2021年4月11日【桜花賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サトノレイナスの好走パターンを分析。

サトノレイナスの距離適性

サトノレイナスはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-2-0-0)

他の距離は走ってみないと分からないが、全兄サトノフラッグは中距離~3000mまでこなしている。

サトノレイナスの脚質

ここまで4戦連続で出遅れている。

スタートが悪ので、控えて終いを生かす競馬がメイン。

しかし、終いのキレはかなり強烈でしかも確実。

サトノレイナスのコース適正

サトノレイナスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-0-0)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-2-0-0)
  • 小倉(未)

現状では出遅れが多いため、テンが速くなりやすいコース形態には注意が必要かもしれない。

サトノレイナスの持ち時計(ベストタイム)

サトノレイナスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.1 2着(クビ差・阪神)

速い時計も厭わないが、後方からの追い込みでは、後手を踏むケースも多くなるだろう。

サトノレイナスの重馬場適正

サトノレイナスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

末脚を削がれる道悪は、決してプラスには働かないと思う。


サトノレイナスの鉄砲実績(休み明け)

サトノレイナスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

サトノレイナスのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(未)

サトノレイナスの枠順適正

サトノレイナスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(0-1-0-0)

出遅れの多い馬なので、極端な外枠では位置取りがさらに悪くなる。

サトノレイナスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

サトノレイナスの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(0-1-0-0)

サトノレイナスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 472~476キロ

サトノレイナスの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はノットフォーセール(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

全兄に2020年の「弥生賞」を制し、「菊花賞」は3着に入ったサトノフラッグ

ディープインパクトとノットフォーセールの組み合わせでは、ダノンファンタジーが2018年の「阪神JF(G1・阪神芝1600m)」を勝っている。

サトノレイナスのここまでの走り

20/6/7 2歳新馬

東京 芝1600m 稍重

着順:1着(1.37.7・-0.1差)

騎手:ルメール(54キロ)

やや出遅れて道中は中団の外。

レースの展開はスロー。

4角5番手から、直線は外目を突いて伸びてきて、ゴール前きっちり差し切ってゴール。

特に強調材料のない、新馬戦なりの勝利。

20/10/4 サフラン賞(1勝C)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.35.2・-0.2差)

騎手:ルメール(54キロ)

スタート出遅れて最後方から。

道中のペースはスロー。

4角9番手から、直線は馬群の外目から追い上げての差し切り勝ち。

外差し馬場も有利に働いた。

20/12/13 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:2着(1.33.1・ハナ差)

騎手:ルメール(54キロ)

スタート少し出遅れたが、二の脚で中団まで取り付く。

道中は中団9番手、ソダシの後ろをピッタリとマーク。

4角8番手、ソダシの直後で直線に向く。

直線坂下までは少し反応が鈍かったが、坂の上りからは馬場の内目を鋭い脚で追い込んで、ゴール前、ソダシを捉えたかのように見えたが、ハナ差届かずの2着。

実力伯仲、今回はソダシの勝負根性に軍配。

2020年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

21/4/11 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:2着(1.31.1・クビ差)

騎手:ルメール(55キロ)

大外18番枠から、発馬1馬身の出遅れもあって道中は後方。

4角も後方16番手の外から直線に入り、直線は馬群の外目からもの凄い脚で追い込んで来るが、クビ差及ばずの2着。

枠順がもう少し内目なら・・・というレースだが、これも競馬。

2021年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

近年の牡馬と牝馬の力関係を考えると、牡馬と2キロの斤量差がつくのなら、「日本ダービー」選択も悪くはないと思う。

問題は距離。

これまでオール1600mで、一気の800m延長がどうでるかだが、それは「オークス」でも同じこと。

後ろから行く馬なので、折り合いにはさほど苦労しないだろうから、距離さえ持てば、強烈な末脚はここでも十分通用すると思う。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)