ポールネイロンのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

ポールネイロンのここまでの走り

20/9/12 2歳新馬

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.21.5・-1.3差)

騎手:藤岡祐介(54キロ)

4枠4番からハナへ。

道中は新馬戦としてはかなり速いラップを刻んだ。

4角も先頭で直線に向き、坂下あたりで大きく抜け出すと、後続はもうついて来れない。

8馬身差の圧勝。

走破時計もレコードタイ。

【期待される能力】

  • スピード持続力

20/10/3 ききょうS

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.21.1・クビ差)※レコード

騎手:藤岡祐介(54キロ)

5枠5番からハナへ。

道中は前走よりも速いラップを刻んでいた。

4角も先頭で、直線に向いて追い出すが、さすがにラスト1Fは12.0秒を要したが、2着馬の強襲をクビ差凌いでゴール。

時計も詰めて、中京芝1400mの2歳レコード。

【期待される能力】

  • スタミナ
  • パワー

20/12/13 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:18着(1.35.3・2.2差)

騎手:藤岡祐介(54キロ)

外枠14番からハナは奪えず、道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、坂下ではすでに一杯で殿負け。

敗けすぎの感はあるが、逃げ馬が負けるときはこんなもの。

生粋の逃げ馬、逃げてこその馬なのかもしれない。

2020年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧


ポールネイロンの脚質

逃げ。

テンのスピードは相当ありそう。

スタミナもありそうで、逃げればしぶといだろう。

ただ、ハナを切れなかった場合は脆いかも。

ポールネイロンの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はダンシリ(ND系デインヒル)。

ダンシルはフランスのマイル重賞を3勝している。

ポールネイロンの次走

次走は3月14日(日)、阪神競馬場、芝1400m(内)で行われる「フィリーズレビュー(G2)」。

枠は7番でまずまず。

ハナを切れればしぶといぞ。

 

その他、フィリーズレビュー(G2)の注目馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)