サトノレイナスのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

サトノレイナスのここまでの走り

20/6/7 2歳新馬

東京 芝1600m 稍重

着順:1着(1.37.7・-0.1差)

騎手:ルメール(54キロ)

やや出遅れて道中は中団の外。

レースの展開はスロー。

4角5番手から、直線は外目を突いて伸びてきて、ゴール前きっちり差し切ってゴール。

特に強調材料のない、新馬戦なりの勝利。

20/10/4 サフラン賞(1勝C)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.35.2・-0.2差)

騎手:ルメール(54キロ)

スタート出遅れて最後方から。

道中のペースはスロー。

4角9番手から、直線は馬群の外目から追い上げての差し切り勝ち。

外差し馬場も有利に働いた。

サトノレイナスの脚質

スタートが悪ので、控えて終いを生かす競馬がメイン。

終いは確実に繰り出すが、まだまだ時計的には平凡。

サトノレイナスの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はノットフォーセール(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

全兄に2020年の「弥生賞」を制し、「菊花賞」は3着に入ったサトノフラッグ。

ディープインパクトとノットフォーセールの組み合わせでは、ダノンファンタジーが2018年の「阪神JF(G1・阪神芝1600m)」を勝っている。

サトノレイナスの次走

次走は12月13日(日)、阪神競馬場、芝1600m(外)で行われる2歳牝馬の頂点を決める「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」。

ルメール騎手騎乗で人気になるだろうが、あまり強調材料はない印象。

しかし血統的なポテンシャルは十分あり、軽視はできない。

 

その他、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の注目馬を分析