呑み込まれた。

展開としてはそこそこ締まった流れ。

不良馬場でのペースと比べて1Fで約2秒速い流れに戸惑いもあっただろう。

また、外々を通る距離ロス、直線の急坂も最後の失速につながったのかも。

良馬場でどうか?と言う課題のほかに、まだいくつかクリアーしなければならない課題がありそう。

2020年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

インフィナイトの脚質

スタミナはありそうなので、前々でさばいて持ち味を出しそう。


インフィナイトの血統背景

父は「安田記念」「マイルCS」「香港マイル」「チャンピオンズマイル(香港)」「天皇賞(秋)」「香港カップ」を勝ったモーリス(ロベルト系)。

母の父は1600~2000mで、芝・ダート合わせてG1を6勝したアグネスデジタル(ミスプロ系)。

半兄に2017年の「東京新聞杯(G3・芝1600m)」を勝ったブラックスピネル(父はタニノギムレット)。


インフィナイトの次走

次走は2月13日(土)、東京競馬場 芝1600mで行われる「クイーンカップ(G3)」。

果たして良馬場では走ってくるのか?

今度こそ真価が問われる。

 

その他、クイーンカップ(G3)の有力馬を分析